インドで出会った動物たちの写真 | インド旅行記15

公開日: インド

インドのキングコブラ

念願のキングコブラマスターに会う

インドと言えば少年の頃よりピーヒョロロ、ピーヒョロロと笛を吹き、ツボから頭を出したキングコブラをゆーらゆらと操る蛇使いのイメージを植え付けられてきた俺は、インドに来たからにはキングコブラマスターを是非見てみたいと思っていた。と言うよりインドにくればそこら中にキングコブラマスターが居るものだと勝手に思っていたのだが、インドに来ても全然キングコブラマスターには出会えなかった。

インドの旅も終盤、最終目的地バラナシに着いてようやく念願のキングコブラマスターに会う事が出来た。上の写真は女性のキングコブラマスター、まさに俺のイメージ通りツボからキングコブラを出している。だが、笛を吹いている様子は無かった。それどころか笛さえもっていなさそうだった。

キングコブラマスター

こちらは男性のキングコブラマスター。見ていると見物料を出せと言ってくる。見物料はでちゃんと払うからそのキングコブラを近づけないでくれマジで!
そもそも蛇って人間に懐くのかね?と言うか爬虫類は意思の疎通がちゃんと出来るものなのか?間違ってガブっとかやられないのかな?俺はどうも爬虫類は信用出来ない。ちなみにこのキングコブラマスターも笛を持っていなかった。

インドと言えば何と言っても牛

インドはとにかく野良牛が多いい。そこら中に居る。インドに来て牛に出会わない日は無いと言っても過言ではない。

チェンナイの野良牛

初めてインドに到着したチェンナイでは、わかってはいたけれども野良牛の野良っぷりに圧倒された。でっかい野良牛が町中ウロウロしている国はきっとインドだけだろう。
え〜っ?こんな街中でグーたらしているの?みたいな。

リシケシにいた牛

インドでは何処に行っても野良牛が居るが聖地リシュケシュの野良牛は痩せこけちゃっていてどうしてしまったのだろうかと心配になった。あまり餌が無いのかもしれない。リシュケシュではかなりの野良牛がウロウロとしている。

バラナシの牛

バラナシのガンジス川の辺に居た牛は首飾りをしていて、やけにオシャレだった。この牛はきっと野良では無いのだろう。

バラナシの猿

街中でも自由に振る舞う猿たち

バラナシの屋根は猿どもの縄張りだ。ゲストハウスの屋上とかから眺めていると、ベランダでおやつを食べているインド人の子供が猿に獲物を強奪されて泣いているのを見かけた。こんな街中で猿が野放しになっているのを見て、インド人は動物に対してなんて穏やかなのだろうと関心してしまう。日本だったら速攻で駆除されてしまいそうだ。

リシュケシュの猿

この猿は聖地リシュケシュの猿。リシュケシュでも普通に人間が生活するエリアに猿が居て食べ物をねだったりしている、やはり猿はバナナが好きなのか。

マンサー・デーヴィー寺院のサル

聖地ハルドワールではマンサー・デーヴィー寺院に向かう人々のお供え物を強奪する事で生計を立てている猿が沢山居る。常習犯的な感じで主に人間の女、子供をターゲットにお供え物を強奪する。なかなかふてぶてしい山賊だ。

マハーバリプラムの世界遺産でくつろぐヤギ

世界遺産の上でくつろぐヤギの集団

南インド、マハーバリプラムの世界遺産では世界遺産の上でヤギたちがくつろいでいる。

急な岩場でも平気なヤギ

このヤギたちはかなり急な岩場でも移動しながら葉っぱを食べる事が出来るみたいだ。最初見た時は岩場から転落してもがいているのかと思った。

バラナシの路上で繁殖する犬

インドの犬

インド、バラナシの路上で繁殖する犬たち。やっぱり犬の子供は可愛い。インドではそこら中に野良犬が居る、しかし、狂犬病が世界一多い国なのであまり犬に近づかない方がいいらしい。万が一、インドで犬に噛まれたら病院に行って狂犬病のワクチンを打った方がいい。

マハーバリプラムの子犬

それでもやっぱり子犬は可愛い!
上の写真はマハーバリプラムの世界遺産で遊んでいた子犬たち。

デリーにあるラクシュミーナーラーヤン寺院にいた動物

ラクシュミーナーラーヤン寺院内は、そこら中にリスが居た。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のリス

インド人は動物と共存しているのでインド国内でリスも良く見かけた。

インドで見た鳩

ラクシュミーナーラーヤン寺院内で見かけたなじみ深い鳥、鳩。まぁ普通の鳩だった。

なぜだかインドで全く見かけない猫

これだけ動物がウロウロとしているのに何故か猫を全く見かけなかった。なぜインドに猫は居ないのだろう?気になってネットで調べてみたのだけれども良くわからない。

何でも気候が合わないとか?本当かな?誰か知っている人が居たら是非教えて下さい。

インド旅行記シリーズ一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : インド

関連記事

バラナシの治安と安宿

バラナシの安宿と治安 | インド旅行記17

バラナシ(バラーナスまたはベナレス)の裏路地は迷路のように入り組んでいる。初めてバラナシに来

記事を読む

デリーの安宿で食中毒

デリーの安宿で食中毒 | インド旅行記06

以前、『初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼』と言う記事を書いたが、あれはインドの洗礼で

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

インドで食べた牛肉のステーキ

インドで神聖なる牛のステーキを食らう何とも言え無ぬ背徳感 | インド旅行記11

ハルドワールからバスで7時間以上もかけてなんとかデリーに戻ってきた俺は無性に肉が食いたくて地

記事を読む

サドゥのヨガ

インドで出会った自由に生きる仙人サドゥの写真 | インド旅行記18

インドにサドゥと言われる謎に満ちた苦行者達が沢山いる。サドゥの強烈な存在感に惹かれ話しかけて

記事を読む

デリー

世紀末都市デリーの治安 | インド旅行記04

南インドはなかなか居心地が良く、もう少しまわりたかったのだが時間が無くなって来てしまったので

記事を読む

リシュケシュのガンジス川の河原

インドの巡礼者たちが目指す聖地、リシュケシュの美しい風景 | インド旅行記09

デリーで食中毒にあっていらい、体重は毎日減っていき食事もほとんど取る事は出来ずにほぼ断食状態

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

ラクシュミーナーラーヤン寺院

微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラー

記事を読む

devdeepavali

バラナシのお祭りDev-deepavali | インド旅行記13

俺がバラナシに行った時、ラッキーな事にお祭りをやっていた。後から知ったのだがこのお祭りは『D

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑