ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その2

公開日: タイ ヤングエイジ

ミドルエイジ

2008年
日本ではmixiが流行り、フェイスブックがまだ流行っていない時代。
コンパクトCDプレイヤーやMDなどは既にiPodに駆逐されたが
iPhoneはまだ発売されたばかりで、携帯電話は駆逐されていなかった時代。

バンコクではまだWi-Fiが普及しておらず
2001年同様にインターネットカフェが流行っていた。

だが、この時代を界に世界は大きく変わろうとしていた。

タイは微笑みの国、マッサーの国

2008年09月15日

昨夜、雨のバンコックをおさらばして夜行バスでパンガン島へ
本当は鉄道で行きたかったのだけどタイではストが起きていて、南への列車が動いていないので仕方なく夜行バスに乗ってパンガン島へ。

一晩中、バスに揺られて船着場に着いたら船のチケットを出せといわれた。
WHAT’S!!!?

えっ!?チケット???
どうしたっけな俺。。。

よーく思い出してみたらタバコの箱に入れておいて、タバコを吸い終わったから一緒に捨てちまったよ俺。。。
エフ・ユー・シー・ケー!

仕方がないのでもう一回チケットを買わされる羽目に。。。
まぁ大したことねーだろと思ったら意外と高かった。
DAMN IT!

日本円にすると大体2000円、こっちじゃそこそこのホテルに泊まれる金額。
まぁそういう事はとっと忘れて GO!

夜行バスでは【ゆうこ】と言う女子大生と会って暇な時間が大分軽減された。彼女はタオ島へダイビングに行くらしい。
まぁ俺もそうなんだけどパンガン島で今夜、フルムーンパーティがあるとの事なので俺はまずパーティに行ってからタオ島へ行くことにした。
じゃ、また明後日ね BYBY!

久々に若い子と話をしたけど若いっていいね、、、
こんなことを言う俺もおっさんになったもんだ
MIDDLE AGE

何はともあれ昼ごろには無事、パンガンに到着。
気になるお天気は快晴!Great!

ジメジメしたバンコクとはおさらば、やっぱり南の島は快晴じゃないとね
パンガン島は5、6年位前に一度来たことはあるのだけど久しぶりすぎてまったく覚えてない。(バンコクは何度も行ったりしているのでしっかり覚えていた。)FORGET?

取りあえずビーチに行ってトップレスのファラン(タイ人から見た西洋人の事)を眺めて軽くバチャバチャと海に入ってみたりなんだり。
これこそ夏AGAIN!
じめついたバンコクなんぞとっと出てきて正解。

夕方には疲れを癒すためにアロママッサージ。
タイに着いてから毎日マッサージを受けているけどどんどんグレードアップしてきている。
最初はフットマッサー、次にタイマッサー、次はオイルマッサー、でもって今日はアロママッサー。
Very Good!

タイに着いたらまずやらなければいけない事をあげるなら

1にマッサー
2にフルーツシェイク
3、4は特にないけどフルーツシェイクとマッサーは欠かせない。
あとカオマンガイ。 It’s Soul Food!

日本でマッサーしたら一時間5000円以上しちゃうけどたタイ式マッサーは大体500円~1000円位
俺は今日、一番高い贅沢コースのアロママッサー90分コースを選んだのだけど1500円位だった。

うーんGreat!
さてマッサーも終わった事だし本場のレッドブルでもかっ食らってそろそろフルムーンパーティに行ってくるぜ!

Let’s Party!!

あとがき

パンガン島ではすぐに5、6人の日本人と友達になった。
どいつもこいつも、ほんのちょっと若かった頃の俺みたいな感じで物価の安い海外でブラブラと遊んでいる若者だった。

ゼブラじゃないけれども、こういうやつらは大体同じ、ヒマそうな奴らは大体友達。

旅行中ってみんな、心にゆとりがあるから変にトンがったりイキがったりしている奴ってほとんどいなくて
ユルユルの精神状態だから小学校の頃、その辺の公園で知らない奴と仲良くなるくらい気軽に友達になれる。

余談だけれどもこの時にパンガン島で友達になった子に誘われて俺はfacebookを始めたんだ。
まぁその後、何年も全く使っていなかったんだけれども。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/12/19 タイ ヤングエイジ

関連記事

バンコクから気軽に行けるおすすめのビーチ『サメット島』

バンコクから気軽に行けるおすすめのビーチ『サメット島』

2月23日〜3月1日 ドバイから始まってロシア、ヨーロッパ、アフリカとまわってきた俺た

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その後

ダイビングのライセンスを取ったその後 もうすぐ帰国、、、 2008年09月20日

記事を読む

バンコク・カオサンロード

微笑みの国へ | Young Age Vol.02

2001年6月20日 デジタルがアナログを駆逐する少し前の時代。 人々は、フィルムカ

記事を読む

ヤングエイジ12

タオ島 | Young Age Vol.12

写真は2016年パンガン島にて 2001年7月1日 いよいよ七月に入った。 け

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く | ヤングエイジ外伝 「ミドルエイジ」

2001年7月 初めてタオ島に来た時、いつかダイビングのライセンスを取るのだと心に決めた。

記事を読む

ヤングエイジ

旅の写真、被写体はそこにある | Young Age Vol.25

マクドナルドの安心感 2001年7月19日 朝起きて体調を確かめる。 胃がまだ

記事を読む

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』のロケ地となったピーピー島を目指して

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』のロケ地となったピーピー島を目指して

6月22日 シンガポールからひたすら北上しながら世界遺産をハントして来た俺たちは、ペナ

記事を読む

ジャランジャクサ

ジョグジャカルタ | Young Age Vol.32

2001年7月25日 ジョグジャカルタ 早朝、ジョグジャカルタに辿り着いた。

記事を読む

船旅

いざ、船旅へ | Young Age Vol.27

いざ、船旅へ 2001年7月22日 朝7:30 眠たい目を擦り、出発の準備を整

記事を読む

シンガポール

深夜特急を読んで | Young Age Vol.22

What am I doing here? 俺は旅をしながら何度もそんなことを考えた。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑