アフガニスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

アフガニスタンの世界遺産、一覧

アフガニスタン・イスラム共和国の首都はカーブルで、公用語はパシュトー語、ダリー語。通貨はアフガニ (AFN)で宗教はイスラム教のスンナ派が約85%、シーア派が約14%と言われている。アフガニスタンの治安は最悪で、ある意味危険な国の代名詞でもあり今回の旅行で行く事は無い。日本の外務省よりアフガニスタン全土に退避勧告が出ている。常時戦闘中と言う訳では無いがいつ、テロや戦闘が始まるかわからないと言われているのでとてもじゃないが旅行どころではない。

世界文化遺産

ジャムのミナレットと考古遺跡群

英名:Minaret and Archaeological Remains of Jam
スルターン、ギヤースッディーン・ムハンマドが築いたとされるミナレット(尖塔)
2002年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv) / 危機遺産

ゴール州、ハリー川とその支流ジャーム川の合流点のほとりにあるゴール朝(グール朝)のスルターン、ギヤースッディーン・ムハンマド(在位:1163年 – 1202年)が築いたとされるミナレット(尖塔)。このミナレットの建設の目的は明らかではなく「凱旋記念碑」、「昔あったモスクの残骸」など様々な説がある。
構成資産は『ミナレット周辺の遺跡』、『ユダヤ人墓地』、『アラビア語の碑文』、『貯水池』。

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群

英名:Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley
1000以上にもの石窟がある古代以来の都市
2003年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iii)(iv)(vi) / 危機遺産

バーミヤン渓谷にある古代以来の都市バーミヤーン(バーミヤン)の町を中心とするヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯で1世紀からバクトリアによって石窟仏教寺院が開削され始め、1000以上にもの石窟がある。2001年にターリバーンはイスラムの偶像崇拝禁止の規定に反しているとしてバーミヤンの大仏2体を破壊した。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

ホンジュラスの世界遺産、一覧

ホンジュラスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ホンジュラス共和国の首都はテグシガルパで、公用語はスペイン語。宗教はキリスト教で主にカトリッ

記事を読む

スリランカの世界遺産一覧

スリランカの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

インドの右隣にある島国、リランカ民主社会主義共和国。通称セイロン島はあの有名な紅茶セイロンの

記事を読む

王立展示館とカールトン庭園 | メルボルンにある世界遺産

王立展示館とカールトン庭園 | メルボルンにある世界遺産

5月8日 久し振りに快適なベットの上で目が覚めた。 ケアンズからメルボルンまで2

記事を読む

ウルグアイの世界遺産

ウルグアイの世界遺産 | コロニア・デル・サクラメントの歴史的街並み

ウルグアイ東方共和国の首都はモンテビデオで、公用語はスペイン語。通貨はウルグアイ・ペソで物価

記事を読む

デンマークの世界遺産、一覧

デンマークの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

デンマーク王国はドイツの北に位置し、ヴァイキングとして有名なノルマン人が8世紀〜11世紀にか

記事を読む

インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

インドネシアにはかなり昔に一度、行った事がある。初めてのバックパック旅行でタイからマレーシア

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

東大寺、奈良の大仏

奈良の大仏で有名な東大寺(とうだいじ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その3

元興寺を後にして東大寺を目指すのだが歩くには少し遠いいし何より時間が惜しい。元興寺のすぐ近く

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

12月12日 俺たちは、オアハカから行けるもうひとつの世界遺産『オアハカ中部渓谷ヤグル

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑