ゲーム・オブ・スローンズのロケ地 モロッコ編 | Game of Thrones

公開日: モロッコ

フィント(Fint)

最近、アマゾンプライムでゲーム・オブ・スローンズが始まった。
中世のヨーロッパっぽい雰囲気でドラゴンとかゾンビとか魔法とか出てくるファンタジー系のドラマなんだけれども、意外なほどファンタジー要素が少なくて7王国の王座を巡る国取りの大河ドラマって感じ。

原作は、ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説『氷と炎の歌』で20年以上たった今も連載は終了しておらず、ドラマの方が先に完結するみたいだ。

登場人物はマジで鬼畜並みのクズばっかりでいい奴は早死にすると言うなかなかハードな世界観。
無駄に多いエロシーンと残虐シーンからR15に指定されていて、見ていて辛い時もあるがそれを上回る壮大なストーリーが魅力だ。

これ、三国志とかキングダムなどの歴史物が好きな人は絶対好きだと思うな。
北斗の拳以上に過酷な世界の中でしぶとく生きる王家や武将たちのストーリーがこの物語の魅力。

タイトルであるゲーム・オブ・スローンズとは、Thrones(王座)を巡るゲーム、要するに椅子取りゲームと言う意味。

最近、これにハマっていて毎日見ている。

で、すげー綺麗な風景だな〜
どこで撮っているのだろう?
なんて考えながら見ていたらふと、ある時、俺の知っている場所が写っているではないか!

こりゃヤベェ!
ここに行ったことあるぜ!
早速、自慢しなきゃいけないと思いゲーム・オブ・スローンズのロケ地を調べてみた。

ゲーム・オブ・スローンズは北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、スコットランド、スペイン、モロッコ、アメリカと主にヨーロッパの各地で撮影されている。

しかもドラマは、世界遺産ハンターとして取り上げる題材に相応しくかなり多くの世界遺産を舞台に撮影されている。

ゲーム・オブ・スローンズのロケ地 モロッコ編

モロッコは主にナローシーを渡ったエッソス側のロケ地となっている。
ドラマのパートとしては主にデナーリス(カリーシー)のパートでシーズン1からこのパートだけはストーリーが独立しているのでシンプルでわかりやすい。

モロッコのフィント(Fint)

まずは、デナーリス(カリーシ)が『穢れなき軍団』を連れて行軍する何気ないシーンで
あれ?
おれ、この場所知っている!

砂漠のオアシス、フィント

って思ったのはモロッコのフィント(Fint)。
同じような場所もあるだろうが俺は自分が撮った写真と山の形まで確認して確信を持ったね
実際に歩き回った場所だし間違いない!

多分、この場所をゲーム・オブ・スローンズのロケ地として紹介しているのは日本で俺だけだと思うぜ!

この場所は全然、有名な場所ではなく、俺も偶然行くことになった。映画グラディエイターのロケ地にもなった場所で、近くにはハリウッド御用達の映画スタジオがあり、映画ハムナプトラなどの撮影が行われた。

ワルザザードと砂漠のオアシス、フィント

アイット-ベン-ハドゥ / ユンカイ

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

次に紹介したいのは世界遺産アイット-ベン-ハドゥ
この場所はデナーリスが次に向かった傭兵都市ユンカイ
セカンドサンズが居るところね。

多分、CGなんかで加工しているのだと思うけれども見たとき、あれ?
ここアイット-ベン-ハドゥじゃね?ってすぐにわかった。

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

エッサウィラ / アスタポア

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

最初に穢れなき軍団が登場する奴隷都市。
ここはモロッコでも1、2を争う位にゆったりとした素敵な町で魚のフライが安くて美味しい。
個人的にはモロッコの町で一番好きかもしれない。

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

シーズン1からずっとエロ担当なの?
くらいの酷い扱いを受けていたデナーリスがここで真のカリーシーへと成長するシーンは鳥肌モノ。
この辺りから俺はカリーシーに肩入れするようになる。

ゲーム・オブ・スローンズのロケ地 その他

キングス・ランディング / クロアチアのドゥブロヴニク

ジョフリーやサーセイをはじめとするクズの集まりの王都キングス・ランディング
策略に満ちた危険な場所のロケ地は、有名な世界遺産でもあるクロアチアのドゥブロヴニク。
魔女の宅急便のモデルにもなったと言われているこの場所には、いつか必ず行ってみたいと思っている。

ちなみにシーズン1ではマルタのイムディーナがキングスランディングのロケ地だったそうだ。

ウィンターフェル / 北アイルランドにあるストラングフォード

物語の始まりの場所でネッド・スタークの家。
ゲーム・オブ・スローンズにちなんだツアーもあるそう。
それにしてもスターク家は三国志で言う所の劉備クラスに人徳があるのに酷い扱いだ・・・

ハイガーデン / スペインのアルモドバル・デル・リオ

タイレル家の本拠地
ラスボス的存在であるタイウィン・ラニスターと互角に渡り合える薔薇の女王と呼ばれたあのババアはただもんじゃねー!

ドーン / スペインのアルカサル

マーテル家のサンスピア宮
ここは世界遺産にも登録されている。

王のドーラン・マーテルはいい人そう。

ジョン・スノウが洞窟で○○○を初めてした場所

アイスランド北東部にあるグヨータヤ洞窟。
すごく良さそうな場所なので行ってみたい。

壁の向こう側 / アイスランド

野人とホワイトウォーカーが居る無法地帯。
国立公園ヴァトナヨークトル

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2018/03/17 モロッコ

関連記事

モロッコの世界遺産一覧

モロッコの世界遺産、一覧 全9カ所のリスト

モロッコ王国と言えば北アフリカの中で治安も良く、エジプトと並び、旅行者に人気のある国だ。モロ

記事を読む

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

2016年1月8日〜9日 エッサウィラからアル・ジャジーダまでは民営バスで80dh(約

記事を読む

フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

世界一の迷宮都市、フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

2015年12月19日〜21日 今から半年以上も前の話になる。もはや、日記ではなく回想

記事を読む

サハラ砂漠をラクダで行く

モロッコの治安と物価 | 23泊24日の滞在費は16万6千円、総費用は22万6千円

モロッコの物価 2015年12月19日〜2016年1月11日 1dh = 12.

記事を読む

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

2016年1月6日〜8日 マラケシュからエッサウィラまではスープラツアーズのバスで一人

記事を読む

モロッコ旅飯01

モロッコの旅飯 | モロッコの食事の相場

モロッコの有名なご飯と言えばタジン鍋。フェズに着いておなかが空いていた私達は、バスス

記事を読む

トドラ峡谷(Gorges du Toudra)でトレッキング

トドラ峡谷(Gorges du Toudra)でトレッキング

2016年1月1日 モロッコ サハラ砂漠で年明けを過ごした俺たちは、早朝から次ぎなる目

記事を読む

美しい青い町シェフシャウエン

『シャウエン』美しいモロッコの青い町(シェフシャウエン)

2015年12月21日〜25日 フェズからバスに乗って約4時間、モロッコ北部にあるリフ

記事を読む

サハラ砂漠 モロッコ

サハラ砂漠で年越しと初日の出 | モロッコ

サハラ砂漠で年越しと初日の出 2016年、明けましておめでとうございます。

記事を読む

ワルザザードと砂漠のオアシス、フィント

ワルザザードと砂漠のオアシス、フィント

2016年1月3日〜4日 ティネリールからワルザザードまでひとり40dh。本当はスープ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑