メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

公開日: メキシコ

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

Museo Nacional de Antropologia

2016年9月7日

メキシコでもっとも見応えのある博物館”メキシコ国立人類学博物館”に行ってきた。人類学だなんて大げさだなと思っていたが、俺の今まで生きてきた人生の中でもっとも面白い博物館だった。マジで!

俺の大好きな超古代文明の香りを残す、メソアメリカの文明。テオティワカン、トルテカ、アステカ、オアハカ、オルメカ、マヤなどメキシコ中から発掘されたお宝がここに集結している。

しかも、なんと写真が撮り放題と言う太っ腹。あまりにも面白くて5時間〜6時間くらい居たので最後は腕が痛くて写真を撮るのもキツいくらいに疲れ果ててしまった。展示物、見せ方、どれを取っても最高に面白く、最高の博物館だと思う。

合計1200枚以上の写真を撮ったので数回に分けて連載しようと思う。

メキシコ国立人類学博物館

メキシコ国立人類学博物館

メキシコ国立人類学博物館への行き方は、Hidalgo駅からの場合は青い2号線のCuatro Caminos行きで「Tacuba駅」乗り換え、黄色い7号線のBarrancadel Muerto行きで「Auditorio駅」下車。(メトロの料金は一律5ペソ)

メトロが一番わかりやすくて簡単なのだけれども、俺のオススメはバス。世界遺産ハンター冒険マップに記載されているバス停から緑のローカルバスに乗って行くと博物館のすぐ目の前まで連れて行ってくれて料金は5.5ペソ。ミュージアムはスペイン語でムセオだからバスに乗る時にまわりの人に「ムセオ?」みたいに聞けば乗っていいかどうか教えてくれる。帰りは逆に「イダルゴ?」と聞けば良い。バスの乗り場さえわかってしまえばスペイン語力ゼロの俺たちでも普通にローカルバスで行く事が出来た。

メキシコ国立人類学博物館の入場料は75ペソ(約450円)と激安、しかも写真撮り放題。ただしフラッシュ厳禁なので気をつけたい。

中には少し高いがカフェレストランがあるのでコーヒーブレイクをしたり、昼食を食べる事も出来るようになっている。

人類学入門

博物館に入って最初にあるのが人類学入門と言う大げさな部屋。俺のお目当ては当然、アステカやマヤ文明のお宝。この部屋はいわば前座的な部屋で、ガイドブックなどには時間が無い場合は飛ばしても構わないなどと書いてある。

ルーシー メキシコ国立人類学博物館

軽いジャブのつもりで人類学入門の部屋に入ると目に飛び込んできたのは『ルーシー』だ!まさかの展開で、いきなりテンションが上がる。

ルーシー(Lucy)とは、1974年にエチオピア北東部ハダール村付近で発見された318万年前のアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の化石人骨で、「人類の最初の祖先」とされた。しかし、最近の研究で「人類の最初の祖先」は、ラミダス猿人の化石人骨『アルディ』とされている。

なんで俺たちがルーシー好きかと言うと、リュックベソンの映画ルーシーが大好きで、その中でちょっとだけ、「人類の最初の祖先」に触れるのだ。ちなみにリュックベッソンは明らかにヒロインのルーシーと「人類の最初の祖先」を関連づけている。

そんな訳で俺たちはルーシー好きなのだが、エチオピアを旅している時、アディスアベバの博物館に行かなかったのでルーシーのレプリカを見逃していた。まさか、こんなところでルーシーのレプリカに会えるとは思ってもいなかったので、完全に人類学入門の世界に引き込まれた。

メキシコ国立人類学博物館

武器を持った猿人が獲物を狙うハイエナを蹴散らしているジオラマ。このシーンを見ていると俺の大好きなスタンリーキューブリックの映画『2010年宇宙の旅』の最初のシーンをなんとなく思い出す。

メキシコ国立人類学博物館

この頃は、ドクロの形も何となく違う。まぁはっきり言ってルーシーとかジオラマでハイエナを追っ払っている人とか、人と言うかサル系にしか見えないからね。

メキシコ国立人類学博物館

このシーンはハードな出産のシーン。なんかジオラマだけどすげー・・・
このころから毛が無くなってやや人間に近づいたのかな?

メキシコ国立人類学博物館

ドクロもだんだん人間っぽくなってきたのかな???うーんまだかな・・・

メキシコ国立人類学博物館

なんのアートだかわからないけれども博物館の所々にアートが描かれている。そして、それが結構たのしかったりもする。

メキシコ国立人類学博物館

鹿を解体して食べているシーン。大分、人間っぽくなってきた。

メキシコ国立人類学博物館

時代はマンモス時代!サーベルタイガーとか結構強そうな動物が一杯いる。子供の頃に見たアニメなどの原始時代ってこんな感じだった。

メキシコ国立人類学博物館

このマンモス狩りのシーンとかは大迫力!俺、こう言うのを見に来た訳じゃないのだけれどもジオラマ好きなのでかなりハマってしまった。シンガポールのタイガーバームガーデンでもジオラマをかなり撮影していた。俺、こう言うの撮るの好きなんだな。

メキシコ国立人類学博物館

ドクロもやっと人間っぽくなってきた気がする。

メキシコ国立人類学博物館

ってかこの頃にはもう完全に人間でしょう、この絵を見る限り普通に昔の人だ。ちなみにジオラマのシーンの解説などはすべてスペイン語なので一切読んでいない。すべて俺の独断と偏見で解説している。

メキシコ国立人類学博物館

狩りのシーン。最近買ったレンズがまたこう言う写真を撮るのに調子いいので写真を撮るのが楽しくて仕方が無い。

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8は、マジでオススメ。ただし、クソ重くて最後の方は腱鞘炎になるのではないかと心配してしまった。

メキシコ国立人類学博物館

この頃には農業が始まっているので文明が始まった頃だろう。

メキシコ国立人類学博物館

毛皮を着て寒さを耐え忍んだり、干し肉と言う保存食まで作っている。ガイドブックでは時間が無ければ飛ばしてもいいとさえ言われた人類学入門の部屋であったがジオラマのおかげで、かなり楽しむ事ができた。文字なんかわかんなくてもめちゃくちゃ伝わるからね!

次回からいよいよ、メキシコで発見されたお宝を紹介して行きたいと思う。

メキシコ人類学博物館の記事一覧

先古典期 | メキシコ国立人類学博物館
テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館
オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館
オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/09/18 メキシコ

関連記事

自由とヒッピーの町、サンクリストバル・デ・ラスカサス(通称:サンクリ)

自由とヒッピーの町、サンクリストバル・デ・ラスカサス(通称:サンクリ)

San Cristóbal de las Casas 12月13日〜19日 俺た

記事を読む

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これから中米の遺跡を旅する人は絶対によった方がいい博物館、それがメキシコ人類学博物館。ここに

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 Historic Centre of Oax

記事を読む

光線銃を持つトゥーラの巨大戦士像 | 超古代文明の謎

12月6日 快適なメキシコシティでダラダラとした日々を過ごしていたが、このまま何処にも

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

ベリーズからチェトゥマル経由で世界遺産、カラクムル遺跡への行き方

ベリーズからチェトゥマル経由で世界遺産、カラクムル遺跡への行き方

11月22日 世界遺産『カラクムル』はグアテマラのティカル遺跡と双璧をなすほどの巨大な

記事を読む

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

12月21日 サンクリストバルの日本人宿『CASA KASA』に行った時、オーナーのタ

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

まるでSF映画!超かっこいい近未来的な図書館

まるでSF映画!超かっこいい近未来的な図書館 | メキシコ・シティ

2016年9月8日 前日にテオティワカン遺跡に行ってきたのでこの日は、休日にした。旅行

記事を読む

南米の旅、まずはメキシコ

南米の旅、まずはメキシコ

2016年8月31日 7月の中頃にオセアニアの旅から帰国して早、一ヶ月半。長かった俺た

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑