トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

イルカ自然保護区

この記事は、2016/05/05に書いた”世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園“の続きです。

イルカ自然保護区

4月29日〜30日

青空がスカッと晴れわたる、とても気持ちの良い日だった。秋のような気候の山岳部から海の方へ降りてきたので、今までの寒さが嘘のように無くなり、ポカポカとした陽気が心をはずませる。

俺たちは、ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園をまわった後に、シドニーを目指して南下していた。この辺り一帯は、世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』に登録されている34もの自然保護地域があり、とてもじゃないがまわりきる事は出来ない。

仕方が無いので、細かくまわる事は早々にあきらめ、適当に目についたイルカ自然保護区に言ってみる事にした。

ケアンズからイルカまでの総走行距離は2843km。ずいぶんと遠くまで来たものだが最終目的地のメルボルンまではまだまだ遠い。

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

イルカ自然保護区のトレイル入口にある駐車場の反対側には、まるで秘密の楽園へと続く、抜け道のような素敵な道があり、その先にある美しい砂浜が逆光でキラッキラと輝いていた。

秘密の抜け道

海は青く澄んでいて、とてもキレイだった。すぐにでも服を脱ぎ捨てて泳ぎたい見た目だが、泳ぐには若干寒い。いくらポカポカした陽気といえども、昨日までユニクロのインナーダウンにヒートテック股引と言うフル装備だった。山から海に降りてきたからと言っていきなり泳げる気候ではない。

寒さに強いオージー達は、容赦なく泳いでいたけれども。

旅飯

ちょうど良いベンチと椅子があったので、簡単に昼食を済ませてからルックアウトポイントへと向かった。

オーストラリアはアウトドア文化が浸透しているので、公園などには食事できるような場所が沢山用意されているので、とてもありがたい。

イルカのルックアットポイント

ルックアウトポイントでは見晴らしの良い丘の上からキレイな海を見下ろす事が出来た。

イルカ自然保護区

ルックアウトポイントを見た後はいよいよイルカ自然保護区のトレッキング開始。

イルカ自然保護区は、まるでもののけ姫の森のようだった『ラミントン国立公園』とは違い、もっと親しみのある林で、トトロの森のようだった。

イルカ自然保護区

トレイル自体は短くて、片道ほんの30分くらいで歩ける気軽なハイキングだった。

ハリネズミ

なんかガサゴソ動いているなと思ったら
野生のハリネズミ発見!

こいつら敵に発見されると丸まって動かなくなるから簡単に近づく事が出来る。背中の針とか触ってみたけれどもなかなか固くて爪みたいな触感だった。

イルカ自然保護区

スプリングブルック国立公園はラピュタの飛行石洞窟、ラミントン国立公園はもののけ姫の森、そしてここ、イルカ自然公園はトトロの森だ。

『オーストラリアのゴンドワナ雨林』はジブリ好きにはオススメの世界遺産だね。

イルカのキャンプ場

この日、俺たちが泊まったキャンプ場は『Iluka Clarence Head Caravan Park』。一泊30ドルでWi-Fiあり。久々に快適なWi-Fiもあったのでここに2泊する事にした。

思えばケアンズを出発して以来、ほぼ毎日移動で、連泊なんてほとんどした事がなかった。流石に疲れが溜まっている。ここいらでのんびりとしたい。

ベアフットビーチランニング

翌日は近くの砂浜でビーチラン。やっぱりベアフット(裸足)で走るのって最高に気持ちがいい。この頃は膝の調子もかなり良く、50分くらい走っていたけれども全然平気だった。

ビーチにいた馬

馬、でかい・・・

フィッシュアンドチップス

昼食は近所にあったお店で、フィッシュアンドチップス。
一人分でたったの5.5ドル(約460円)、オーストラリアの物価からしたら激安!

すんごい太っちょのおばちゃんが信じられないくらいでかいケツをプリプリさせながら美味しそうに揚げてくれたので、めちゃくちゃ美味しかった。

オーストラリアで数回しか無い外食のうちの一回だったが、ここのフッシュアンドチップスは激安なのに最高だった。

イルカの夕日

んでもって最後は日課になりつつある夕日鑑賞。
毎日、ゆっくりとした時間の中で眺める夕日はマジで格別、こう言う時間があるって幸せな事だな。

イルカの夕日

東京にいた頃はデスクワークだったので、慌ただしい時間の中、太陽なんて気がついたら沈んでいた。または、ビルに夕日が反射してまぶしいなとか思ってブラインドを閉めにいくくらいのものだった。

今は違う、毎日、この時間になるとカメラを持って何処で夕日を見たらキレイかな?なんて思いながら夕日スポットを探しにいく。

この先、東京に帰ってもこう言う気持ちを忘れないようにしたいな。

オーストラリアの世界遺産、一覧 全19カ所のリスト

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 オーストラリア 世界遺産

関連記事

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産とオーパーツの謎

2017年2月12日 プーノからコパカバーナ経由でボリビアの首都ラパスに入ったのだがボ

記事を読む

スウェーデンの世界遺産一覧

スウェーデンの世界遺産、一覧 全15カ所のリスト

スウェーデン王国は西にノルウェー、北東にフィンランドと言ったオーロラが観測出来る地域に位置し

記事を読む

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

2015年12月25日〜28日 美しい青い町シャウエンをあとにした俺たちが向かったのは

記事を読む

キルギスの世界遺産、一覧

キルギスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

キルギス共和国は中央アジアにある旧ソビエト連邦から独立した国で、首都はビシュケク。公用語はロ

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

トルコの世界遺産 一覧

トルコの世界遺産、一覧 全13カ所のリスト

2014年、『ブルサとジュマルクズク:オスマン帝国発祥の地』と『ペルガモンとその重層的な文化

記事を読む

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

1月13日 世界でもっとも有名な世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュ

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

世界遺産

2015年、世界遺産が多い国ランキング 全163ヶ国

2016年版の最新ランキングは下記の記事になります。 2016年、世界遺産が多い国ラン

記事を読む

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 英名:Forest of Bialowieza 1979年、世界

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑