インドのグラフティーアート、宗教的壁画 | インド旅行記16

インドのグラフティアート

上の段の絵は左の青い神は破壊神シヴァ、真中のゾウ顔の神はシヴァとパールバディの子ガネーシャ、右の女性はシヴァの妃パールバディ。下の段の両端にはサイババ、なぜにサイババ?と思い近くに居たインド人に訊ねてみたところ、サイババは神様だと言っていた。

インド、バラナシのガート(沐浴場)の壁に描かれたグラフティーアート

正確には落書きではないと思うのでグラフティアートではないと思うのだけれどもバラナシのガート(沐浴場)の壁に描かれた様々な神様の壁画がまるでインド流のグラフティアートのようでかっこ良かった。

シヴァとパールバディ

シヴァとパールバディで左下の猿はおそらく猿王ハヌマーン。ちなみに聖地バラナシはシヴァの街と言われている。

インドのグラフティアート

この写真なんてカリフォルニアのスケートパークと言っても違和感が無い位にグラフティーアートしていると思う。一番左側のインドでよく見るマークはオーム(om)または(AUM)と書く『聖音』(呪文)だそうだ。日本でもトランスのCDやインドっぽいデザインなどでおなじみのマーク。その続きは勿論、なんと書いてあるのか、わからない。

柱に描かれたインドの神様

壁だけではなく柱にも描かれている。左はおそらくシヴァ神で右側のワニに乗った女性の神はシヴァ神の汗から生まれたと言われる女神ナルマダ。インドの神様は多すぎて情報も少ないので確かでは無い。今度、インドに行く際にはもっとインドの神様について勉強してから行きたいと思う。

ガネーシャ

日本でも馴染み深いゾウの頭を持つ神様、ガネーシャ

インドでもかなり人気のある神様でシヴァが留守の間に妃のパールバディが垢で作った子供で、シヴァが帰宅した際に自分の家に知らない奴がたのでやっつけようとしたのだが思いのほかガネーシャが強く、一人では倒しきれずヴィシュヌの力を借りて首を切り落とす事に成功する。そこへ帰ってきたパールバディが大変悲しんだのでシヴァは困って代わりにゾウの頭をくっつけたと言うむちゃくちゃな神話。

ガネーシャ

それにしてもガネーシャはむちゃくちゃ強い。最強の神シヴァと互角に渡り合い、シヴァと人気を二分する神、ビシュヌの力を借りようやく倒したと言われるのでもしかしたら最強の神様なのかもしれない。インドの神様の中でも一番インパクトのある神様だ。

猿王ハヌマーン

猿王ハヌマーン

猿の姿をした神なので沢山居るインドの神様の中でも見分けやすいので俺の結構好きな神様の一人。中国に伝わり、『西遊記』の登場人物、斉天大聖孫悟空のモデルになったと言う説もある。

女神ナルマダ

ワニに乗る女神ナルマダ

シヴァの額から落ちた汗のしずくより誕生したと言われる女神。

壁に描かれた沢山の神様

インドのグラフティアート インドのグラフティアート

おそらくこの上の二枚の写真は破壊神シヴァだと思われる。

インドのグラフティアート

もはや誰がだれだかさっぱりわからない。

インドのグラフティアート インドのグラフティアート

インド、バラナシのガートにはこの他にも沢山の壁画(グラフティアート?)があった。インドの神様にもっと詳しくなればきっともっと楽しめたのだと思う。

インド旅行記シリーズ一覧

ストリートアート、グラフティアート関連の記事

このページが気に入った人は、是非、下記のページも見てみてね。

ジミヘンの壁画を発見!壁画の街、ホワイトホース

ジョージタウンのストリートアート

キューバで見たストリートアートの写真 25枚

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/03/24 インド

関連記事

インドで食べた牛肉のステーキ

インドで神聖なる牛のステーキを食らう何とも言え無ぬ背徳感 | インド旅行記11

ハルドワールからバスで7時間以上もかけてなんとかデリーに戻ってきた俺は無性に肉が食いたくて地

記事を読む

ハルドワールのシヴァ像

ハルドワール、マンサー・デーヴィー寺院 | インド旅行記10

ヨガの聖地リシュケシュですっかり衰弱してしまった俺はハルドワールに戻ってきた。 ヒンド

記事を読む

バラナシ

インド旅行記 | 冒険の記録

2012年の年末に約1ヶ月かけてまわったインド旅行記。 インドと言えば旅人の憧れの地で

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

ラクシュミーナーラーヤン寺院

微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラー

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

サドゥのヨガ

インドで出会った自由に生きる仙人サドゥの写真 | インド旅行記18

インドにサドゥと言われる謎に満ちた苦行者達が沢山いる。サドゥの強烈な存在感に惹かれ話しかけて

記事を読む

ハルドワールで沐浴

奇麗なガンジス川で沐浴したければ絶対にここ!聖地ハルドワール | インド旅行記07

ガンジス川の上流で神の門と呼ばれる聖地ハルドワール ヒマラヤ山岳地帯と平野部の境目にあ

記事を読む

バラナシの治安と安宿

バラナシの安宿と治安 | インド旅行記17

バラナシ(バラーナスまたはベナレス)の裏路地は迷路のように入り組んでいる。初めてバラナシに来

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑