ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

公開日: メキシコ

ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

9月10日

メキシコシティ近郊にある世界遺産の中で、古代都市テオティワカンの次に楽しみにしていた世界遺産、『ソチカルコの古代遺跡地帯 』へ行ってきた。

ソチカルコの古代遺跡地帯

1999年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

ソチカルコの古代遺跡地帯

この遺跡はテオティワカン文明が終焉を迎えたあとに栄えたトルテカ文明の政治、宗教、商業の中心地として栄えた場所で、西暦650年〜900年ごろに繁栄した。

ソチカルコの古代遺跡には、ピラミッド型神殿や石碑などが発掘され、遺構全体にテオティワカン、マヤ文明、モンテ・アルバンなど、周辺文化の要素が混在している。後のアステカ文明にも大きな影響を与えたと考えられている。

入場料はひとり65ペソ(約350円)
相変わらずメキシコの入場料は安くて良心的。

ソチカルコへの行き方

メキシコシティからソチカルコへの行き方は、メトロ2号線の終点Tasqueña駅に隣接するバスターミナルからソチカルコまでのバスが(地球の歩き方によると土日だけ)出ている。料金はひとり片道142ペソ(約800円)とやけに高い。(テオティワカンは往復でわずか92ペソだった)

しかも、このバスは遺跡まで直行する訳ではなく、ソチカルコと言う場所まで連れて行ってくれる。所要時間は1時間半〜2時間ほど掛かるが、メキシコシティから日帰りで行くことが出来る。

バスの運転手さんにソチカルコ、ピラミデス(ピラミッド)と何度も言っておいたので無事にソチカルコで下ろしてもらえる事が出来たのだが、どっからどう見てもただの道。こんなメキシコの片田舎の何も無いような道で下ろされても途方に暮れるしか無い。

たまたま一緒にバスを降りたメキシコ人女性の2人組もピラミデスに行くと言うので4人でタクシーをシェアさせてもらった。タクシー代は25ペソ。歩いていくにはちょと遠いと思うので素直にタクシーで行くのが無難だと思った。

ソチカルコミュージアム

ソチカルコの古代遺跡地帯

入場券を購入すると、まず最初に、ミュージアムがあってこの遺跡からの出土品などを楽しむことが出来る。

ソチカルコの古代遺跡地帯

トルテカ文明のデザインもなかなかイカしている。

ソチカルコの古代遺跡地帯

メキシコに栄えた文明って言うのは本当にドクロが好きで、現在のメキシコでもドクロデザインが多い。

ソチカルコの古代遺跡地帯

この時代の生活が伺えるような出土品。
西暦650年〜900年と言えば日本で言うところの飛鳥時代から奈良時代、平安時代。

ソチカルコの古代遺跡

ソチカルコの古代遺跡地帯

この日は天気も良く、突き抜けるような青空が広がっていた。

ソチカルコの古代遺跡地帯

この遺跡は青空をバックにキレイな緑の絨毯が敷かれ、その上に石のピラミッドが建っていると言うなんとも心地よい場所だった。気分はもう春って感じ!

ソチカルコの古代遺跡地帯

流石に世界遺産になるだけあってかなり大きな規模の遺跡だったがこれでもまだ、全体の10%程度しか発掘されていないそうなので驚きだ。

ソチカルコの古代遺跡地帯

ピラミッドの規模や作りから言ってテオティワカンの方が見応えがあったがソチカルコの遺跡は見晴らしの良い山の上にあるので、雰囲気ではこちらの方がはるかに心地よい。

ソチカルコの古代遺跡地帯

青く澄んだ空、生命力溢れる緑の絨毯、石で作り上げられたピラミッドに見事に自然が同化しており、とても心地の良い空間になっていた。

球技場

これは悪名高き、球技場。球技場と言っても娯楽の為の球技ではなく、生け贄を決める儀式としての球技なのでまさに命がけの戦いだった。何でも負けた方の主将は首を切られるとか・・・
一説によると勝った方のチームが生け贄にされるとか言う説もある。ま、ようするに良くわかっていないと言う事だが、どちらにせよこのゲームによって生け贄が決まるのだから命がけのゲームだ。

ソチカルコの古代遺跡地帯

青空と芝生って写真撮る時に最強のスパイスだよね。もうそれだけで完璧な配色になる。

ソチカルコの古代遺跡地帯

俺たちは旅に出てから毎日のように写真を撮っていたから数十万回とシャッターを押してきた。そんな経験から言わしてもらうとやっぱり澄んだ青空が最強。

ソチカルコの古代遺跡地帯

晴れてさえいれば写真は常に面白い。逆に言うと、天気が悪い時こそ腕が問われるような気がする。もちろん、もっと上級者の方に言わせれば色々あるのだろうけど。

ソチカルコの古代遺跡地帯

ソチカルコの古代遺跡地帯は思ったよりも広くてかなり見応えがある。メキシコシティからアクセスが悪いのだけが難点。

ソチカルコの古代遺跡地帯

ケツァルコアトル神殿(Piramide de los Serpientes Emplumados)
ソチカルコで一番高い場所にあるピラミッドで、ケツァルコアトル神が描かれている。

ソチカルコの古代遺跡地帯

ソチカルコで何気に一番の見所でもある。(多分)

ソチカルコの古代遺跡地帯

本当にこの日は天気もよくて最高の遺跡日和だったわ〜

ソチカルコの古代遺跡地帯

山の上にある遺跡だから見晴らしがマジで良い。きっと敵とかがせめて来た時にすぐわかるようにこのような山の上に城を造ったんだろうなきっと。日本のお城とかもそうだし。

ソチカルコの古代遺跡地帯

遺跡って基本的に全部廃墟だからラピュタ感が出ていていいよね。特にソチカルコは山の上だし、観光客もあんまり居ないのでラピュタ感満載。

ソチカルコの古代遺跡地帯

この遺跡の内部へと続く入り口はこの遺跡の見所のひとつで神秘の洞窟。

ソチカルコの古代遺跡地帯

中はマジで暗い洞窟。

ソチカルコの古代遺跡地帯

洞窟からほぼ一直線真上に直径80cmの吹き抜け穴があり、1.1度だけ北に傾いていて、時期によっては天井にあいた穴から一筋の綺麗な光が見えるそうだ。5月〜8/13までの午後1時頃がベストタイムだそうだ。

ソチカルコの古代遺跡地帯

俺たちが行った時は全然ダメで、ただ上からちょっと光が差し込んでいただけだった。
この穴の光によってソチカルコの人々は春分の日と秋分の日を割り出していたそうで、それを農業に応用していたと考えられている。

ソチカルコの古代遺跡地帯

まぁとにかく天気がよかったからソチカルコの遺跡は最高だった。

ソチカルコの古代遺跡地帯

最後に記念撮影をパシャリ。

ちなみに帰り道はまた、タクシーを捕まえて近くの街のバスターミナルまで連れて行ってもらった。料金は70ペソ。帰りのバス代は微妙に安くて140ペソだった。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : メキシコ

関連記事

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

Museo Nacional de Antropologia 2016年9月7日

記事を読む

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド 12月9日 プエブラに来たからには、せっかくなのでチ

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

モンテ・アルバンへの行き方 12月11日 オアハカのソロカ周辺からモンテ・アルバ

記事を読む

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

11月28日 俺たちは泊まっていた宿で自転車を借りて、もっとも美しいセノーテのひとつと

記事を読む

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

トニナ遺跡への行き方とオコシンゴの安宿

12月21日 サンクリストバルの日本人宿『CASA KASA』に行った時、オーナーのタ

記事を読む

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館

ここメキシコ国立人類学博物館があるメキシコ・シティで栄えた文明でメキシコ人=アステカ人と言っ

記事を読む

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

世界遺産『カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ-メキシコ内陸部の王の道』

メキシコシティの治安と物価 2016年9月1日 メキシコと日本との時差14時間、

記事を読む

オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館

オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館

中米のスター的な文明と言えばやはりマヤ文明だし、ジョジョ好きはアステカ文明も捨てがたいだろう

記事を読む

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ | テンプロ・マヨール博物館

2016年9月1日 人口2000万以上!アメリカ大陸最大の都市メキシコシティー。この人口は

記事を読む

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 トゥルム遺跡は、1200年頃から1542年まで栄えたマヤ文明、最後の都市

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑