世紀末都市デリーの治安 | インド旅行記04

公開日: インド

デリー

南インドはなかなか居心地が良く、もう少しまわりたかったのだが時間が無くなって来てしまったのでチェンナイから飛行機に乗って約2時間半、首都デリーまでやって来た。

デリーにある世界遺産
デリー市内あるムガル帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟『フマーユーン廟』やデリー郊外にあるインドで最も高い塔『クトゥブ・ミナールと建造物群』、ムガル帝国時代の城塞、ラール・キラー(赤い城)『赤い城の建造物群』等の世界遺産がある。

残念ながら前回、デリーに行った時には世界遺産ハンターでは無かったため、全てスルーしてしまった。(世界遺産ハンターになるまでは世界遺産や観光等に全く興味が無かった)

メインバザール

デリーの治安

俺がまず目指したのはニューデリー駅にあるメインバザール周辺の安宿街。これがあの悪名高いデリーかと心して向かったのだが、拍子抜けするほど普通。ぼったくりと客引きにもみくちゃにされるのかと心配していたのだが普通の旅行者が沢山居る街だった。

人通りも多く、世界各国のバックパッカーが集まっていて露骨な強盗などの心配は無さそうだった。多少のぼったくりや騙した騙されたはあるのだろうが治安的に不安は感じなかった。

例えるのなら、タイのカオサンロードの規模を大きくしてインドに持ってきた感じの旅行者街。

デリーの街並

ただ、インドは街並が汚いのと乾燥した気候のせいで砂埃などが多く街並が荒廃しているように見える。もし、ここにバギーに乗ったモヒカンたちがやって来たらまるで北斗の拳のような世界観だ。

デリーの電線

デリーは人口が多く電線が半端じゃない、もし、日本の電気工事に携わる人が、この様を見たら何と思うのだろう?

デリーの街並

また、これはインド全体に言えそうだが浮浪者や物乞いが多く、路上で生活している人が多いい。

まるで映画『ブラックホークダウン』の戦場と化したデリー

デリーも意外と普通だなと思っていた矢先、その日の夜は何かのお祭りの日で、街は凄まじいまでの花火大会。一夜にしてデリーの街は戦場と化す。

戦場の様なデリー

日本で例えるなら商店街の至る所で爆竹やロケット花火、その他の花火を住民が思い思い楽しんでいる感じで街は花火の煙で100m先が見えない状態。
道を歩いているだけで何処からロケット花火が飛んで来るのかわからない、まるで映画『ブラックホークダウン』の戦場のようだった。

デリーで爆竹を仕掛ける男

この日の為に意気込んで大量の爆竹を道路に仕掛ける街の男たち

爆竹のロール

おい、おい、おい、、、こんなロールで道路に爆竹を仕掛けるのかよ・・・

俺はビーサンで街を歩いているのに道路は爆竹だらけ、どんなトラップが足下にあるのかわからない危険な街デリー。
オープンカフェ的なお店で食事をしている欧米人たちの中にもビビりまくりの人がチラホラ。

さすがインド人、自由だなと思い、その夜は戦場のようなデリーの街を散歩する事にした。

この時はまだ、俺がインドで真の洗礼を受ける事になるとはまだ、知らない。

つづく

インド旅行記シリーズ一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 インド

関連記事

インドの世界遺産

インドにある世界遺産一覧 全35カ所のリスト

インドは世界遺産の宝庫で世界遺産の多いい国ランキング、第6位。 物価の安い国なので、いつか

記事を読む

チェンナイの町

初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼 | インド旅行記01

インドと言えば俺が若い頃に読んで、強烈に影響を受けた、沢木耕太郎氏の首都デリーからロンドンま

記事を読む

インドのキングコブラ

インドで出会った動物たちの写真 | インド旅行記15

念願のキングコブラマスターに会う インドと言えば少年の頃よりピーヒョロロ、ピーヒョロロと笛

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

ガンジス川の対岸

ガンジス川の対岸、不浄の地はゴミだらけだった | インド旅行記14

バラナシのガンジス川対岸は不浄の地とされていて人が住めない為に何一つ無い広い砂浜が広がってい

記事を読む

ラクシュミーナーラーヤン寺院

微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラー

記事を読む

バラナシの治安と安宿

バラナシの安宿と治安 | インド旅行記17

バラナシ(バラーナスまたはベナレス)の裏路地は迷路のように入り組んでいる。初めてバラナシに来

記事を読む

バラナシのガンジス川

死体がぷかぷかと浮いていると噂されるバラナシのガンジス川 | インド旅行記12

聖地バラナシ、地球の歩き方に寄るとバナーラス(ヴァーラーナスィー)、英語表記はBanaras

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

クリシュナのバターボール

クリシュナのバターボール | マハーバリプラムの世界遺産

クリシュナのバターボールは、インド南部タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある世界遺産で、一

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑