世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

公開日: グアテマラ 世界遺産

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

グアテマラにある古都、アンティグア。ヨーロッパ建築の立ち並ぶ石畳の狭い路地を走る沢山の車、廃車寸前のボロい車から吐き出される黒い煙のせいで空気が悪い。ヨーロッパで散々、旧市街を巡ってきた俺たちに物珍しいものは無く、正直なところ面白みの無い世界遺産だと思った。

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』

アンティグアの物価は途上国のわりに高く、メキシコシティよりも少し割高な気がする。そんなアンティグアに長期滞在している理由はスペイン語の勉強の為だった。しかし、一ヶ月以上も滞在すると少し愛着がわいてくる。

世界一安いスペイン語留学 | グアテマラのアンティグア

この街は、中南米の中ではかなり治安の良い街で、夜もそんなに遅くならない限り気兼ねなく出歩けるし、必要なものは一通り揃う。たちの悪い物売りや乞食にひつこく絡まれたりしないし、大通りを避ければ排気ガスもそこまで酷くない。

アンティグアの夜景

なによりも途上国にしてはアジアやアフリカなどのようにしつこく付きまとわれるようなウザさが無くて人々が凄く良い。なにせ、この街は、俺の憧れたマヤの末裔が住む街なのだ。

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』

路上で果物などを売る少女の顔つきは、浅黒いがどことなくアジア人にも見えなくはない。マヤの末裔は、俺たちと同じモンゴロイドだと言う事が良くわかる。遠い昔に、アフリカで発祥したと言われる人類が、何世代も何世代も掛けて、徒歩で地球の裏側までやってきたと思うと気が遠くなる。

それから何万年と言う時を経て、別々の文明を築いたスペイン人たちが船に乗ってやって来る。アンティグアとはスペイン語で古いと言う意味で、『アンティグア・グアテマラ』とは、古いグアテマラと言う意味だ。しかし、一目で俺たちと同じ人種だと分かるマヤの末裔の顔を見ていると、この長い長い、人類の歴史からしたらスペイン人がやってきたのはごく、最近の事なのではないかと思ってしまう。

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』

英名 : Antigua Guatemala
1979年、世界文化遺産に登録

アンティグアはグアテマラで3番目の首都であった場所で、1543年にスペイン人のコンキスタドールによって建設され、約200年もの間、首都として栄えた。

1717年の大地震で街は崩壊し、さらに1773年のサンタ・マルタ地震によって首都が移転される事となる。

アンティグア

アンティグアの街には崩壊した教会の残骸が多く残されている。

アンティグア

街全体としてはパステルカラーのキレイな建物が数多く残されており、街並はほぼヨーロッパ。

アンティグア

同じスペインの植民地でフィリピンに残る、ビガン歴史都市にも行った事があるが規模は明らかにアンティグアの方が大きい。また、建物もグアテマラ人の方がかなり奇麗に修復して使っており、カフェなどはかなりオシャレ。

ビガン歴史都市 | 16世紀のスペイン統治時代の街並みが今も残る世界遺産

アンティグア

街の中心にある教会、アンティグア・グアテマラ大聖堂。

アンティグア

スペイン風の建築物がしっかりと残っている、街の中心はフィリピンと違い、ヨーロッパがそのまま残っている感じだった。

アンティグア

街には沢山のお土産物屋さんやオシャレな雑貨屋さんなどがある。俺たちはスペイン語を勉強しに来ているから忘れがちだが、ここはれっきとした観光地だ。

十字架の丘

個人的にアンティグアの街で一番の見所は十字架の丘。

十字架の丘

街から20〜30分で歩いていける丘の上にあり、アンティグアの街を一望出来る。これからここへ向かう人に一言だけアドバイスをするならば、午前中がオススメ。午後は逆光になってしまうらしい。

十字架の丘

ペンション田代で一緒だったカイちゃん

十字架の丘

モロッコで何度も会った『しんしょーハイド
このユニフォームって、もしかしてマラケシュでかなり値切って買ったとか言ってたやつじゃない???
なつかしーな〜

遥か遠くのアフリカ大陸で出会った奴に、グアテマラで、また再会した。彼はこれから北へ向かい年内には帰国するそうだ。もう、この旅で俺たちのルートが交差する事は無い。俺たちの長い旅もあと半年もしないうちに終わるんだろうな。

同じ時期に世界を旅した仲間との別れに、ついつい自分たちの旅の終わりも意識させられる。俺たちにはまだ南米大陸がまるまる残っていると言うのに。

十字架の丘

みんなで記念撮影をパシャリ

アンティグアの夜景

最後にアンティグアの夜景を少し。

アンティグアの夜景

夜景が撮れると言う事はそれだけ治安が良いと言う事だ。中南米はビビリまくっていたけれども治安の良いところもあるんだな。

アンティグアの夜景

夜はいっそうオシャレ。

アンティグアの夜景

夜のアンティグアは、昼間よりも更にヨーロッパっぽい雰囲気になる。

なんだかんだで一ヶ月以上も居るアンティグアだけれどもそろそろ旅立つ時が近づいてきたようだ。来週には5週間も通った学校も終わるので、そろそろ旅を再会する事になる。

長い間、休んでいたブログもそろそろ再会する事になる。

いつも読んでくれている人、ありがとう!

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : グアテマラ 世界遺産

関連記事

中央アフリカの世界遺産、一覧

中央アフリカの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

中央アフリカ共和国の首都はバンギ、公用語はフランス語で国語はサンゴ語。通貨はCFAフラン (

記事を読む

夜のオペラハウス

オーストラリアの世界遺産、一覧 全19カ所のリスト

オーストラリアの世界遺産は本当に凄い!そのほとんどが自然遺産か複合遺産で俺好みの世界遺産が沢

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

オランダの世界遺産一覧

オランダの世界遺産、一覧 全10カ所のリスト

2014年、『ファン・ネレ工場』が世界遺産に登録されて10カ所になったオランダの世界遺産。オ

記事を読む

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

シュテファン寺院

オーストリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

オーストリア共和国は中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦で負ける

記事を読む

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

ギリシャの世界遺産一覧

ギリシャの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

地中海文明のルーツの一つであるギリシャはヨーロッパ、アフリカ、アジアの文明の接点に位置し、そ

記事を読む

世界遺産

世界遺産が多い国ランキング2017年 全167ヶ国

2017年7月にポーランドのクラクフで開催された世界遺産委員会で、追加されたユネスコの世界遺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑