マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

小学生の頃、ミステリー本を読みあさっていた俺の一番好きな文明は何と言っても古代マヤ文明。謎に満ちた超古代文明の香りが残るこの文明に魅了されていた。そんなマヤ文明のお宝が飾ってある部屋がこのメキシコ国立人類学博物館にある。

マヤ文明

紀元前3000年〜16世紀頃まで、メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルなどで栄えた文明で、最盛期は3世紀頃〜12世紀ごろと言われ、13世紀頃から主に現在のメキシコでアステカ文明が台頭してくる。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

時代は主に大きく分けて三つの時代に別れており、オルメク文明などが栄えていた先古典期(前1800~後250年)、マヤ文明の最盛期と言われる古典期(250~900/1000年)、衰退が始まり、トルテカ文明やアステカ文明と関わりが出てくる後古典期(900/1000~16世紀前半)。ただ、最近の研究では紀元前400年頃から既に大規模な都市が存在していた事が明らかになってきているので今後、この区分は変わって行くだろうと言われている。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

この石仮面はなんだか心無しかブッダに似ている。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

この壁画はデザインが秀逸。何だろうな?骸骨の神様かなんかに見えなくもない。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

この人の驚いた表情が芸術的。そして、背後の人は笑い過ぎ。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これはマヤ文明で使っていたお皿かな?

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

土偶もかなりカッコいい。これは戦士かな?

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

他の文明もそうだったけれどもマヤ文明の土偶もかっこいいから見ていて楽しい。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これはマジで謎?何でいきなり貝から人が出てくるのだろうか
でも、シュールで面白い。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

キターーーー!
エイリアンの頭蓋骨を発見!

このピッコロヘッドはマジでヤバいでしょー!と思って調べてみたらマヤ文明には赤ちゃんの頃から特別な器具で頭を強制してこのようなコーンヘッドを作る習慣があったそうだ。(地位の高い者のみ)

調べてみると実はマヤ文明だけではなく、ヨーロッパやアジアなど世界中でこの人工頭蓋変形が行われていたそうだ。何の為に???

世界各地で色々な理由はあるのだろうけれども、当時、神としてあがめられていたコーンヘッドを持つ地球外生命体へのリスペクトとかだったりする可能性はあるんじゃないかな。

マヤ文字

これはおそらくマヤ文字。紀元2世紀頃から使用されていたと言われている一種の象形文字。

マドリー・コデックス(絵文書)

貴重なマヤの書物。16世紀、スペインがこの地を征服した後に徹底的にアステカ文明やマヤ文明を破壊し、アステカ人やマヤ人をカトリックに改宗させようとした。その先頭に立ったのが悪名高きカトリックの修道士ディエゴ・デ・ランダ、彼はマヤの書物などを禁書として燃やし尽くした。なんと破壊を免れ後世に残った書物はたったの4冊だと言われている。この本はその内のひとつ、マドリー・コデックス(絵文書)の複製。本物はマドリーの博物館にあるそうだ。

マヤ文字

これはパレンケ漆喰文字、やっぱりマヤ文字ってカッコいい。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これはなんだろう?俺にはこの中の人が未来的な銃を持っているようにしか見えないのだけれど、色々な解釈はあるのだろう。

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これは中庭にあった神殿のレプリカ。マジでメキシコ国立人類学博物館の展示は気合いが入っている。

カバー遺跡の雨神チャック神

カバー遺跡の雨神チャック神

ケツァルコアトル

これは何だろう?羽毛ある蛇で神とされるケツァルコアトルかな

マヤのチャックモール

こちらは、チチェン・イツァ遺跡にあったお馴染みのチャックモール、。生け贄の切り取ったばかりの心臓を捧げる恐ろしい場所だ。

『古代都市パレンケ』でパカル王が身につけていた翡翠の仮面

最後はマヤ室の目玉、世界遺産『古代都市パレンケ』でパカル王が身につけていた翡翠の仮面。

メキシコ人類学博物館は調べれば調べるほど面白い。これから中米の旅をする上で必要な文明の基本的な知識をここで勉強出来て良かった。これから行く遺跡を楽しめる度合いが倍増するだろうきっと。

メキシコ人類学博物館の記事一覧

人類学入門 | メキシコ国立人類学博物館
先古典期 | メキシコ国立人類学博物館
テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館
オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館
オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 メキシコ

関連記事

メキシコの治安

メキシコの治安と物価 | 14泊15日の滞在費は6万6千円

2016年8月31日〜9月14日 結論から言うとメキシコの物価はかなり安く、満足度もか

記事を読む

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 Catedral Metropolitana de

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

Museo Nacional de Antropologia 2016年9月7日

記事を読む

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

これから中米の遺跡を旅する人は絶対によった方がいい博物館、それがメキシコ人類学博物館。ここに

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコの遺跡で発掘された重要な石像や壁画が集まる『メキシコ国立人類学博物館』、そのあまりの

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

ベカン遺跡(Becán)

カラクムル近郊にあるマヤ遺跡、ベカン遺跡(Becán)とバラムク遺跡(Balamku)が意外と凄かった

話は少し前後して、11月22日 俺たちは、カラクムル遺跡を目指してベリーズからメキシコ

記事を読む

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

ここメキシコ国立人類学博物館があるメキシコ・シティで栄えた文明でメキシコ人=アステカ人と言っ

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

モンテ・アルバンへの行き方 12月11日 オアハカのソロカ周辺からモンテ・アルバ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑