ホンジュラスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: ホンジュラス 世界遺産

ホンジュラスの世界遺産、一覧

ホンジュラス共和国の首都はテグシガルパで、公用語はスペイン語。宗教はキリスト教で主にカトリック。通貨はレンピラ (L) (HNL)。治安は悪く特にサン・ペドロ・スーラはかなり危険だと言われている。グアテマラの隣の国なので行きたいが行くとしたら世界遺産『コパンのマヤ遺跡』だけササっと見て通過するだけにするかもしれない。日本の外務省のサイトでもほとんどの地域が『渡航の是非検討』となっている。

世界文化遺産

コパンのマヤ遺跡

英名:Maya Site of Copan
古典期マヤの大都市
1980年、世界文化遺産に登録 / (iv)(vi)

ホンジュラス西部にある古典期マヤの大都市でユネスコの世界遺産に登録されている。紀元前1000年頃から人間が住むようになり、7~8世紀頃に最盛期を迎えたと考えられている。
遺跡は大きく分けて以下の三地区に分かれている『ラス・セプルトゥーラス』、『グルーポ・プリンシパル』、『エル・ボスケ』。なかでも最大の見所はグルーポ・プリンシパルの遺跡で巨大な建造物などがある。
ホンジュラスと言う国の事は全く知らなかったのだが、調べてみたら俺の大好きなマヤ遺跡があるので要チェックだ。

世界自然遺産

リオ・プラタノ生物圏保存地域

英名:Río Plátano Biosphere Reserve
ナマケモノが住むカリブの密林
1982年、世界自然遺産に登録 / (vii)(viii)(ix)(x) / 危機遺産

グラシアス・ア・ディオス県、コロン県、オランチョ県にまたがるプラタノ川(リオ・プラタノ)流域を対象とした生物圏保護区でユネスコの世界遺産に登録されている。ここはホンジュラス最大の熱帯雨林で先住民族のミスキート人が暮らしている。 ベアードバク、オオアリクイ、ジャガーなどの哺乳類やコビトカイマン、アメリカワニなどの爬虫類、377種もの鳥類が生息している。近年は森林伐採・密猟、周辺地域の3つのダム建設計画などによって危機遺産リストに登録されている。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/11/04 ホンジュラス 世界遺産

関連記事

マチュ・ピチュ(machu picchu)

マチュ・ピチュ(machu picchu)| ペルーの世界遺産

2017年1月30日 俺たちは約1週間にわたる聖なる谷の旅の末に、ペルーを代表する世界

記事を読む

アレキパ市の歴史地区 | ペルーの世界遺産

アレキパ市の歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月18日〜20日 2月15日にウユニ塩湖のデイツアーに行き、その夜に夜行バ

記事を読む

ガンビアの世界遺産、一覧

ガンビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガンビア共和国は西アフリカ西岸にある国で、2013年まではイギリス連邦加盟国だった。公用語は

記事を読む

カザフスタンの世界遺産、一覧

カザフスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

カザフスタン共和国の首都はアスタナで、最大都市はアルマトイ。公用語はカザフ語とロシア語だがロ

記事を読む

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

アイット-ベン-ハドゥの集落 | 映画『グラディエーター』のロケ地にもなった世界遺産

2016年1月4日 砂漠のオアシス、フィントを後にした俺たちはそのまま世界遺産『アイッ

記事を読む

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

1月16日〜21日 夜行列車に乗ってカイロからルクソールへとやってきた。この町は古代エ

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

カナダの世界遺産

カナダの世界遺産、一覧 全18カ所のリスト

カナダにオーロラを観に行って以来、カナダの圧倒的な大自然に憧れて、いつかレンタカーを借りるか

記事を読む

カレル橋

チェコの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

チェコ共和国には千年の歴史を誇る世界遺産『プラハ歴史地区』をはじめとする12カ所の世界遺産が

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑