バトア島のサブサブに温泉があった | フィジー

公開日: フィジー

バトア島のサブサブ

レブカからサブサブへの行き方

5月28日

寝むたい目をこすりながら朝4時のバスに乗り込んで俺たちが向かったのはフィジーで2番目に大きな島、バトア島のサブサブ。ここは、日付境界線(デイトライン)をまたぐ事が出来る島、タベウニに行く中継地点となる場所だ。

natoviで見た朝日

Natoviのフェリー乗り場で、海から登ってくるキレイな朝日を見る事が出来た。フィジーはこう言う風景がとても良く似合う。

レブカからこの島へは一旦、本島にあるNatovi経由(7:30発)でバトア島(11時着)に向かい、そこから更にバスにゆられて3時間(14時着)ようやくサブサブに到着。料金はバスとフェリーの代金を合わせてひとり57ドル(約3000円)、所要時間は約10時間。

久し振りにハードな道のりだ。

旅に出て以来、毎日のようにバックパックを背負ってバスに乗っていた。それが当たり前の日々だった。車の旅では味わえない不自由さ、そして身体ひとつで旅をしているんだと言う充実感!

これが旅なんだ!

なんて気持ちには1ミリもならない

オーストラリア、ニュージーランドをまわった、たった一ヶ月半の車旅がそれらの感覚をすべて変えてしまった。

やっぱり車の旅は最高だ

きっともうこの感覚は戻らないのだろう、車はいい。最高に自由だ。

そうは言っても仕方が無い。
今は今なりの旅を楽しむしか無い。

バス旅もいいところはある。寝てれば勝手に目的地に着くんだ、楽勝だ。
そしてフィジーのバス代は良心的だった。

サブサブの町

10時間もの移動を経て辿り着いたサブサブの町はキレイな町だった。サンサンと降り注ぐ太陽の光と穏やかな海。沢山のヨットが停泊していた。

サブサブの町

サブサブの海に沈む夕日がとても美しかった。こうして毎日、朝日と夕日を拝む事が出来るのはとても贅沢な事だ。

サブサブの夕日と温泉

この辺りには温泉が出ているらしく、ビーチから湯気が出ている。試しにお湯を触ってみるとかなり熱い。

海と温泉

砂浜から流れ出ている熱湯と海の水が丁度よく混ざり合った場所は絶好の足湯スポット。足首くらいまでしか浸からないけれどもなかなかよい湯だった。まさかフィジーで温泉を味わえるとは思わなかった。

サブサブの広い空

空が広い。
南の島のゆったりとした時間が心地よい。

サブサブの安宿 Budget Lodge

サブサブの安宿 Budget Lodge

俺たちが泊まったサブサブの安宿は『Budget Lodge』。ファンの部屋で一泊65ドル、エアコンの部屋で一泊90ドル。ファンの部屋を求めて行ったが空いておらず、仕方が無いのでエアコンの部屋に泊まる事に・・・

正直、この部屋で一泊90ドル(約5000円)もするのかよと言いたかった。フィジーは宿のクオリティーが低い割に宿代がめちゃくちゃ高い。

しかも隣がナイトバーで、夜中の2時くらいまでマジでうるさくて最悪の宿だった。とてもおすすめ出来ないが、一泊65ドルのファンの部屋ならいいかもしれない。

翌日はいよいよ日付境界線(デイトライン)のあるタベウニ島に向かう。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : フィジー

関連記事

南国の楽園フィジーに到着

南国の楽園フィジーに到着

5月23日 最高に楽しかった2週間のニュージーランドでのキャンプ生活を終えて、南国の楽

記事を読む

マナアイランドへの行き方

マナアイランドへの行き方

マナアイランドへの行き方 6月5日 俺たちはナンディからマナ島へのフェリーチケッ

記事を読む

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

フィジーに行く前にぜひとも読んで欲しい本『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常

記事を読む

辺境の南の楽園、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

辺境の島、タベウニ島で日付境界線(デイトライン)をまたぐ | フィジー

タベウニ島への行き方 5月29日 バトア島のサブサブを朝7:30のバスに乗ってタ

記事を読む

セスナ機に乗ってタベウニ島からナンディまでひとっ飛び

セスナ機に乗ってタベウニ島からナンディ空港までひとっ飛び

タベウニ島からセスナ機でナンディ空港へ 6月4日 タベウニで泊まっていた『Mar

記事を読む

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

フィジーの世界遺産 | レブカの歴史的港町

フィジー共和国はオセアニアにあるイギリス連邦加盟国で首都はビティレブ島のスバ。公用語は英語、

記事を読む

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 英名:Levuka Historical Port Town 2013

記事を読む

マナ島

フィジー18泊20日の滞在費は合計23万6千円、総費用は40万5千円

フィジー18泊20日の旅に掛かった費用 2016年5月23日〜6月10日(シンガポール

記事を読む

南国の楽園、タベウニ島でのマッタリとしたリゾート生活

南国の楽園、タベウニ島でのマッタリとしたリゾート生活

5月31日〜6月4日 青い空と美しい海が広がるこの島で、 俺たちは、毎日やらなければ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑