フィリピン・コルディリェーラの棚田群 | バナウェにある天国への階段と呼ばれる世界遺産

フィリピン・コルディリェーラの棚田群 | バナウェにある天国への階段と呼ばれる世界遺産

Rice Terraces of the Philippine Cordilleras

サガダを後にした後、世界遺産『フィリピン・コルディリェーラの棚田群』を目指してバナウェへとやってきた。

天国への階段と呼ばれる美しい棚田のトレッキング

バナウェでは世界遺産であるバタッド村へトレッキングに行くことが出来る。トレッキングは観光案内所や近くの安宿でガイドを頼みトライシクルかジプニーで約1時間、その後に往復で約6時間のトレッキングを楽しむ事が出来る。

バタッド村の近くにはバタッド・ライステラスと共に世界遺産に登録されたバンガアン・ライステラスがあり、世界遺産ハンターとしては両方とも見ておきたかったのでバンガアン・ライステラスに寄ってもらって上から写真だけ撮り、バタッド・ライステラスへのトレッキングを始める事にした。料金はトライシクルのチャーター料金+ガイド料で1800ペソ(約5000円)。サガダと比べるとバナウェは格段に高く付く。

バンガアン・ライステラス

英名:Bangaan Rice Terraces

バンガアン・ライステラス

人口100ほどの小さな村、バンガアン村のライステラスで世界遺産に登録されている。バンガアン村に歩いて下る事も出来るらしいが一番有名なバタッド村へトレッキングへ行く為にこの日はバンガアン・ライステラスの写真を撮るだけにしてバタッド村へと向かった。

バタッド・ライステラス

英名:Batad Rice Terraces

世界遺産バタッド・ライステラス

バナウェのメイン的なライステラスで世界遺産に登録されている。1時間以上山道を下るとバタッド村へ行くことが出来る。

バタッド・ライステラス

流石に一番、メインとなっている世界遺産だけあって壮大な眺めだった。

バタッド・ライステラス

俺たちはバタッド・ライステラスの奥にある山を越えてタッピヤウォーターフォールに向かうため黙々と棚田を歩き続けた。

バタッド・ライステラス

バタッド・ライステラスへはかなり歩くので体力的にはキツいが満足度はかなり高い世界遺産だった。この素晴らしい棚田をトレッキング出来るなんて本当に素晴らしい、けどめっちゃ疲れた。

タッピヤの滝

英名:Tappiya Waterfall

タッピヤの滝

バタッド・ライステラスを超えて山道を抜けると見えて来たのはタッピヤの滝。結構、大きな滝で見応え十分。俺たちはほぼ休まずに山を下りこの滝まで降りて来たので大体、1時間半くらいでこの滝まで辿り着いた。

タッピヤの滝

この滝で泳いだり出来るのでひと泳ぎして、汗を流す事が出来る。水はかなり冷たいがここに辿り着くまでに汗だくになるのでかなり気持ちよかった。タッピヤの滝で一休みした後にバタッド村へ向かい、帰る事にした。

行きは1時間半だったが帰りは途中、お昼を食べたり、雨宿りしたり、ガイドの子がバテて動けなくなってしまったので3時間半も掛かってしまった。

ガイドなのに俺らより先にバテるってどういう事だよ?
流石に担いで帰る訳にも行かないので休み休み、ガイドを励ましながらなんとかトライシクル乗り場まで帰る事が出来た。

日帰りコースは歩き慣れていない人にはそれなりにキツく、次の日は筋肉痛で足が痛かった。

フンドアン ライステラス 世界遺産の中にある温泉

英名:HUNGDUN RICE TERRACES

フンドアン ライステラス

次の日、筋肉痛の足にムチを打って出かけたのが世界遺産に登録されているフンドアンライステラス。バナウェからは途中で写真などを撮りながらトライシクルで約1時間ほど。帰りにバナウェビューポイントに寄ってもらう料金込みで900ペソ。また、温泉に行くにはガイドを雇う必要があり、料金はたしか800ペソ位。今回はトライシクルのドライバーさんがガイドをしてくれると言う事でドライバーさんにお願いした。料金はわずか250ペソ。

フンドアン ライステラス フンドアン ライステラス

フンドアン ライステラスは美しいあぜ道を約45分ほど歩くとなんと温泉がある。昨日歩いたバタッド・ライステラスのアトラクションのようなあぜ道と違い、かなり歩きやすくのどかな田舎道を歩いているようでかなり気持ちがよかった。

フンドアン ライステラス イフガオ族の収穫

丁度、収穫の時期らしくイフガオ族の方が収穫をしていた。この田園風景はかなり美しくバナウェに行くならフンドアン・ライステラスも是非おすすめ。

フンドアン ライステラス

収穫前のバナウェライス。凄く綺麗な色をしていた。

バナウェにある温泉

あぜ道を抜けるとようやく温泉に到着。温泉は適度にぬるくゆっくりと浸かる事が出来た。お風呂に入るのはフィリピンに来てから初めてなので実に一ヶ月以上ぶり。地元の子供達と一緒に前日の足の疲れをゆっくりと癒す。また、温泉の水はめちゃくちゃ綺麗でとても気持ちがよい。

バナウェビューポイント

英名:Banaue view point

バナウェビューポイント

バナウェの紹介などによく使われる有名なビューポイント。ここからの眺めは絶景でここからバナウェの町までトレッキングをして帰ることも可能。所要時間は約3時間、かなり気持ちの良さそうな道だったので歩いて帰りたかったがこの日の夜にはマニラ行きの夜行バスに乗る予定だったし前日の疲れもあったので断念。もし、またバナウェに来る事があればここから是非トレッキングをしてみたい。

iPhoneで撮影したバナウェビューポイント。

イフガオ族

バナウェビューポイントにはイフガオ族の方が居て一緒に写真を撮ったり写真を撮らせてもらったりする事が出来る。料金は特にないのだが写真を撮らせてもらったらドネイション(寄付)が必要。大体20ペソ〜50ペソ程度。

イフガオ族の音楽。

バナウェへの行き方

バナウェの行き方はマニラから夜行バスに乗って約10時間かけて行くか、バギオからバスで約6時間かけてボントックへ行きそこからミニバンかジプニーに乗り換えて約2時間。

俺の場合、サガダからバナウェを目指したのでボントックまでジプニーで行き(40ペソ、約45分)ボントックからジプニーで約2時間、料金は150ペソ。サガダはとても良い町なのでバナウェに行くならぜひ寄る事をおすすめする。

サガダの安宿で出会った欧米人夫婦とトレッキング | エコーバレー

バナウェからマニラへの行き方

バナウェからマニラまでは毎日19:00からOHAYAMIトランスと言う会社のバスが運行しており約9時間〜10時間で到着。トイレ休憩は2〜3時間に一回で三回あった。寝る事が出来れば良いが寝れないとかなりキツい。(マニラに到着するのが朝の4時〜5時ごろ)

世界遺産『フィリピン・コルディリェーラの棚田群』

英名:Rice Terraces of the Philippine Cordilleras

コルディリェラ山脈の中央に約2000年前にイフガオ族によって作られたと言われている美しい棚田群で『天国への階段』とも呼ばれている。これらの棚田を平にのばすと、地球半周分(2万km)もあると言われている。ちなみにコルディリェーラとはスペイン語で山脈と言う意味。

1995年にユネスコの世界遺産に登録された。

最近は観光地化が進んでおり道路などもどんどん出来ている。また、若者の都会への流出による人手不足によって景観の維持が難しくなっているそうだ。アクセスが悪いため、行きづらい世界遺産だったが見応えはかなりあるのでおすすめ。

バナウェの安宿

俺たちが泊まったバナウェの安宿はピープルズロッジ&レストラン。テラスからの景色が最高でレストランの飯もうまい。

People’s Lodge & Restaurant
住所:Poblacion, Banaue
電話:074-386-4014
料金はダブルで600〜700ペソ。

レストランでの食事は大体、一品100〜200ペソでかなりうまかった。俺のオススメはフライドライス(チャーハン)90ペソ。朝食はアメリカン120ペソ(トースト3枚と目玉焼きにコーヒー付き)。また、カレーやチキンアドボ(フィリピン料理)もおすすめ。

何よりテラスからの眺めが最高で特に朝の景色は最高のおかずとなる。

フィリピンの世界遺産一覧、全6カ所のリスト

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 フィリピン 世界遺産

関連記事

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群のひとつクルアニ国立公園 | カナダの世界遺産

写真は帰りの便で撮ったホワイトホース上空から見た北カナダの山岳地帯。 アラスカ・カナダ国境

記事を読む

中央アフリカの世界遺産、一覧

中央アフリカの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

中央アフリカ共和国の首都はバンギ、公用語はフランス語で国語はサンゴ語。通貨はCFAフラン (

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

2016年1月4日 砂漠のオアシス、フィントを後にした俺たちはそのまま世界遺産『アイッ

記事を読む

ベネズエラの世界遺産、一覧

ベネズエラの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ベネズエラ・ボリバル共和国の首都は世界遺産にもなっているカラカスで、公用語はスペイン語、宗教

記事を読む

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

日光の社寺

新宿から片道わずか1660円、日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

先日、栃木県にある世界的に有名な観光地『日光の社寺』に日帰りで行ってきた。日光東照宮、日光山

記事を読む

ホンジュラスの世界遺産、一覧

ホンジュラスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ホンジュラス共和国の首都はテグシガルパで、公用語はスペイン語。宗教はキリスト教で主にカトリッ

記事を読む

ハンガリーの世界遺産、一覧

ハンガリーの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられた美しい街で、一番の見所となっている。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑