キプロスの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

公開日: 世界遺産

キプロスの世界遺産、一覧

キプロス共和国はトルコ、南の東地中海にあるキプロス島にあり、1974年以来、南北に分断されている。北側はトルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国で、南側がギリシャ系住民によるキプロス共和国となっている。

世界文化遺産

パフォス

紀元前2世紀〜紀元後4世紀にかけて首都として栄えた古都
1980年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

パフォス

パフォス市およびその近郊にある新旧両方のパフォスの古代遺跡群がユネスコの世界遺産として登録されている。紀元前1200年頃、アフロディテ神殿を中心にギリシャ人が建てたのが旧パフォスで、その後、ローマ人によって城砦や闘技場、ディオニュソスの館などが建てられたのが新パフォス。新パフォスにあるモザイク画は有名な見所となっている。主な見所は『カトパフォスのアプロディテ神殿都市』、『ディオニュソスの家』、『テセウスの家』、『オルフェウスの家』、『アイオンの家』、『サランダ・コロネス』、『パフォス城』、『アギア・キリアキ・クリソポリティッサ教会』、『アプロディテ神殿』、『レダの家』、『カトパフォスのネクロポリス』など。

トロードス地方の壁画教会群

ビザンチン様式のフレスコ画のイコンの残る教会群
1985、2001年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)

トロードス地方の壁画教会群

トロードス山脈に残っているギリシャ正教の9つの聖堂と1つの修道院がユネスコの世界遺産といて登録されている。聖堂、修道院にはビザンティン様式の美しいフレスコ画が残っている。
登録対象は『屋根の聖ニコラオス聖堂』、『蝋燭の聖イオアン修道院』、『アシィヌの生神女聖堂』、『豆の生神女聖堂』、『ムトゥラの生神女聖堂』、『大天使ミハイル聖堂』、『聖十字架聖堂』、『足の生神女聖堂』、『聖水の十字架聖堂』、『救世主顕栄聖堂』で、以下の2件が世界遺産の暫定リストに載っている『聖ソゾメノス聖堂』、『聖ママス聖堂』。また、この場所は10世紀に十字軍による聖地(エルサレム)回復運動の本拠地となった。
写真はペレンドリ村にある聖十字架聖堂

キロキティア(ヒロキティア)

キプロス島にある新石器時代の遺跡
1998年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)
キプロス島の南岸、マロニ川西岸丘陵にある新石器時代の城壁を張り巡らせてた集落の遺跡でとても保存状態が良い。紀元前7000~前4000年頃のもので、墓地からは、偶像や祭礼用の什器などが出土した。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

ウズベキスタンの世界遺産、一覧

ウズベキスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ウズベキスタン共和国は、旧ソビエト連邦の共和国で首都はタシュケント(タシケント)。公用語はウ

記事を読む

カタールの世界遺産

カタールの世界遺産

カタール国はアラビア半島東部のカタール半島全域を領土とする国で首都はドーハ。公用語はアラビア

記事を読む

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産『ノヴォデヴィチ女子修道院群』 | ロシア

モスクワにある世界遺産は3件、その内の1つ『ノヴォデヴィチ女子修道院群』に行って来た。

記事を読む

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

12月12日 俺たちは、オアハカから行けるもうひとつの世界遺産『オアハカ中部渓谷ヤグル

記事を読む

イランの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

イランの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

イラン・イスラム共和国にある世界遺産は2014年に『シャフリ・ソフタ』が追加されて全部で17

記事を読む

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

マケドニアの世界遺産 | オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

写真は世界遺産に登録されているスヴェーティ・ヨヴァン・カネオ聖堂とオフリド湖 出典:Ele

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑