オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

この写真はモンテ=アルバンで発掘されたコウモリ神の仮面。翡翠の破片をモザイク風に寄せ集めて作られている。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

オアハカ州のモンテ=アルバンを中心に紀元前1000年頃〜16世紀初頭まで栄えてたサポテカ文明とミステカ文明の出土品が展示されている。ちなみにモンテ=アルバンには『オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡』と言う世界遺産がある。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

オアハカから出土した作品も芸術的で好き。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

なかなか素晴らしいデザインをしている。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

これは結構きてるね、なんだかわからないけどインパクトは半端じゃない。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

これは多分、絵文字。色合いとかデザインとか現代に持ってきてもそのまま通用するクオリティ。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

金の装飾品。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

翡翠の破片をモザイク風にちりばめたマスク。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

これはなかなか見応えがあった。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

エキセントリックな壷?置物?何だかわからないけれどもインパクトは大。

サポテカ文明とミステカ文明 オアハカ室

壁画もすごく良い。

北部と西部の部屋

最後にサラサラッと北部と西部の部屋の紹介。俺自身、この部屋に辿り着く頃には既にへろへろにバテていたのでサラッとしか見ていないがこの部屋はこの部屋でけっこう見所がある。

メキシコ人類学博物館

こんなデザインや、

メキシコ人類学博物館

こんなデザインまで。相変わらず土偶のデザインは斬新で、見ていて面白い。

メキシコ人類学博物館

中でも、この貝を使った工芸品は見物。これは死者への供養物として使われていたと考えられている。

貝で出来た首飾り

この貝で出来た首飾りなんか今でもめちゃくちゃカッコいいデザインだと思う。

トルコ石のマスク

俺的にこの部屋の一番の見所は、テオティワカン時代に作られたと言うマスクでモザイク状のトルコ石、貝殻、黒曜石で装飾された素晴らしい作品。時間のない人は、この部屋をスルーしがちだがこれだけは見ておいた方がいいと思う。

ドクロ

あと、個人的には部屋に入ってするのと頃に展示されているこの頭蓋骨がかっこ良かったのでおすすめしたい。

三階の民俗学コーナー

ほとんどの人が時間が無くてスルーすると思われる三階。実は俺も、空腹と体力の限界でほとんど見ていない。サラサラっと一通り歩いただけだけれども何気にすごく面白そうな展示物がいっぱいあった。マジでこのメキシコ人類学博物館は見応えがありすぎる。

メキシコのデザイン

いきなり現代の民芸品とかが展示されているのだけれども、これがまたすごく良くて、普段なじみのないメキシコのデザインセンス、配色のセンスにガッツンガッツン刺激される。

メキシコ人類学博物館

この見慣れないメキシコ人のセンスには相当な刺激を受けた。ほんとうにすげーイカしてる。

メキシコ人類学博物館

古代から現代のデザインまでずーっと見てきたけれども見慣れないデザインばかりで本当に面白かった。考古学とか興味なくてもデザインが好きな人とかは絶対に楽しめると思う。

メキシコ人類学博物館

三階の展示物もかなり見応えがあって、もっともっとじっくりと見学したかったのだけれども、流石に5時間くらい博物館を見学していると頭もパンク気味だし疲れもピークに達していて無理だった。かなり後ろ髪を引かれる気持ちだったがさらさらーっと見学してメキシコ人類学博物館を去る事にした。

メキシコ人類学博物館は、俺的にはメキシコシティで一番面白かった。
超おすすめ!

メキシコ人類学博物館の記事一覧

人類学入門 | メキシコ国立人類学博物館
先古典期 | メキシコ国立人類学博物館
テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館
オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 メキシコ

関連記事

メキシコの治安

メキシコの治安と物価 | 14泊15日の滞在費は6万6千円

2016年8月31日〜9月14日 結論から言うとメキシコの物価はかなり安く、満足度もか

記事を読む

ベリーズからチェトゥマル経由で世界遺産、カラクムル遺跡への行き方

ベリーズからチェトゥマル経由で世界遺産、カラクムル遺跡への行き方

11月22日 世界遺産『カラクムル』はグアテマラのティカル遺跡と双璧をなすほどの巨大な

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

12月21日 サンクリストバルの日本人宿『CASA KASA』に行った時、オーナーのタ

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

カンペチェ歴史的要塞都市 | メキシコの世界遺産

カンペチェ歴史的要塞都市 | メキシコの世界遺産

2016年12月24日〜26日 時は、少しばかりさかのぼって去年のクリスマスイブ、俺た

記事を読む

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 | メキシコシティ歴史地区

メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂 Catedral Metropolitana de

記事を読む

ヤグール遺跡への行き方

メキシコの物価 | 47泊48日の旅、滞在費は30万8千円

メキシコの物価 2016年11月22日〜2017年1月8日 1ペソ = 5.5円

記事を読む

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 トゥルム遺跡は、1200年頃から1542年まで栄えたマヤ文明、最後の都市

記事を読む

ベカン遺跡(Becán)

カラクムル近郊にあるマヤ遺跡、ベカン遺跡(Becán)とバラムク遺跡(Balamku)が意外と凄かった

話は少し前後して、11月22日 俺たちは、カラクムル遺跡を目指してベリーズからメキシコ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑