世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

公開日: フィジー 読書&映画

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

フィジーに行く前にぜひとも読んで欲しい本『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』

著者の長崎裕麻さんはマリちゃんがフィジーに留学していた時にお世話になった方で、ちょうど俺たちがフィジーに行く前に出版された。普段、本なんて全く読まないマリちゃんが珍しく買ってきたのがこの本だった。

この本はとても読みやすくて活字嫌いの人間でもサラサラっと1日か2日で読めてしまうくらい気軽な本。

本の内容は9年間、フィジーに住んでいる裕麻さんから見たフィジアンの日常を通じて、フィジアンがどのように考え、どのように行動しているかがおもしろおかしく書かれている。

“テキトーな社会には、自分も他人も許せる心の余裕とゆとりがある”

これは本当にそうだなと思う。日本みたいにキチ!キチ!っとしているとキチっとしていない人に対してみんなかなりキツい気がする。もちろん、キチっとしている方が良い事も沢山あって、例えば病院なんか絶対日本の方がいいと俺は思う。

“健康になる為に生きている訳じゃない”

これはかなり深くて考えさせられた。
フィジアンは健康になる為に生きている訳じゃないから好きな物とか食いまくって太りまくって、その結果、早死にするかもしれないけれども”今を楽しむ”と言う事が人生の最上位にあるのであって長生きする事ではないんだよね。

この本のテーマは本のタイトルの通り、世界一、幸せ度数の高い国民フィジアンの非常識な幸福論でとても興味深い。

実際に、フィジーに行った際にはこの本を読んでいたおかげで、フィジアンのダラダラした生活が愛おしく、ルーズな仕事っぷりも好感度が高く、フィジアンの親切な振る舞いに心から感謝した。

色々な国の色々な文化や習慣を見てきたけれども確かにフィジアンは明るくて人当たりが良く、楽しそうだ。そして何よりも親切であたたかい。ちょっと道を聞いただけで目的地まで連れて行ってくれるし、お金を請求される事もない。いままで色々な国に行ったけどフィジアンほどウェルカムな人たちは初めてだった。

これがエチオピアとかだったら変な奴に話しかけれて、意味不明にお金を請求される事もしょっちゅうだ。行く国によってここまで人々の対応が違うのかとびっくりする。

フィジーの人口の約4割〜5割はインド人で、ここでも人種の差を思いっきり感じる事が多々ある。

俺たちがあるお土産物屋さんの通りを物色していた時の事だ。商売に一生懸命なインド人のお土産物屋さんで、あーだこーだとまくしたてられるのをかわしながら隣のお土産物屋さんを覗いてみるとなんとフィジアンのおばちゃんが横になって寝ているではないか。そのおばちゃんは俺たちに気がつくと『やあ』と軽く言ったまま寝転がっている。

なんなん?この温度差は?

本当に笑ってしまう位のインド人とフィジアンのお店の運営スタイルに差がある。どっちがいいとか言いたい訳じゃないけれども、フィジアンの適当さ、清々しいまでの働かないっぷりが気持ちよい。しかし不思議とフィジアンのお店の方で買いたくなってしまうのだから面白い。

こんな感じでフィジアンを愛おしく思いながら旅出来たのはこの本を読んでいたからかもしれない。

フィジーに行った際には著者の長崎裕麻さんにもぜひ会ってみたかったのだけれどもタイミングが悪くちょうど日本に帰国していて会う事が出来なかったので残念だ。

さくっと読めるし、とても面白い本だからフィジーに行く前、もしくはフィジーに興味がある人はぜひ読んでみて欲しい。日本の常識とはまた違ったフィジーの常識、自由に、そして幸せに生きるヒントになるかもね。

フィジーの記事一覧

マリコの感想

やーっと手に入れたゆーまさんの本。

あー、そうだよなー。
そうそう!
…とか、納得と言うか、私がフィジアンが好きな理由の裏付けがこれなんだなーって教えてもらった本。

この本を読みながら
自分を思い返してみたり
フィジアンだからこそできる行動に笑ったり
全てが頭の中で鮮明にイメージできて
もう、本当、やっぱりフィジーが好きだなんだなーと再確認出来た。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 フィジー 読書&映画

関連記事

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

この映画は、見た後に『死ぬ前にやりたい事リスト』を作りたくなる映画で、英題は『THE BUC

記事を読む

辺境の南の楽園、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

辺境の島、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

タベウニ島への行き方 5月29日 バトア島のサブサブを朝7:30のバスに乗ってタ

記事を読む

『アメリカンスナイパー』イラク戦争に従軍したクリス・カイルの自伝

『アメリカンスナイパー』イラク戦争に従軍したクリス・カイルの自伝

俺の大好きな映画監督クリント・イーストウッドの最新作と言う事で久しぶりに映画館に行ってきた。

記事を読む

フォニックス

英単語のスペルには俺たちの知らないルールがある【フォニックス】だから日本人は英語のスペルの法則がわからない

俺たちの世代は、英語を習う前にローマ字を教えられた。 今、思うとあれは嫌がらせじゃねーかっ

記事を読む

映画LIFE!

冒険の旅に出る前に見ておきたい映画『LIFE!』

LIFE!(原題: The Secret Life of Walter Mitty)のあらす

記事を読む

イントゥ・ザ・ワイルド

究極の自由を求め、放浪しながらアラスカを目指す映画『イントゥ・ザ・ワイルド』

究極の自由を求め、放浪しながらアラスカを目指した青年の実話。旅人として心にガッツンガッツン突

記事を読む

マナ島

フィジー18泊20日の滞在費は合計23万6千円、総費用は40万5千円

フィジー18泊20日の旅に掛かった費用 2016年5月23日〜6月10日(シンガポール

記事を読む

180°SOUTH/ワンエイティ・サウス

旅人なら最高にしびれる映画『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』

自然を愛するスペシャリストたちの“人生の旅”を描くライフ・ドキュメンタリー映画 “知ら

記事を読む

ノーザンライツ

フロンティア時代のアラスカの話『ノーザンライツ』星野 道夫 (著)

今年の四月にカナダへオーロラを観に行き、カナダの雄大な自然に触れアラスカやカナダにまた行きた

記事を読む

短期間で英語を実践する為の本『レバレッジ英語勉強法』本田直之著

短期間で英語を実践する為の本『レバレッジ英語勉強法』本田直之著

フィリピンに留学する前に飛行機で読もうと思って買った本で、英語を実践で使えるようになる為の考

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑