クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

公開日: リトアニア ロシア 世界遺産

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州

英名:Curonian Spit
2000年、世界文化遺産に登録

クルシュー砂州は、バルト海とクルシュー・ラグーンを隔てる全長98kmの細長く湾曲した砂州で、植林などをおこなって浸食を食い止めて砂州を守り続けた文化的景観が評価され文化遺産として世界遺産に登録された。北側の約半分がリトアニア領で南側の半分がロシア領となっている。

リトアニア側のアクセスはクライペダの町からフェリーに乗って約5分。料金は往復で一人0.8ユーロ。クライペダへはヴィルニュスやラトビアのリガからバスが出ている。

クライペダ フェリーの時刻表

フェリーの時刻表

クライペダからフェリーに乗って対岸へ渡るとSmiltynėと言う町に着き、そこから歩いて砂州へと行くことが出来る。また、この町からバスで南へ南下してロシアとの国境付近の町、ニダまで行くことが出来る。

Smiltynėからニダまでのバスの時刻表

Smiltynėからニダまでのバスの時刻表

Smiltynėからニダまではバスで約1時間、料金はひとり3.4ユーロ。
俺たちは二日に分けてSmiltynė付近の砂洲とニダ付近の砂洲を探索した。

Smiltynė付近のクルシュー砂州

フェリーを降りるとすぐに気持ちの良さそうな小さい丘があり天気がよければピクニック気分でかなり楽しい。

クルシュー砂州

俺たちが行った日はあいにくの曇天だったけれども。

クルシュー砂州

丘を越えるとこれまた気持ちの良い、林の中を通る道があり森林浴を楽しみながら砂洲を目指す。

クルシュー砂州

遂にクルシュー砂洲に到着。あれ?ただのビーチじゃない?

クルシュー砂州

見た目は完全にロングビーチでこの綺麗な砂浜が約98kmにわたって続いている。今は10月のオフシーズンだから人が殆どいないけれども夏はきっとビーチとして賑わうのだろう、きっと。

信じられない事にこの寒空の下で泳いでいるヨーロピアンが数名いた。やっぱり白人は基本的に体温が高く寒さに強いのかもしれない。

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

このビーチと砂の丘を隔てるのはちょっとづつ生えている草、これらの草の向こうに林が広がっている。一時は砂洲自体が砂に飲み込まれそうになったそうだが人々の努力によって森林を再生し砂漠化を食い止めた戦いの歴史が評価されてユネスコの世界遺産になったそうだ。

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

秋の曇天も暗黒大陸みたいでなかなか良い。曇天のキジ島に行って以来、天気は神様の贈り物と思い、どんな天気でも俺たちがその場所に辿り着いた時の天気を楽しんで写真を撮る事にしている。

クルシュー砂州の森林

砂洲(ビーチ)を抜けると森林になる。

クルシュー砂州の森林

10月のクルシュー砂州は閑散としていたけれども人が殆どいない為に貸し切り状態で気持ちの良い場所を散歩出来たのでとても良かった。他のシーズンはどうだか分からないけれども10月の上旬は空いているので結構良かった。

ニダ付近のクルシュー砂州

次の日、俺たちはSmiltynėからバスに乗ってニダにやってきた。

ニダの町は完全に観光地で物価も高そうだ。ただ俺たちが来た時はオフシーズンの為、閑散としておりお店も殆ど営業していなかった。

ニダの教会

ニダの教会。やたらとモダンでオシャレでかっこ良かった。

ニダのクルシュー砂洲

この日も相変わらずの曇天だったがニダでも森林を抜け砂洲を目指す。20〜30分歩いて砂洲に辿り着くと相変わらずのビーチ。Smiltynėとあまり変わらない。

ニダのビーチ

誰かが流木で作ったオブジェ。

ロシアの飛地、カリーニングラード

ほとんど誰もいない砂浜が延々と続いている。このまま南の方へ歩いて行けば遠くに見えるのはロシアの飛地、カリーニングラードだ。

ニダとロシアの国境付近

ロシアの国境を歩いて渡れるのじゃないか?と思うくらい誰もいない。殆ど国境付近まで歩いてきたけれども別に国境を渡りたい訳でもないし、下手に国境を越えてトラブルにあうのはごめんだから引き返してきた。

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

このビーチを隔てる草の丘が砂漠化の進行を食い止めているのだろうきっと。この草の丘の土はもちろん砂でちょっと掘るとすぐ砂になる。雑草は本当に生命力が強い。

クルシュー砂州

延々とこのような風景が98kmほど続いている。
それが世界遺産『クルシュー砂州』。

俺たちはオフシーズンの10月に行った為に荒涼としたビーチと森林でたった二人だけで独占しているような気分になれた。人があまりいない場所と言うのは広々としていてとても良い。

マイナーな世界遺産だけれどもかなり楽しかった。

リトアニアの世界遺産、一覧
ロシアの世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : リトアニア ロシア 世界遺産

関連記事

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

ボツワナの世界遺産、一覧

ボツワナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボツワナ共和国の首都はハボローネで公用語は英語、ツワナ語。通貨はプラ (BWP)で宗教は伝統

記事を読む

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

スリナムの世界遺産、一覧

スリナムの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スリナム共和国はブラジルの北にある国で首都は世界遺産もあるパラマリボ。1975年にオランダよ

記事を読む

輪王寺

天界への旅がデザインされた大猷院廟、世界遺産『輪王寺』

輪王寺(りんのうじ) 輪王寺という建物は無く三仏堂、大猷院、慈眼堂などの多くのお堂、支院の

記事を読む

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | マラッカ編

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | マラッカ編

6月13日 シンガポールから長距離バスに乗って次の世界遺産『マラッカ海峡の歴史的都市群

記事を読む

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウ

記事を読む

セネガルの世界遺産、一覧

セネガルの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

セネガル共和国の首都はダカールで、かつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。

記事を読む

ヨルダンの世界遺産、一覧

ヨルダンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ヨルダン・ハシェミット王国の世界遺産は全部で4件、中でもペトラ遺跡は西アジア三大遺跡のひとつ

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑