タリンから世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』を目指してタルトゥへのバス旅

公開日: エストニア

タリンから世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』を目指してタルトゥへのバス旅

9月29日

タリンの次に目指したのはエストニアで二番目に人口が多い街タルトゥ。人気のあるルートとしてはタリンからラトビアのリガまでバスで行くルートだけれども俺たちは世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』の1つがあるタルトゥへ寄り道をした。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

この世界遺産は世界10カ国をまたぐ世界遺産で今まで通過してきたロシアやフィンランドにもあったのだが如何せんマニアックな世界遺産で北極海に面する北端のハンメルフェスト(ノルウェー)から黒海に近い南端のスタラ・ネクラシウカ(ウクライナ)までの2,800kmに設置された265か所の測量点のうち10か国に跨る34か所が世界遺産に登録されている。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群
写真は記念碑

わざわざ出向いても本当に印が付いているだけとか行っても場所が分からないとか見所の少ない世界遺産なので物価の高いフィンランドでわざわざ行こうとは思わなかったしロシアは何処にあるのかすらよくわからなかった。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

こんなマニアックで見所の無い世界遺産にわざわざ行く人は少ないだろうと思ってネットで調べると意外とこの世界遺産の数カ所をまわっている強者もちらほらと居た。
俺たちは全部行く気になれないけれども一カ所くらいは押さえておきたいと思っていた。そこで行きやすさと『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』の中では珍しく観測所の建物もあって見所のあるタルトゥに行くことにした。

エストニアにある世界遺産は『タリン歴史地区(旧市街)』とこの『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』の2件だけなのでこれで心置きなく次の国、ラトビアを目指す事が出来る。

世界10カ国をまたぐ珍しい世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

タルトゥ

タルトゥはタリンからバスで約2時間半、料金はたったの8ユーロ。俺たちが使ったバスはLUXと言う会社のバスでWi-Hi、コンセント、トイレ完備でしかもバスPadとか言う飛行機の椅子に付いているモニタがタブレットになったようなものまで付いていて更にコーヒーも無料と言う贅沢仕様のバス。この料金でこんなゴージャスな仕様のバスとは嬉しい限り、バルト三国の移動はもうこのバスで決まりだと思った。

タルトゥ

タルトゥはいい感じに田舎でタリンよりややロシアっぽい雰囲気が残っているが街は綺麗で治安も良さそうだ。現地のデパートのようなものもあり、せっかくだから軽くウィンドウショッピングなどをしてみる。

エストニアはオシャレなわりに安い感じがするのでお得感がある。

タルトゥにあった落書き

街にはオシャレな落書きとかもあっていい感じ。(落書きかどうかはわからないけど)

タルトゥ

タルトゥは世界遺産以外にも見所はあり、結構広くて気持ちの良い公園がある。この教会なんて世界遺産の『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』より世界遺産っぽい。

タルトゥの安宿

タルトゥで泊まった宿はAcademus Hostelで一泊40ユーロ。ちょっと高かったけれども他に安いところが見つからなかったし一泊だからまぁいいかと言ったところ。

宿自体はそれなりの料金なだけあってなかなか設備も良く綺麗だった。ヘルシンキで泊まった一泊60ユーロの宿より部屋にキッチンとトイレ、シャワーが付いているだけいい感じ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/04/23 エストニア

関連記事

フィンランドのヘルシンキからエストニアのタリンへの船旅

フィンランドのヘルシンキからエストニアのタリンへの船旅

9月26日 物価が高くて2泊3日しかいられなかったけれどもフィンランドは最高だった。英

記事を読む

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

世界遺産のあるタリンの旧市街は、港から徒歩圏内にあり、フィンランドから日帰りで気軽に観光する

記事を読む

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの治安と物価 | 4泊5日の滞在費は約2万7千円、フェリー代が約6千円

2015年9月26日〜30日 物価が高くて逃げ出すように出てきたフィンランドから一変し

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑