バルセロナで起きたテロ事件で思う事

公開日: スペイン 旅のコラム

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

2017年8月17日の17時(日本時間18日の0時ごろ)
スペイン・バルセロナ中心部、ランブラス通りを歩く群衆に白いワゴン車が突っ込んで100人以上もの死傷者が出たそうだ。

このニュースを知った時、俺はあ、知っている場所だとは思ったが遠い国の出来事として感じただけだった。旅に出る一年以上も前の2014年からヨーロッパやスペインを旅していた2015年後半、そして、アフリカを旅していた2016年の前半は常に国際情勢を気にしていた。一つテロが起きるたびにその国には行けるのか?行くのを辞めるべきか、常に選択を迫られていた。

帰国してたったの数ヶ月で、こんなにもテロのニュースが他人事になってしまうのかと自分で自分に驚いた。

日本にいたら遠い国の出来事で終わってしまうような事が当時は当事者としてリアルに感じられていた。もちろん、テロ脅威なんかリアルに感じたくないし、平和に過ごせることはありがたいのだけれどもこんなにも他人事になってしまうのかと驚いた。

今で言えば遠い国のテロ事件よりも北朝鮮とアメリカのチキンレース問題の方がよっぽど深刻に感じられるし、怖い。

バルセロナのテロ事件

今回、テロが起きたのはバルセロナ中心部、ランブラス通り。この場所はバルセロナの空港からバスで市街地行くと大体の人は行くんじゃないかと思われるカタルーニャ広場からガウディのグエル邸へ行く道で、俺たちももろにこの通りを歩いた。途中には大きなメルカード(市場)があり、1ユーロや2ユーロで生ハムスティックを買って、フルーツジュースを飲みながら闊歩した。

通りには沢山のパフォーマーがいて、沢山の観光客で賑わっていた。夜でも治安はとても良くて普通に出歩けるような場所だった。人通りの多いこんな場所に車が突っ込んできたらと思うと恐ろしい。でも自分の知っている場所で、リアルに想像できる場所で起きたテロ事件なのに2015年11月13日に起きた行ったこともないパリの同時多発テロ事件の方が俺たちにはよっぽど恐ろしく感じた。

2015年11月13日当時、俺たちはチェコにいた。これからドイツを通過してパリを目指そうかと考えていた所でパリの事件が起きた。ポーランドやチェコの世界遺産が多くてかなり時間がかかっていたおかげでパリにはいなかった。だけれども細かいルートを全く決めていない俺たちが通るルートによってはパリにいたかもしれない。

その後、フランスは行かないでイタリア、スペインへと俺たちはルートをとった。イタリアのフィレンツェでは物々しい装備の警察や軍隊がマシンガンを装備してドォーモ周辺を警備していた。

アフリカ大陸ではチェニジアに行きたいと思っていたが当時何度かテロが起きているチェニジアは行くのをやめた。

モロッコからトルコへ飛ぼうと思っていたが冬だったためにトルコは辞めて、情勢が少し不安定だけれども今行かないともう行けなくなってしまうかもしれないエジプトへ行く事にした。するとエジプトの安宿で知り合ったサイトーさんにトルコのイスタンブールでテロが起きたと聞かされた。それも世界遺産にも登録されているブルーモスク周辺で。

日程的に俺たちがエジプトではなくトルコを選んでいたとしたら世界遺産ハンターとしてブルーモスクは確実に目指していたと思う。ふと何かに守られている気がした。そして、人間、運が悪いとあっさりと死んでしまう可能性があるんだなと再確認した。

テロだけじゃない。

確率から言ったら事故で死ぬ可能性の方が高い。直接の知り合いでバスが横転した話なんて何人も聞いているし、飛行機が炎上したなんて人までいる。強盗にあった人も何人もいる。もちろん、これらの話は生還者から聞いた話で事故や強盗にあっても生き延びている。でも、実際に同じ宿に泊まった人で、のちに強盗にあって殺されてしまった事をニュースで知った事もある。

世界はきっと日本にいる俺たちが考えているほど危険ではないけれども、旅人たちが思っている以上には危険なんだなと改めて思った。

そして俺たちは運がよく無事に帰ってこれた強運に感謝すべきだと思った。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : スペイン 旅のコラム

関連記事

アントニ・ガウディの代表作のひとつ『グエル公園』

アントニ・ガウディの代表作のひとつ『グエル公園』

Park Guell 12月17日 バルセロナの気候は最高で、スカッと晴れた青空

記事を読む

スペイン4泊5日の滞在費は6万2千円、総費用10万2千円

スペイン4泊5日の滞在費は6万2千円、総費用10万2千円

2015年12月15日〜19日 スペイン、バルセロナに滞在 レートは1ユーロ=133円で

記事を読む

本当の自由を手に入れる恐怖

本当の自由を手に入れる恐怖

人は皆、自由になりたいと思っていると思う、少なくとも俺は自由に生きたいし、自分の好きなように

記事を読む

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

8月31日 東京 朝起きるとまだ八月だと言うのに肌寒く、セミがまだ頑張って鳴いてはいる

記事を読む

2018年正月

一万円で自分の限界を超える | 2018年、感謝の気持ち

2018年、明けましておめでとうございます。 三年ぶりに日本で過ごす年越し。 そば食

記事を読む

グアテマラのアンティグア

人間、体調が悪くなるのには、ちゃんとした理由がある

午後の太陽が力強い日差しで、黒いTシャツをじりじりと焼いている。空は久し振りに青く澄み、緑の

記事を読む

ワルザザード

あなたは、物乞いにお金をあげますか?

アイット-ベン-ハドゥに行った後、俺たちはワルザザードに戻り、次なる世界遺産マラケシュを目指

記事を読む

キューバのクラシックカー

頑張るのをやめる | 2017年の目標

遅くなってしまったけれども、新年、明けましておめでとうございます。 去年の一年間は、本

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

ゆとり世代の若者たちは本当にゆとってるのか?

ニュージーランドのキャンプ文化とワーホリ文化

ニュージーランドの文化 オーストラリアとかニュージーランドは最近、白人たちが乗り込んできて

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑