マルボルクからトルンへの行き方

公開日: ポーランド

マルボルクからトルンへの行き方

10月19日

しとしとと小雨が降る中、俺たちはマルボルクから鉄道を乗り継いで中世都市トルンまでやってきた。本当はバスでマルボルクからトルンまで移動したかったのだが何処にバスステーションがあるのかわからず、トルン行きのバスが出ているのかすらわからなかった為になんとか行き方がわかった電車でトルンへと向かう事にした。

GoogleMapで見る限りマルボルクからトルンへは車で約150km、時間にして2時間も掛からない距離となっていたが俺たちが乗った電車は乗り継ぎの関係もあり4時間以上も掛かってしまった。

マルボルクからトルンへの行き方

マルボルクからトルンへの行き方をネットで色々と検索したが全然めぼしい情報がみつから無かった。世界遺産をまわる人ならワルシャワ、マルボルク、トルンと言うルートは魅力的なはずだが如何せん日本語の情報が少なく、かなり苦労した為に俺たちが通った電車のルートを記載しておく。

マルボルクからトルンへの行き方

俺たちはバルト三国からずっとガイドブック無しの旅になってしまっているので地球の歩き方でもあればもっと便利な行き方などが載っているのかもしれない。あれば便利なのだが沢山の国を渡り歩く場合、各国の地球の歩き方など持っていたら重くてしょうがない。

マルボルクを12:13発の電車(恐らくローカル線)に乗ってトチェフ(Tczew)に向かい、トチェフで14:07発の電車(急行で座席指定あり)に乗り換え16:44にトルンに到着した。

マルボルクからトチェフまでは2、30分程度で到着するのでトチェフでゆっくり食事をとってからトルン行きの電車に乗り換える事が出来る。

トチェフで食べた昼飯

トチェフの駅の食堂で食べた昼飯(ポーランド料理)
見た目はなかなかうまそうだがあまり美味しくはなかった。料金は大体10〜15PNL(350〜500円)。

また、マルボルクのチケット売り場では全く英語が通じなかったので日付と行き先を紙に書いて渡した方が無難にチケットを買えると思う。

電車の料金はひとり約50PNL

トルン到着

トルンについても小雨は降り続け、薄暗い天気の中でオールドタウン行きのバス停を探す。鉄道の駅からオールドタウンまでは荷物を背負って歩いて行くにはやや遠い。

トルン

マルボルクでiPad用のSIMを購入したのでGoogle先生に何番のバスで行けば良いか聞いたのだがトルンは田舎だからかGoogle先生も知らないらしく自力でローカルバスを探すハメになってしまった。たまたまバス停に停車していたバスの運転手さんに『オールドタウンに行きますか?』と聞いたところ超ラッキーなことに『行くよ』と英語で答えてくれた。

ポーランドはあまり英語が通じないけれどもロシアほどでは無い。ちょいちょい英語を話せる人がいてくれるのでなんとかなる事が多い。一回、あのロシアでの絶望感を味わうと他の国では大分、気が楽だ。

トルン

鉄道の駅からオールドタウンへはこの暗黒大陸のような橋を越えて行く。ポーランドに着いてからと言うもの天気は毎日曇りで、グレー掛かった空が俺たちの気分を冬にする。

トルン

トルンのオールドタウンにあった建物でアンテナが沢山立っていて秘密基地みたいだった。

トルン

使い古されたスケボーのデッキで作られたベンチ。スケボー少年だった俺はこう言うの大好き。

クッキー屋さん

このオシャレなお店はクッキー屋さん。

トルン

オールドタウンは街並みもオシャレで治安も良さそうだ。

世界遺産『中世都市トルニ』の記事はまた後日。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : ポーランド

関連記事

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区 Historic Centre of Kraków 1978年、世界文

記事を読む

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 英名:Forest of Bialowieza 1979年、世界

記事を読む

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

11月24日 ヴロツワフの百周年記念ホール Centennial Hall in W

記事を読む

クラクフ旧市街

ポーランドの物価と治安 | 26泊28日の滞在費合計は19万6千円

2015年10月10日 〜 11月2日(23泊) (途中、チェコ、オーストリアに滞在) 2

記事を読む

ワルシャワ

ビャウォヴィエジャからワルシャワへの直通バス

ビャウォヴィエジャからワルシャワ 10月14日 午前4時 眠たい目をこすり、気合

記事を読む

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 | ポーランドの世界遺産

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 | ポーランドの世界遺産

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑 Wieliczka Salt Mine ヴ

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

ワルシャワの文化科学宮殿

ワルシャワからバスでザモシチまで

写真は悪の帝国のようにワルシャワに君臨する文化科学宮殿。 旧ソ連の衛星国だった1956年に

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑