バーレーンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

バーレーンの世界遺産、一覧

バーレーン王国の首都はマナーマで、公用語はアラビア語。通貨はバーレーン・ディナール (BHD)。宗教はイスラム教が国教でシーア派が約75%、スンニ派が約25%となっている。バーレーンはアルファベットでBahrainだが『バハレーン』と言う。

世界文化遺産

カルアト・アル-バフレーン-古代の港とディルムンの首都

英名:Qal’at al-Bahrain – Ancient Harbour and Capital of Dilmun
古代にディルムンの首都だったと考えられている場所
2005年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)

首都マナーマの西方にある紀元前3千年紀から16世紀に至るまでの居住区、商業地域、宗教地域、軍事施設や港の跡などの遺跡と17世紀にポルトガルによって建設された要塞。古代にはディルムンの首都であったと考えられている。

島の経済を表す真珠産業遺産

英名:Pearling, testimony of an island economy
石油発見以前の主要産業であった天然真珠の一大産地
2012年、世界文化遺産に登録 / (iii)
バーレーンの真珠採取業は紀元前2000年頃からあると考えられており、石油発見以前はペルシア湾一帯が天然真珠の一大産地となっていた。これらの産業は1000年以上の間、伝統的に続けられてきた。なかでもムハッラク島は当時を偲ばせる建造物群が並ぶ「バーレーン真珠採取の道」(Bahrain pearling trail) が残っており、それらと一部の関連する漁場などが世界遺産として登録されている。
1930年代以降は養殖真珠や世界恐慌の影響を受け衰退していったが、バーレーンに油田が発見された為、石油の国へと変貌していった。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

2016年12月26日〜29日 カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺

記事を読む

カレル橋

チェコの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

チェコ共和国には千年の歴史を誇る世界遺産『プラハ歴史地区』をはじめとする12カ所の世界遺産が

記事を読む

ベルギーの世界遺産、一覧

ベルギーの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

ベルギー王国と言えば、世界遺産が11件もある国なのにベルギーワッフル位しか思いつかない己の貧

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 Historic Centre of Riga 1997年、世界文化遺産に

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

記事を読む

中央アフリカの世界遺産、一覧

中央アフリカの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

中央アフリカ共和国の首都はバンギ、公用語はフランス語で国語はサンゴ語。通貨はCFAフラン (

記事を読む

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴ

記事を読む

スウェーデンの世界遺産一覧

スウェーデンの世界遺産、一覧 全15カ所のリスト

スウェーデン王国は西にノルウェー、北東にフィンランドと言ったオーロラが観測出来る地域に位置し

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑