平城宮跡(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その5

世界遺産 平城宮跡

平城宮跡(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)

奈良時代の中心地で世界遺産『古都奈良の文化財』の中心的な場所だったところで、大内裏が1998年に考古遺跡としては日本で初めて世界遺産に登録された。

平城宮跡は敷地内を近鉄奈良線が通っており京都から奈良に行く際にも車内から見る事が出来る。

所在地 奈良県奈良市 佐紀町
平城宮跡 公式サイト
http://heijo-kyo.com/

奈良の世界遺産 二日目

京都・奈良の旅、二日目は朝6時半に起きて7時から朝のビュッフェを食べる。思いのほか食べ過ぎてしまった為に出発が8時となってしまった。俺が泊まっていた「奈良ロイヤルホテル」はすぐ近くに世界遺産である『平城宮跡』があり、ホテルをチェックアウトする前に散歩がてらに平城宮跡に行く事にした。幸い雨は降っていない。

奈良ロイヤルホテルでは一日500円で自転車の貸し出しいるので自転車を借りて平城宮跡を目指す。そこで借りた自転車は変速なしのママチャリで昨日借りたママチャリよりも更に重くギーコギーコと漕いで行くはめになった。自転車の調子さえ良ければ唐招提寺、薬師寺まで自転車で行きたいところだがこの自転車では無理だと判断して平城宮跡のみを自転車でまわる事にした。

朱雀門(すざくもん)

朱雀門

まず、着いたのは平城宮の正門・朱雀門。外国使節の送迎を行ったり、大勢の人達が集まって歌垣などを行ったり、正月には天皇がこの門まで出向き、新年のお祝いをすることもあったそうだ。

この朱雀門は1998年に復原されたもので門自体に特に価値は無い。道理で新しい訳だ。復原にあたっては法隆寺の中門や薬師寺の東塔などが参考にされた。

平城京歴史館

朱雀門を道なりに抜けて行くと平城京歴史館がある。
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日以降の平日) 年末年始(12月28日から1月4日)
料金は一般で500円

今回は時間が無かったので平城京歴史館はパスしてメインの建物、第一次大極殿を目指す事にした。

第一次大極殿

第一太極殿

正面約44m、側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の宮殿。

公式サイトよりPDF形式のパンフレットを見る事が出来る。
http://heijo-kyo.com/img-midokoro/daikokudenpf.pdf

朱雀門の真北約800m(結構遠いい)にあり、ここまで自転車に乗って来れる。平城宮跡はかなりだだっ広いので自転車で来て本当に良かった。

大極殿は建物の中に入る事が出来る、真新しい建物でこんなものが本当に世界遺産なのか?と疑っているとボランティアでガイドをしている方にお声をかけて頂きガイドしてもらえる事に。なんでも大極殿は2010年に復元されたもので建物自体には価値が無いとの事。世界遺産には1998年に考古遺跡としては日本で初めて登録され、建物は後から復原したそうだ。

太極殿

これは天皇が即位される時に使われたもの。もちろんこれも復原されたもの。当時、太極殿は皇室の関係者しか入れない場所で我々市民は入れない場所だったそうだ。約1300年もの時を経て復原された太極殿から眺める平城宮跡の風景はまさに王の眺め。遠くに先ほど来た朱雀門が見える。

太極殿からの眺め

遠くの山々、だだっ広い平城宮跡を王の視点で眺めながら約1300年前の眺めを想像する。俺がイメージしたのは映画の三国志とかラストエンペラー等の中国映画、このだだっ広い平城宮跡に何万人もの人々がひれ伏す壮大な風景。

遠くに見える朱雀門より更に南の町より海外からの使者等がまっすぐ北に歩いてくる。初めてこの土地に来て、この平城宮を目指す人は目にはどのように写ったのだろうか?何キロも直線に続く長い道、どんな気持ちで歩いたのだろうか?火の鳥 鳳凰編の時代の日本の中心地で当時の日本を象徴する場所。世界遺産『古都奈良の文化財』の中心的存在でここから全て始まった。

来て良かった。何も無い遺跡後だけれどもこの眺めが見れて良かった。

太極殿

実際はこんな感じだったらしい。

当時、奈良の町の中心はもちろんこの平城宮だったのだが都が移動したので残った東大寺元興寺興福寺等のお寺のある現在の近鉄奈良駅の辺りが栄えるようになり奈良の中心はお寺等が密集している地域へと移動して行ったらしい。

宮内省の跡(くないしょう)

宮内省の跡

天皇家の為に仕事する宮内省関係の役所跡だとみられている。

第二太極殿の跡

第二太極殿の跡

遺跡って雰囲気が漂っている。周辺はほのぼのとした田舎で遺跡にはカラスが羽を休めていた。

第二太極殿にいたカラス

本当は時間があればこの近くにある古墳も見に行きたかったのだがこの後、薬師寺唐招提寺法隆寺、法起寺とまわりたかったので平城宮跡を後にして一旦ホテルに戻りチェックアウトした。

どうやら今日も時間に追われるハードな一日になりそうだ
やれやれだぜ

奈良の世界遺産、一覧
『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』全9件

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 世界遺産 日本の世界遺産

関連記事

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

4月27日〜4月29日 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』の内の三カ所、『スプ

記事を読む

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

出典:LuxTonnerre 写真はロックアイランド群のミルキーウェイ パラオ共和国

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

ペルーの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

ペルーの世界遺産と言えば何と言ってもマチュ・ピチュとナスカの地上絵!それ以外にも古代文明の遺

記事を読む

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日 世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワ

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

日本の世界遺産、一覧

日本の世界遺産一覧、全20カ所のリスト

2016年、東京上野にある『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』が日本

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

グアテマラにある古都、アンティグア。ヨーロッパ建築の立ち並ぶ石畳の狭い路地を走る沢山の車、廃

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑