ハンガリーの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

公開日: 世界遺産

ハンガリーの世界遺産、一覧

ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられた美しい街で、一番の見所となっている。上の写真はブダペストの夜景。ハンガリーではブダペストを中心に世界遺産をまわりたい。また、西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれているので、どういうルートで各国の世界遺産をまわっていくのが効率がいいのかよく考えて行動したい。

世界文化遺産

ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト

「ドナウの真珠」と称えられた美しい町並み
1987、2002年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

「ドナウの真珠」とまで言われた美しい町並みの首都ブダペストのドナウ川両岸の歴史地区、大陸ヨーロッパ初の地下鉄が通るアンドラーシ通りが『ホローケーの古村落とその周辺地区』と共に、ハンガリーで初の世界遺産として登録された。ハンガリーでは一番の見所となりそうな美しい街並みが楽しみだ。見所は『ブダ城』、『マーチャーシュ聖堂と三位一体広場』、『漁夫の砦』、『ゲッレールトの丘』、『ラーツ温泉』、『ルダッシュ温泉』、『ゲッレールト温泉』、『セーチェーニ鎖橋』、『マルギット橋』、『エルジェーベト橋』、『旧市街聖堂』、『ヴィガドーと科学アカデミー』、『国会議事堂』、『アンドラーシ通り』、『ブダペスト地下鉄1号線』、『英雄広場』など。

ホローケーの古村落とその周辺地区

ハンガリーで1番美しいと言われる村
1987年、世界文化遺産に登録 / (v)
ホローケー(ホッローケー)はノーグラード県にある古民家の建ち並ぶ伝統的な村落で、ハンガリーで最も美しい村と言われている。『ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト』と共に、ハンガリーで初の世界遺産として登録された。ブダペストから行きやすいので合わせてまわりたい。
アクセスはブタペストより直通バスが1日に数本出ていて、約2時間。

パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境

千年の歴史を持つ建造物
1996年、世界文化遺産に登録 / (iv)(vi)

ハンガリーの都市、パンノンハルマにあるベネディクト会修道院は996年に建てられたハンガリー最古の修道院でバシリカ式聖堂や回廊、図書館、バロック様式の会食堂、時計塔などが残っている。「聖マルティスの丘」に設立されたこの修道院は、ハンガリーのキリスト教化の拠点となった。

ホルトバージ国立公園-プッツァ

マジャール人が長年、遊牧生活を営んできた原点
1999年、世界文化遺産に登録 / (iv)(v)

ハンガリーの東部、デブレツェンの近くにあるホルトバージ国立公園は、総面積800平方kmもあり、ハンガリー大平原とも呼ばれる。
19世紀のハンガリー最古の石橋や17~19世紀の宿屋などの歴史的建造物もあり、マジャール人が長年、遊牧生活を営んできた原点となっている。
アクセスはブダペストから北東に約150km

ペーチ(ソピアネ)にある初期キリスト教墓地遺跡

初期キリスト教美術の貴重な遺産
2000年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)
ハンガリー南部のペーチ市にある、ローマ帝国時代の属州パンノニアのに築かれたネクロポリスで、ユネスコの世界遺産に登録されている。構成資産は16箇所の墓地遺跡で『埋葬室、1から9』、『ケラ・トリコラ』、『ケラ・セプティコラ』、『初期キリスト教徒の霊廟』、『初期キリスト教徒の墓地礼拝堂』、『対になった壁画墳墓』、『壁画のない埋葬室』、『共同体埋葬室』。ペーチは、古代ローマ帝国属領時代にソピアネと呼ばれていた。

フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観

中央ヨーロッパで二番目に大きいステップ湖
2001年、世界文化遺産に登録 / (v)
オーストリアとハンガリーにまたがるフェルテー湖は、中央ヨーロッパで二番目に大きいステップ湖で、ハンガリー語でフェルテー湖、ドイツ語でノイジードラー湖と言う。場所はハンガリーのジェール・モション・ショプロン県から、オーストリアのウィーン南東のブルゲンラント州に広がっている。

トカイワイン産地の歴史的文化的景観

ルイ14世が「王のワイン、ワインの王」と賞讃したワインの一つ
2002年、世界文化遺産に登録 / (iii)(v)

ハンガリー北東部にあるトカイ地方は、歴史的なワイン産地で古代ローマ時代よりぶどう畑がつくられていたと言われている。残っている資料によると12世紀から続くワインの世界的な名産地となっている。中世から変わらぬ丘陵地帯の葡萄畑や、農村、ワインセラーなどの文化的景観が世界遺産として登録されている。
アクセスはブダペストから鈍行電車で約2時間半。

世界自然遺産

アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群

ハンガリーとスロバキアにまたがる鍾乳洞群
1995、2000年、世界自然遺産に登録 / (viii)
アグテレク・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群はハンガリーとスロバキアが共有する世界遺産で、カルスト地形と700以上の鍾乳洞群がある。ハンガリー北部、アグテレク地方のカルスト(アグテレク・カルスト)は、アグテレク国立公園にあり、ヨーロッパ最大の鍾乳洞バラドラ洞窟がある。美しいカルストが醸し出す神秘的な洞窟を堪能する事が出来る。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 世界遺産

関連記事

ウズベキスタンの世界遺産、一覧

ウズベキスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ウズベキスタン共和国は、旧ソビエト連邦の共和国で首都はタシュケント(タシケント)。公用語はウ

記事を読む

フィレンツェ歴史地区

イタリアの世界遺産、一覧 全53カ所のリスト

2015年に『パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

ガンビアの世界遺産、一覧

ガンビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガンビア共和国は西アフリカ西岸にある国で、2013年まではイギリス連邦加盟国だった。公用語は

記事を読む

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

2015年12月25日〜28日 美しい青い町シャウエンをあとにした俺たちが向かったのは

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

ウユニ塩湖のデイ・ツアー

ボリビアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ボリビア多民族国は、豊富な天然資源を持つが貧しい状態が続いており、かつて「黄金の玉座に座る乞

記事を読む

ボツワナの世界遺産、一覧

ボツワナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ボツワナ共和国の首都はハボローネで公用語は英語、ツワナ語。通貨はプラ (BWP)で宗教は伝統

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア連邦民主共和国は、モロッコと並びアフリカ大陸でもっとも世界遺産の多い国で、アフリカ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑