カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

公開日: メキシコ

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

11月24日

カラクムル遺跡を満喫した俺たちはベカンの宿をあとにして、次に向かったのはマヤ終焉の地と言われるトゥルム。このトゥルムは旅人憧れの楽園としても有名な場所で、めちゃくちゃ美しいカリブ海が俺たちを待っている。

カラクムル遺跡からチェトゥマル経由でトゥルムへ

朝、宿のおっちゃんに隣町のシュプヒルまで送ってもらって、トゥルム行きのバンを捕まえてもらった。宿のおっちゃんはとても良い人で、シュプヒルまで送ってくれる途中、ずーっと話していた。スペイン語なのでほとんどわからなかったけれども、たまにわかる所だけそれっぽく返事してたらテンション上がっちゃって後ろにいる俺たちの方を見ながら運転していた。いくらまっすぐな一本道だとは言え、危ないよ!

でも、すごく親切にしてくれてありがとう!

シュプヒルからチェトゥマルまではバンで向かった。料金は110ペソ、一時間半ちょっとでチェトゥマルに到着。バンの運転手にトゥルム行きのバス停で降ろしてと頼むと、ミニバンの方が早くて安いからミニバンの乗り場へ連れて行ってやると言って連れていってくれた。このドライバーのおっちゃんはめちゃくちゃ親切だけれども、スペイン語の下手くそな俺たちの為に、運転中にもかかわらず、携帯で数字を打ったりして値段を説明してくれた。俺は、事故らないかとマジで気が気じゃなくて、ドライバーが説明に気をとられながら運転している最中、ドライバーの変わりに辺りを見回しまくっていた。メキシコ人は人は良いが運転は危なっかしい。

でも、親切にしてくれてありがとう!

約三ヶ月前にメキシコに辿り着いた時には、スペイン語がわからな過ぎてビビりまくっていたけれども、グアテマラで一ヶ月ほどスペイン語を勉強したおかげて、今では、片言だけれども、ギリギリ、スペイン語だけで旅行出来るようになっていた事が嬉しい。

チェトゥマルからトゥルムへはフェリペ カリョ プエルトでミニバンを乗り換えて料金はひとり80ペソ + 60ペソ。チェトゥマルからフェリペ カリョ プエルトまでが大体1時間半ちょっとで、そこからトゥルムまでは約1時間。

結局ベカンの宿からトゥルムまでは乗り換え時間なども含めて6時間くらいで到着した。

チェトゥマルからベカンに行く時は、ムカつくタクシーの運転手に当たってしまって凹んだけど、でも、そのおかげでベカンの宿の人や、ミニバンの運転手、その他、沢山の親切にしてくれるメキシコ人たちの人の良さが身にしみてありがたかった。あのクソタクシードライバーのおかげで、沢山の人たちの好意によって旅する事が出来ているんだなと言う当たり前の事実を再確認出来たので良かった。

TULUM

ベカンの宿には、Wi-Fiが無かったのでトゥルムに着いてから久し振りに足で宿を探す事になった。若い頃に旅をしていた時にはWi-Fiなんて無くて当たり前で、何処の町に着いてもまず、地球の歩き方などに乗っている宿を目指すか、自分の足で宿を探すのが当たり前だったけれども、最近は、ほとんどブッキングドットコムで宿を予約している。

昔は当たり前だった、自分の足で宿を探すと言う行為も最近ではめっきりやらなくなってしまった。クソ重い荷物を背負って自分の足で宿を探す事も出来るが、やっぱり一度味わった便利さを忘れる事は出来ない。

昔は、荷物を背負って歩き回る事を前提に、荷物を最小限に抑えていたけれども、最近ではブログ用にパソコンやら一眼レフなど、重たい電子機器に加え、寒いとき用の防寒具から寝袋までたっぷり詰め込んでいるので、自分の足で宿を探すのがだいぶ億劫になってしまった。

運がいいと言うか、面倒くさくなったと言うか、一件目に値段を聞いた宿、『CASA DEL SOL』はダブルで500ペソと言う事だったので、そこに決めた。ここのWi-Fiで明日の宿を探せば良い。(カンクン近郊はメキシコで1番物価が高いと言われている)

最近では当たり前のように使っているWi-Fiだけれどもほんの10年ちょっと前までは、ネットするのにわざわざインターネットカフェに行くのが当たり前だったし、iPhoneなんか無かったし、Google Mapだって持ち歩けなかった。久し振りにWi-Fiを使えなかった事によってWi-Fiの、インターネットのありがたみを再確認出来た。

長く旅をしていれば、いや、生きていればたまには嫌な事や、めんどくさい事が起きるけれども、それはきっと普段、当たり前過ぎて感謝をわすれてしまった事を思い出させる為であったり、何気なく使っているシステムの便利性を思い出させてくれる為に起きているのかもしれないなんて思ってみたりして。

ちょっとした嫌な事や、めんどくさい事って後々、沢山の感謝を思い出せたり、沢山の便利さを味わえたりするので、ある意味ありがたい。

憧れの楽園トゥルムでは世界遺産であるシアン・カンとトゥルム遺跡、グラン・セノーテに行ってきたのでその記事はまた後日。

1ペソ = 5.5円 (手数料なども掛かるので俺は6円で計算してる。)

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : メキシコ

関連記事

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

11月26日 見所の多いトゥルムで一番最初に行ったのはもちろん、世界遺産であるシアン・

記事を読む

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド 12月9日 プエブラに来たからには、せっかくなのでチ

記事を読む

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

小学生の頃、ミステリー本を読みあさっていた俺の一番好きな文明は何と言っても古代マヤ文明。謎に

記事を読む

光線銃を持つトゥーラの巨大戦士像 | 超古代文明の謎

12月6日 快適なメキシコシティでダラダラとした日々を過ごしていたが、このまま何処にも

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

11月28日 俺たちは泊まっていた宿で自転車を借りて、もっとも美しいセノーテのひとつと

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑