お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

公開日: アラブ首長国連邦 旅のコラム

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

8月31日 東京

朝起きるとまだ八月だと言うのに肌寒く、セミがまだ頑張って鳴いてはいるが夏の終わった感じが半端じゃない。前日に家を引き払ってしまったので出発までの時間を実家でゆっくりと過ごす。

日本は何気ないただの月曜日だけれども俺と妻にとっては少しだけ特別な日で、しばらく世界遺産ハントの旅に出る。お互いの実家から上野駅で待ち合わせ、ソフトバンクショップで携帯電話を休止してから成田空港へと向かう。旅立ちとは言え俺たちの旅は六月の終わりからすでに始まっているので特別な感情はあまり無い。

前日の夜、父親にこれを持っていけと言われ5万円を手渡された。38歳にもなって親に小遣いなんか貰えないと俺の下らない自尊心は思ったのだけれども、生活も楽ではないはずの父親が作ってくれた5万円の価値がわからないほど子供ではない。俺が考えなければならない事はこのお金をどれだけ有意義に使えるかと言う事。旅先での5万円は使い方次第でかなりの事が出来る。

価値のあるお金の使い方をしたい。

ドバイ

9月1日 ドバイ

最初に目指す国はドバイ。モスクワに行く格安な航空券をスカイスキャナーで探している過程でドバイにストップオーバーしてもほぼ値段が変わらないと言う事を発見したので寄る事にした。値段は片道ひとり約6万5千円で、モスクワへの直行便よりもかなり安い。

カタール経由で日付をまぎアラブ首長国連邦のドバイへとやって来た。成田からカタールまでは約11時間、カタールからドバイまでは約1時間の長旅だったがカタールエアーは座席は広いしモニターも大きい、ついでに飯もうまい、今まで乗った飛行機の中でも最上クラスだった(もちろんエコノミーの中で)。

ようやく辿り着いたドバイの街は灼熱でとてもじゃないが日中は出歩けるような街ではなかった。ドバイと言えば高層ビルが建ち並ぶ先進国のイメージだったがよくよく考えてみれば元々は砂漠な訳で、熱いのは当たり前。しかも日本との温度差が半端じゃなく、砂漠をなめていた事を反省した。

ドバイのホテルは高級なイメージだったが三千円台の安価なホテルもあり、俺たちはアゴダで予約しておいたエウレカと言うホテルに泊まる事にしたのだが行ってみると大人2名まで泊まれる部屋に大人1人しか予約されていなかった。何かの間違いだ(恐らく俺のミスなのだけど)なんとかしてくれと言ったのだけれども一人分しか予約されていないからもう一人泊まるのに追加で一泊100Dh(約3300円)だと言って聞いてくれない。それだとほぼ倍の料金になってしまう、しかも二泊予約を入れてあるしキャンセルすればキャンセル料が掛かると言う。

元々、一泊一名だろうが二名だろうが料金は一緒だし泊まる部屋も同じなのに一切譲歩してくれなかったので諦めて払う事にした。サービスにお金を払うのはいいが無駄に払うのはかなりキツい、金額の問題ではない。なんだか凄く嫌なお金の使い方をしてしまった。

お金の使いは人生そのもの

実は今回の旅で一番気をつけたいなと思っていた事がお金の使い方だった。お金と言うのは稼ぐよりもうまく使う方が難しい。もちろんただ使うだけなら誰にでも出来るのだけれども大切に気持ちよく使うと言う事が結構難しい。

俺の考える最上級のお金の使い方は使った事によってお金が増える使い方(投資など)なのだけれどもそれは一旦置いておいて今回、じっくりと向き合いたいなと思っているお金の使い方は感謝する使い方。ありがとうと言う気持ちで支払えるお金の使い方。なるべくそう言うお金の使い方が出来る人間になりたいと思っている。

また、旅をしていれば国が代わり価値も変わる。そんな状況の中で価値のあるお金の使い方を勉強したいと思っている。物やサービスの価値、相場感覚とも向き合いたい。国が変われば、相場が変われば、時間やシーズンが変われば物もサービスも価値も変わる。そして俺のお金の使い方も変わる。

例えばドバイ経由ロシア行きの航空券のおかげでほぼ飛行機代タダでドバイに寄る事が出来たのは凄く良いお金の使い方だったと思う(価値的に)。

普段、何気なく使っているお金、でも俺はお金の使い方にこそ、お金の稼ぎ方よりも率直にその人の考え方や人生感が反映されるのではないかと思っている。

だからこそ俺は自分の人生に感謝して自分を大切に扱うようにお金を大切に、感謝して支払えるようになりたいと思った。

旅をしている間はお金を使う事の連続だし、日本にいる時よりもお金の使い方が問われる事が多いのでこの機会にしっかりとお金と向き合っていきたいと思ってる。

ここ数ヶ月、旅に出る前からずっとそんな事を考えていた。

ある意味、ドバイに着いて最初にすごく嫌なお金の使い方をしてしまったのは俺が望んでいた貴重な勉強だったのかもしれない。そう考えるとホテルに余分に払ったお金にも価値が見いだせる。

父親がくれた5万円とホテルに嫌な気持ちで支払ったお金がここ最近、頭の中で漠然と考えていた事をまとめてくれた気がした。親はいくつになってもふとした事で人生に大切な事を気がつかせてくれる。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/09/03 アラブ首長国連邦 旅のコラム

関連記事

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を 去年の六月に仕事を辞めて、世界中を旅してまわる事にした。それ以来、

記事を読む

本当の自由を手に入れる恐怖

本当の自由を手に入れる恐怖

人は皆、自由になりたいと思っていると思う、少なくとも俺は自由に生きたいし、自分の好きなように

記事を読む

KBJラジオ

KBJラジオに出演しました! | 人生に必要なのは純度の高い欲求

国分寺を根城に暗躍する秘密結社KBJのネットレディオ『KBJ’s Radio Heaven

記事を読む

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

バルセロナで起きたテロ事件で思う事

2017年8月17日の17時(日本時間18日の0時ごろ) スペイン・バルセロナ中心部、ラン

記事を読む

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

2017年1月23日 南米、ペルーにある聖なる谷ピサックにて 日本で精神世界だの

記事を読む

ゆとり世代の若者たちは本当にゆとってるのか?

ニュージーランドのキャンプ文化とワーホリ文化

ニュージーランドの文化 オーストラリアとかニュージーランドは最近、白人たちが乗り込んできて

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

パヴェレツキー駅

ドバイの空港で散々問いつめられるも何とかモスクワに到着

写真はモスクワのパヴェレツキー駅 ドバイの空港で問いつめられる 9月5日 ドバイ

記事を読む

ハマル族

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

ブルジャンプが終わり、ハマル族の村を後にしようとした時に、帰りの足が無い欧米人を乗せてくれな

記事を読む

イミット・ゴーゴーの山頂

あなたにとって命とは何ですか?

命って何だろう? この質問に対して、色々な答えがあると思う。 人によって答えは違うの

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. ieast より:

    今度はドバイなんですね。
    コラム読んでてこのサイトを思い出しました。
    http://stage.st
    ブログランキングまたポッチとしておきました!
    また覗きにきます〜。

    • 世界遺産ハンター より:

      なんか面白そうなサイトですね
      お金と時間から自由になるための10の金言に出て来るロバートキヨサキさんの本とか『本田直之さんの言葉から学ぶ、自分の人生の演出家になる10の方法』の本田さんの本とか読んだ事あります。

      ランキング、押して頂いてありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑