アクスムからシュレ経由のバスに乗ってデバルクを目指す | シミエン国立公園

公開日: エチオピア

アクスムからシュレ経由のバスに乗ってデバルクを目指す | シミエン国立公園

アクスムからデバルクへの行き方

2月7日

アクスムの観光をさらっと終えた俺たちは次ぎなる世界遺産『シミエン国立公園』を目指す。シミエン国立公園は久し振りの自然遺産なので楽しみだ。

アクスムからデバルクへダイレクトで行くバスは滅多にないそうで通常はシュレを経由していくそうだ。そのため俺たちは朝からタコ詰めにされたハイエースに乗って約一時間、シュレの町に辿り着いた。(料金はひとり50ブルだった)

辿り着いたバス停で翌日のデバルク行きのチケットを購入、料金はひとり127ブル。

そのあと、バス停で紹介されたひとり100ブルの安宿に泊まる事になったのだがその宿は最悪で一晩中、蚊と格闘するハメになりほぼ眠る事が出来なかった。(おかげで次の日のバスでは良く眠むれた。)

シュレの町は午前中についたはいいがやる事が全く無く、Wi-Fiが使える場所も見つからなかったので相当ヒマだった。

2月8日

朝5時30分にバスステーションに来いと言われたので5時20分に来たが入り口のゲートが開いておらず、朝6時にゲートが開くまで薄暗いゲートの前でただひたすら待っていた。

俺たちバスは6時半位からようやく人がワラワラと乗ってきて6時45分になってようやく出発。
朝5時30分に来る必要は全く無し!

あの親父マジでふざけやがって・・・
6時でも早いくらいだ!

シュレからデバルクまでは大体6時間くらい。前日、ほぼ寝ていなかった為にバスの中では爆睡だったのであまり辛くは無かったが座席は横三人がけシートで狭いし、椅子は直角、はっきり言ってエチオピアのバスは乗り心地が最悪。出来る事ならもうバスに乗りたくは無い。

どうやら前回乗ったメケレ〜アクスム間のバスは高いだけあっていいバスだったらしい。

デバルクでシミエン国立公園のトレッキングツアー探し

デバルクのバス停に着くとGINBIE(ギンベー)となのる怪しい2人組に安宿を紹介してもらったあと、トレッキングツアーに行かないかと誘われた。ツアーはそれなりに高額なので普段だったら信用しないところだけれどもエジプトの安宿で一緒だったサイトウさんがちょうど彼らのツアーに行っており次の日に帰ってくるとの事だった。そんな訳で信頼出来るサイトウさんの話を聞いてから決める事にした。

デバルクの標高は既に2700m〜2800mあるので数日間、この町で高度順応しておくと高山病になりづらいのでちょうど良い

ピラミッド

写真:サイトウさんとエジプトのピラミッドにて

翌日、三泊四日のトレッキングを終えたサイトウさんと再会して話を聞いたところ良さそうだったのでGINBIE(ギンベー)のところでトレッキングをする事になった。

サイトウさんとはカイロの安宿で出会い、その後は別々に行動しながらもルートが同じだったのでダナキル砂漠のツアーに一緒に行ったりして旅中に何度も会う機会があり、今回の旅では一番、一緒に行動させてもらった方だ。

シミエン国立公園のトレッキングツアーは三泊四日でひとり280ドル、人数が集まれば240ドルになる。俺たちはたまたま台湾人の三人組と合流できたので240ドルで行くことが出来た。特に値切った訳でもないのに向こうから人数が集まったから240ドルでいいよと言ってきた事にも好感が持てる。

GINBIEのツアーはオフィスなどがないのでデバルクのバスターミナルで彼らに捕まるか下記のメールアドレスから予約するしかない。

ginbieabebe@yahoo.com

GINBIEは口コミで広げたいと言ってかなり誠実な対応を心がけているエチオピア人で、とても良くしてくれた。ツアーが終わった後も町で見かけたら声を掛けてくれ色々と世話を焼いてくれたので世界遺産ハンターとしてはGINBIEのツアーをおすすめしたい。

デバルクの安宿

俺たちがデバルクで泊まったのは地球の歩き方に乗っていたSIMEN PARK HOTEL(シミエンパークホテル)
料金はダブルの部屋で400ブルでWi-Fiもこの辺では快適な方。

このホテルからもトレッキングのツアーに申し込む事が出来るが、俺たちのオススメはGINBIEのツアー。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : エチオピア

関連記事

エチオピアの地図

エチオピアの国内線に安く乗る方法(飛行機)

2月15日 俺たちがエチオピアに入国してから既に半月以上の時間が経っていた。俺たちは空

記事を読む

まるで別の惑星!この世の果てかと思うほどすごい場所『ダロール火山』

まるで別の惑星!この世の果てかと思うほどすごい場所『ダロール火山』| ダナキル砂漠ツアー02

エチオピアにはマジですげー場所がある。 写真を見てもらえばわかるけれども決して大げさに言っ

記事を読む

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

2月17日 朝、ホテルの前で車を待っていると明らかにクーラーも効かなそうなボロい日産の

記事を読む

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

記事を読む

黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

黄色い硫黄泉がわき出す泉と塩のキャラバン | ダナキル砂漠ツアー03

ダロール火山をあとにして塩の砂漠へと戻る。 手前がダロール火山の硫黄で出来た奇

記事を読む

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

メケレからアクスムまでのバス 2月6日 ダナキル砂漠ツアーのあとにマリちゃんが体

記事を読む

唇にお皿をはめたムルシ族 | エチオピア南部の先住民族

唇にお皿をはめたムルシ族 | エチオピア南部の先住民族

2月18日 前日の夜、ムルシ族に会いに行くためにガイドが必要だと言われ、ジンカの町から

記事を読む

バンコクのカオサンロード

シャシャマネからわずか24時間でバンコクに辿り着く

シャシャマネからアディスアベバまでのミニバン 2月22日 早朝よりミニバンに乗っ

記事を読む

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

2月19日 朝から車を押しがけし、砂埃にまみれて数時間、ブルジャンプとむち打ちのイベン

記事を読む

カイヤファール(keyafer)のマーケット

カイヤファール(keyafer)のマーケットは入場無料です。

午前中、ムルシ族の村を見学したあとカイヤファール(keyafer)のマーケットへと向かった。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑