ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森

英名:Forest of Bialowieza
1979年、世界自然遺産に登録

ビャウォヴィエジャの森

ビャウォヴィエジャの森はポーランド東部とべラルーシ西部の国境にまたがる、ヨーロッパ最大の森林地帯でヨーロッパ最後の原生林と言われている。また、ヨーロッパバイソンの棲息地としても知られている。

ヨーロッパで最も人の手が及んでいない原始林で、絶滅が危惧される動植物の個体群を保護する為、世界遺産として登録された。

アクセスはビャウィストクからバス、またはワルシャワから直行バスが出ている。

入場料はひとり6PNLで入場するにはガイドの人を雇わなければならずガイド料は225PNL(約8千円)で10人まで行くことが出来る。しかし、俺たちが行った時は完全にオフシーズンで他にだれもおらず俺たち二人だけ、仕方が無いのでガイド料225PNLと入場料を払って約3時間のツアーに行ってきた。

俺たちの他に誰もいない森を探索出来るのは贅沢な話だがポーランドに来てから結構、お金が掛かるのが辛いところ。

ビャウォヴィエジャの森

ガイドの人は英語の話せる人をお願いしたので、しっかりと英語で説明してくれたのだがあまりにもしっかりとした説明過ぎて難しくて全然理解出来なかった。普通の会話なら大体分かるのだけれども説明の部分になると単語が専門的過ぎてさっぱり分からず、己の英語力の無さに凹む。

ガイドの人はペラペラと一生懸命に説明してくれるのだがもはや適当にアーハンとかアイシーとか言ってごまかすしか無い。しかもちゃんとしたガイドさんなので色々と説明してくれるのだけど一旦、聞き取れないと諦めるとマジで何を言ってるのかさっぱり分からず聞き流すのが苦痛でしかない。ガイドさん、本当にごめんなさい。

そんな俺でも多少は理解出来るところと簡単な質問をして少しはビャウォヴィエジャの森について勉強をする事が出来た。

ビャウォヴィエジャの森

あそこに鳥がいるとか、あの鳥はウッドストックだとかウッドストックは頭が赤くて帽子をかぶってるみたいだとか、木に穴を開けて虫を食べるから森のドクターと言われているとかそんな簡単な事だけど。

ビャウォヴィエジャの森

また、大木などは木が死んでも10年とかそれ以上、立ったままになっているそうだ。倒れている大木など死んでから数十年たってようやく全部、虫などによって朽ち果てるそうだ。原始林なので様々な要因で木が死んで新しい木が生えてくるからこの辺の木の年齢はまちまちなのだそうだ。

ビャウォヴィエジャの森

薄暗い森、朽ち果てた木々、うっそうと茂るコケやキノコ、鳥達のさえずり、この森は自然のサイクルのままになっている。

ビャウォヴィエジャの森

ガイドの人はとても良く説明してくれたが特に固有名詞がさっぱり分からなかった。これはオークだよとかパインだよと言うのは理解出来るのだが俺たちの英語のボキャブラリーが少なすぎる為にすぐ話についていけなくなってしまうのが残念だった。

ポーランドの世界遺産

また、一番楽しみにしていたバイソンには遂に出会う事は無かった。俺たちは翌日の早朝、朝日が登る前にもう一度、ビャウォヴィエジャの森の入り口近くまで行ってバイソンを観察しようと思ったのだが結局バイソンを発見する事は出来なかった。

ガイドの人の口調からも運が良ければバイソンを見られるかもね位の確率のようだった。
俺たちの目的は世界遺産のハントだからバイソンは見られなかったけれども目的は達成出来たので次の目的地ワルシャワに向かう事にした。

ポーランドの世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 ポーランド 世界遺産

関連記事

二荒山神社本殿

二荒山神社の見所 | 世界遺産『日光の社寺』

写真は世界遺産、二荒山神社本殿。 古くから霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)を神の鎮まり

記事を読む

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

コスタリカの世界遺産、一覧

コスタリカの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コスタリカ共和国の首都はサンホセで通貨はコスタリカ・コロン (CRC)、公用語はスペイン語で

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

2月17日 朝、ホテルの前で車を待っていると明らかにクーラーも効かなそうなボロい日産の

記事を読む

マリ共和国の世界遺産、一覧

マリ共和国の世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

マリ共和国の国土の1/3はサハラ砂漠で首都はバマコ。公用語はフランス語で通貨はCFAフラン

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

アルジェリアの世界遺産、一覧

アルジェリアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

アルジェリア民主人民共和国はアフリカ世界、地中海世界、アラブ世界の一員でアフリカ大陸で最も領

記事を読む

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

2016年12月26日〜29日 カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺

記事を読む

ハンガリーの世界遺産、一覧

ハンガリーの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられた美しい街で、一番の見所となっている。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑