ベルギーの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

公開日: 世界遺産

ベルギーの世界遺産、一覧

ベルギー王国と言えば、世界遺産が11件もある国なのにベルギーワッフル位しか思いつかない己の貧弱な知識を責めながら、ベルギーにどのような世界遺産があるのかを調べた。その他、ベルギーと言えば『フランダースの犬』、『タンタンの冒険』、『しょんべん小僧』などが日本人としては、なじみ深い。

世界文化遺産

フランドル地方のベギン会修道院

13世紀にベギン会の女性たちが共同生活を送っていた場所
1998年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)

オランダやベルギーに残るベギン会修道院の内、フランドル地方にある下記の13件が世界遺産として登録されている。『ホーフストラーテンのベギン会修道院』、『リールのベギン会修道院』、『メヘレンのベギン会大修道院』、『トゥルンハウトのベギン会修道院』、『シント=トロイデンのベギン会修道院』、『トンヘレンのベギン会修道院』、『デンデルモンデのベギン会修道院』、『ヘントのベギン会小修道院』、『ヘントのシント=アマンズベルフ・ベギン会修道院』、『ディーストのベギン会修道院』、『ルーヴェンのベギン会大修道院』、『ブルッヘのベギン会修道院』、『コルトレイクのベギン会修道院』。ブルージュのベギン会は、1245年にフランドル伯夫人、マーガレットによって設立され、現在はベネディクト修道院としてシスターたちが神に仕える生活を送っている。

中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)

19世紀の産業風景を残す世界遺産
1998年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)
エノー州のラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河にかかる4つのボートリフト(水力式の船舶昇降機)が世界遺産として登録されている。19世紀末〜20世紀初頭にかけて建造された、この4つのリフトは現在も建造当時のままで稼動している。

ブリュッセルのグラン-プラス

文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」と称した広場
1998年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

グラン=プラスはブリュッセルにある大広場で、世界で最も美しい広場のひとつと言われている。周辺には市庁舎、ギルドハウス、王の家、ブラバン公の館といった15世紀~17世紀の歴史的建物に囲まれている。ベルギーで一番の見所のひとつで、世界的に有名なあの小便小僧もグランプラスから歩いていける。

ベルギーとフランスの鐘楼群

ベルギーとフランスにある合わせて56の鐘楼
1999、2005年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)
『ベルギーとフランスの鐘楼群』とはベルギーとフランスにある合わせて56の鐘楼でベルギーのアントウェルペン州、ウェスト=フランデレン州、オースト=フランデレン州、フラームス=ブラバント州、リンブルフ州、エノー州、ナミュール州にある。フランス側はフランスのノール=パ・ド・カレー地域とソンム県にある。

ブリュージュ歴史地区

「屋根のない美術館」の異名を持つ、中世の街並み
2000年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)(vi)

ブリュージュは13世紀〜14世紀にかけて毛織物工業で栄えた町で、中世には一大貿易拠点として繁栄した。主な建造物は『聖救世主教会』、『聖血寺院』、『聖母大聖堂』、『グルニング美術館』、『聖ヨハネ病院』など。中でもミケランジェロ作の聖母子像が保管されている『聖母大聖堂』は俺的に一番行きたい場所。
この街には別の世界遺産として登録されている「フランドル地方のベギン会修道院群」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」の構成資産の一部もある。

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)

アール・ヌーヴォー建築家ヴィクトール・オルタが手がけた4件の邸宅
2000年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iv)
19世紀末から20世紀初頭にかけてアール・ヌーヴォー建築家の中心的な存在だったヴィクトール・オルタが手がけたブリュッセルにある4件の邸宅がユネスコの世界遺産として登録されている。登録されている4件の邸宅は『タッセル邸』、『ソルヴェー邸』、『ヴァン・エドヴェルド邸』、『オルタ邸』で、美術館になっているオルタ邸以外は全て私邸なので、一般観公開はされていない。

スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)

ヨーロッパ最大規模の古代採石場
2000年、世界文化遺産に登録 / (i)(iii)(iv)
エノー州、モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地は、古代採石場ではヨーロッパで最大規模を誇る最古の遺跡で、6000年以上前の新石器時代のもの。火打石用の鉱石を掘るための採石場と考えられている。現在採掘場は一般公開されていないようだが年間に9日、見学が出来ると言う情報もある。
アクセスは首都ブリュッセルから電車で約45分

トゥルネーのノートル-ダム大聖堂

中世より愛され続けた街のシンボル
2000年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)
トゥルネーのノートルダム大聖堂は、ワロン地方エノー州にある全長134メートル、高さ83メートルを筆頭とする5つの塔がそびえる大聖堂で、12~14世紀に建造されたベルギーの代表的な建築物でユネスコの世界遺産に登録されている。現在、外観は1999年の竜巻の被害で建物自体が歪んでしまった為に2000年から修復中で2030年に完成予定、内部は無料で見学出来る。また、この町には世界遺産『ベルギーとフランスの鐘楼群』もあるので合わせてまわりたい。
アクセスはブリュッセル中央駅から国鉄で約1時間

プランタン-モレトゥスの家屋-工房-博物館複合体

16世紀後半に大規模に印刷・出版事業をおこなっていた工房
2005年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)(vi)

アントウェルペンにあるプランタン=モレトゥス博物館は、16世紀後半に大規模に印刷・出版事業をおこなっていたクリストフ・プランタンの工房、「オフィキナ・プランティニアナ」を起源とする印刷・出版業の博物館で、この印刷工房があった事によりアントワープは中世、ヨーロッパの三大印刷都市と呼ばれる事になった。

ストックレー邸

ブリュッセルのアールヌーボー・アールデコ
2009年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)
1905年〜1911年にかけてオーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンによって建築された、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレー(Adolphe Stoclet)の私邸でアールデコの先駆けとなった。残念ながら一般には公開されていないが外観は見る事が出来る。
場所はブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群

19~20世紀のベルギーの炭鉱
2012年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)
19世紀~20世紀初頭にかけて採掘された4つの炭鉱跡で、19~20世紀のベルギーの炭鉱で、もっともよく保存された例として世界遺産に登録されている。登録物件は『グラン・オルニュ』、『ボワ・デュ・ルック』、『ボワ・デュ・カジェ』、『ブレニー・ミール』の4件。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

バングラデシュの世界遺産、一覧

バングラデシュの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

バングラデシュ人民共和国の首都はダッカで1971年にパキスタンから独立したイスラム教徒主体の

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

トルクメニスタンの世界遺産、一覧

トルクメニスタンの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

トルクメニスタンはカラクム砂漠が国土の85%を占めている国で永世中立国。首都はアシガバートで

記事を読む

イギリスの世界遺産一覧

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト(2014年) 2014年、世界遺産が多い

記事を読む

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

モンテネグロの世界遺産、一覧

モンテネグロの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モンテネグロはユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロを経て2006年6月3日に独立した。首都

記事を読む

セルビアの世界遺産、一覧

セルビアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

セルビア共和国は、旧ユーゴスラビアの中央にあり、政治的に中心となる国だった。世界遺産は全部で

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト

記事を読む

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群 | ロシアの世界遺産

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群 | ロシアの世界遺産

かつて政帝ロシアの都でいつの時代も文化の中心であるサンクトペテルブルク(サンクト・ペテルブル

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑