ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

ファイブラタ

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ)

五つの寺院に見えるが、実は、なんと1つの巨大な花崗岩から掘り出された巨大な彫刻で、その事を知らないと、全く気がつかない。
この『ファイブ・ラタ』は19世紀に発見されるまで、砂に埋もれていて、人々に忘れ去られていたロマンのある遺跡で、昔のヒンディーの木造寺院を模して彫った石窟寺院で、インドにある寺院の原型と言われている。
(堂の全体を岩の塊から彫出した岩石寺院を、現地ではラタと呼んでいる)

この五つのラタは『マハーバーラタ』の主要な登場人物の名にちなんで、ドラウパディー・ラタ、アルジュナ・ラタ、ビーマ・ラタ、ナクラ・サハーデーヴァ・ラタ、ダルマラージャ・ラタと命名されている。

マハーバーラタについてはこの本がおすすめ
インドに行く前に読んでおきたい本『マハーバーラタ』(上)

上の写真の一番左がドラウパディー・ラタは民家をルーツとしていると言われていて、真ん中に映っているのがアルジュナ・ラタで南インド建築の典型的な形になっている。
ちなみに象さんの彫刻は原寸大のゾウ位の大きさと言われている。

ビーマ・ラタ

上の写真がビーマ・ラタで内部未完成の寺院で後に南インドで発展するゴープラムの原型になっているとも言われている。

ナクラ・サハーデーヴァ・ラタ

上の写真がナクラ・サハーデーヴァ・ラタ
5つのラタの中で唯一、後方が円形になっている。

ダルマラージャ・ラタ

最後がダルマラージャ・ラタでパッラヴァ朝のシンボルであるライオンの柱がある。
こちらも内部が未完成。

これらのラタは南インドの建築に計り知れない影響を与えたと言われていて、インドにある寺院の原型とも言われている。

入場料は海岸寺院と共通でRs250(400円〜500円位)でクリシュナのバターボールアルジュナの苦行のある公園から徒歩15分位の場所にある。

ファイブ・ラタ近辺

ちなみに遺跡のあるファイブ・ラタ近辺は何も無く上の写真の様な道だけだがこの通り添いを歩いていれば入場料を支払わなくても中がよく見える様になっているので折角なので散歩がてら歩いて行くだけでも楽しめる。

当時の俺は、まだ世界遺産ハンターでは無くただの旅人だった為、不覚にも『うーん、まぁ外から見れるし、別に中に入ってまで見るもんじゃねーな』とふざけた事を思って外から写真だけ撮って終わりにしてしまった・・・
一年ちょっと前の自分を殴って更生させたい気分だ。
次にマハーバリプラムに行った時には必ず、入場料を払って中までしっかりと写真に納めると心に誓った。

ファイブ・ラタ周辺

マハーバリプラムは南国のビーチリゾートにある遺跡で上の写真のようなほのぼのした風景が個人的にはかなり心地良かった。
旅の疲れを癒すには最適な町なので機会があれば是非、立ち寄ってみて欲しいと思う。

世界遺産マハーバリプラムの記事一覧

インド旅行記の記事一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 インド 世界遺産

関連記事

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

世界10カ国をまたぐ珍しい世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群 Struve Geodetic Arc 北

記事を読む

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

4月27日〜4月29日 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』の内の三カ所、『スプ

記事を読む

京都の世界遺産『古都京都の文化財』一覧、全17カ所のリスト

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市) 1994年、世界文化遺産に登録 京都は7

記事を読む

ノヴゴロドの文化財とその周辺地区 | ロシアの世界遺産

ノヴゴロドの文化財とその周辺地区 | ロシアの世界遺産

Historic Monuments of Novgorod and Surrounding

記事を読む

カンペチェ歴史的要塞都市 | メキシコの世界遺産

カンペチェ歴史的要塞都市 | メキシコの世界遺産

2016年12月24日〜26日 時は、少しばかりさかのぼって去年のクリスマスイブ、俺た

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

1月16日〜21日 夜行列車に乗ってカイロからルクソールへとやってきた。この町は古代エ

記事を読む

デリー

世紀末都市デリーの治安 | インド旅行記04

南インドはなかなか居心地が良く、もう少しまわりたかったのだが時間が無くなって来てしまったので

記事を読む

サドゥのヨガ

インドで出会った自由に生きる仙人サドゥの写真 | インド旅行記18

インドにサドゥと言われる謎に満ちた苦行者達が沢山いる。サドゥの強烈な存在感に惹かれ話しかけて

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑