マナアイランドへの行き方

公開日: フィジー

マナアイランドへの行き方

マナアイランドへの行き方

6月5日

俺たちはナンディからマナ島へのフェリーチケットを求めて、ナンディタウン経由でポートデナラウ(DENARAU)へと向かった。ポートデナラウはかなりの高級リゾート地で、デナラウ発のマナアイランド行きのフェリーチケットは法外な値段だった。

ポートデナラウ

フェリー代が、ひとり125ドル

それ、二人分?

一人分です。

それ、往復の料金?

いいえ、片道です。

えーと、つまり二人で往復500ドル(約2万7千円)???
ボートでたった一時間くらいの場所に行くのにそんなに掛かるのか?

あの、、、すいません、もっと安いフェリーありますか?

無いです。

いくら観光地とは言え、最近のフジーの値段はやり過ぎだ。
とりあえず値段が高過ぎたので諦めて他のフェリーを探す事にした。

俺たちはマナ島で、ラトゥキニバックパッカーと言う安宿を予約していたので、そこに連絡して彼ら独自のフェリーでマナ島まで行くことにした。

マナ島までのボート

このしょっぱいボートで、料金はひとり70ドル(約3700円)。
二人で7千円以上もかかると言う、ふざけた料金だが、他の交通手段はデナラウのフェリー、125ドルしか無いので仕方が無い。

リゾート地はタベウニ島やレブカなどと違って一般人が住んでいないので法外な値段を請求されてしまう。

料金は高いが、俺たちの泊まっているホテルまでバンで迎えにきてくれて、ラトゥキニバックパッカーまで連れて行ってくれるので、移動はとても楽だった。

フィジー

I’m ON FIJI TIME
NO HURRY NO WORRY

料金はクソ高くて腹立たしいが、フィジアンは会う人、会う人、フレンドリーでとても人当たりが良いので憎めない。

魅惑のマナアイランド

マナ島までの移動費は高かったけれども、マナ島はまさに南国の楽園と言う感じの島で、青い海、青い空が広がっていた。

マナ島

うひょー!
やっぱり離島は別格だな。

マナ島

俺たちが泊まった場所は12人用のドーム(ドミトリー)で、二段ベットが6個用意された部屋だったが、初日に泊まっていたのは俺たち二人だけだったのでこの広い部屋を独占出来た。

ドミトリー

ラトゥキニ バックパッカーズ アンド ダイブ リゾート(Ratu Kini Backpackers and Dive Resort)

翌日にニュージーランド人の人がひとり来ただけで二日間、ガラガラ状態だったのでなかなか快適だった。

料金はひとり35ドル。
このドミトリーに二人で泊まって一泊4000円近いとかコスパが悪すぎるでしょ・・・

ここ数年で、フィジーの安宿と言う安宿は軒並み値上がりしており、何処も設備がクソな割に宿泊料だけが高い。しかし、それでもこう言う安宿に泊まらないのであれば一泊2万円前後のリゾートホテルに泊まるしかないと言うのが現状だ。

フィッシュアンドチップス

宿泊料はまだいいが、リゾート地なので飯が高いのがキツい。
フィッシュアンドチップスが1500円とかイギリスですか?

でも、結構おいしかった。

朝食はありがたい事についていたので良かったが、昼と夜とたいしてうまくも無い飯に毎回、毎回、二人で50ドル位(2600円)かかると思うと気がめいる。二日間の宿泊費は二人で140ドルくらいだったのに飯代が200ドルも掛かった。更に往復のボート代がひとり140ドルだから280ドル。

合計すると二日間で620ドル。(約3万2千円)

この他にダイビングをすれば一万円位、ボートでちょっと出かけるのに数千円かかる。

リゾートに泊まってこの値段なら激安だけれども俺たちが泊まったのはネズミが走り回っているドミトリーだからね・・・

長期旅行者には、けっこうキツい金額だ。

そう考えるとフィリピンで泊まった1島1リゾートのドスパルマスはコスパが良かったな。海は断然フィジーの方が素敵だったけど。

マナ島

次回、フィジーに来る時は、最初から高いのを覚悟してリゾートホテルに泊まった方がストレスは無さそうだ。俺は料金が高い事よりもコストパフォーマンスが悪い方がストレスを感じてしまう。

今回、フィジーを旅して思ったのは、フィジーはエコノミーな旅に向いていない。フィジーを旅するなら短期間で、最初から離島などに行ってそこでのんびり過ごすスタイルがいいような気がした。

しかし、それでも南太平洋にある、他の島々と比べるとフィジーは物価が安い。ニューカレドニアとかタヒチとかも行ってみたかったけれどもフィジーの倍くらい掛かりそうなのでかなり金銭的にキツそうだ。どうせいくのならゴージャスなパッケージツアーで行ったほうがコストパフォーマンスがいいのかもしれない。

楽園を旅するのも楽じゃないぜ

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 フィジー

関連記事

南国の楽園フィジーに到着

南国の楽園フィジーに到着

5月23日 最高に楽しかった2週間のニュージーランドでのキャンプ生活を終えて、南国の楽

記事を読む

セスナ機に乗ってタベウニ島からナンディまでひとっ飛び

セスナ機に乗ってタベウニ島からナンディ空港までひとっ飛び

タベウニ島からセスナ機でナンディ空港へ 6月4日 タベウニで泊まっていた『Mar

記事を読む

南国の楽園、タベウニ島でのマッタリとしたリゾート生活

南国の楽園、タベウニ島でのマッタリとしたリゾート生活

5月31日〜6月4日 青い空と美しい海が広がるこの島で、 俺たちは、毎日やらなければ

記事を読む

辺境の南の楽園、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

辺境の島、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

タベウニ島への行き方 5月29日 バトア島のサブサブを朝7:30のバスに乗ってタ

記事を読む

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

フィジーに行く前にぜひとも読んで欲しい本『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常

記事を読む

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

フィジーの世界遺産 | レブカの歴史的港町

フィジー共和国はオセアニアにあるイギリス連邦加盟国で首都はビティレブ島のスバ。公用語は英語、

記事を読む

マナ島

フィジー18泊20日の滞在費は合計23万6千円、総費用は40万5千円

フィジー18泊20日の旅に掛かった費用 2016年5月23日〜6月10日(シンガポール

記事を読む

バトア島のサブサブ

バトア島のサブサブに温泉があった | フィジー

レブカからサブサブへの行き方 5月28日 寝むたい目をこすりながら朝4時のバスに

記事を読む

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 英名:Levuka Historical Port Town 2013

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. 坂田美幸 より:

    今月末ラトゥキ二に1泊で行ってきます。
    私も彼ら独自の移動手段をお願いしたいと思うのですが、どのようにおねがいしたらいいのでしょうか?
    連絡先も載ってないので、、、宿泊者対象にそのサービス行ってくれているのでしょうか??教えてください!

    • 世界遺産ハンター より:

      自分たちはブッキングドットコムで
      ラトゥキニ バックパッカーズ アンド ダイブ リゾート(Ratu Kini Backpackers and Dive Resort)
      と言う安宿を予約しました。(リンクが切れていたのではり直しました。)

      そこの宿と提携しているバンでナンディの安宿まで迎えにきてもらい、彼らのボートでマナ島まで行きました。

      自分たちの場合、電話を持っていなかったので泊まっていた宿の人にお願いして、ラトゥキニ バックパッカーズ アンド ダイブ リゾートに連絡してもらいました。ナンディの宿で相談してみるといいかもしれません。

      マナ島はの海はものすごく綺麗だったので楽しんできて下さいね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑