インドネシアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

公開日: インドネシア 世界遺産

インドネシアの世界遺産

インドネシアにはかなり昔に一度、行った事がある。初めてのバックパック旅行でタイからマレーシア、シンガポールを抜けてバリ島までの旅をした時だ。当時、見た世界遺産はボロブドゥル寺院遺跡群だけなので改めて全部まわりたいと思う。特にインドネシアの世界遺産は俺の大好きな自然遺産が多いいので楽しみだ。





世界自然遺産

ウジュン・クロン国立公園

ジャワ島にあるインドネシア初の国立公園
1991年、世界自然遺産に登録

行き方はジャカルタから車で約数時間、そこから船に乗り更に数時間。ジャカルタからツアーも出ているようなのだが6万円位するらしい。更に宿や食事も高いらしい。
ツアーを使わず船等をチャーターする方法もあるらしいので、ここに行く時は安宿などで一緒に行く人を募ってパーティーを組み料金をシェアして、ルートをしっかり調べて行かないとかなりのお金が掛かりそうだ。でも、そう言う所ってなんだかやる気が出る場所だぜ。

コモド国立公園

世界最大のトカゲ、コモドオオトカゲ住む島
1991年、世界自然遺産に登録

小スンダ列島の主要な3島のコモド島、リンチャ島、パダール島を含む公園で構成資産はンゴラン保護森林(Nggorang Protection Forests)、ンベリリン保護森林(Mbeliling Protection Forests)、ワイ・ムール自然保護区(Way Wuul Nature Reserve)、ンブラク自然保護区(Mburak Nature Reserve)。
コモドドラゴンの異名を持つコモドオオトカゲはかなり見たいが肉食性でイノシシやシカなどを襲うこともあるらしいので気をつけたい。コモド島は海が奇麗で、しかも秘境っぽいのでどうしても行ってみたい世界遺産のひとつだ。行き方は色々とあり下記のサイトが参考になった。
http://b-tabi.com/asia/indonesia/05komododragon.html

ロレンツ国立公園

インドネシアのパプア州にある未開の地
1999年、世界自然遺産に登録

ロレンツ国立公園は熱帯のジャングルで未開の地。どのような種が生息しているのか未だにすべて確認されていない秘境でダニ族などの9部族の人々が生活している。
日本からのツアーは出ておらず、未開の地なのでロレンツ国立公園への行き方は非常に限られているらしい。まさに秘境!相当行きたいがかなりお金が掛かりそうで怖い。
また、せっかくなのですぐお隣の国、パプアニーギニアにも寄りたい。もしくはパプアニューギニアやオーストラリアからの方が行きやすいのかもしれない。インドネシアに行く際はもっと詳しく調べる事にする。

スマトラの熱帯雨林遺産

スマトラ島北西部から南東部へとのびるバリサン山脈に広がる地域
2004年、世界自然遺産に登録

遺産内には3つの国立公園がある。グヌン・ルスル国立公園(Gunung Leuser National Park)、クリンチ・スブラット国立公園(Kerinci Seblat National Park)、ブキット・バリサン・スランタン国立公園(Bukit Barisan Selatan National Park)。
スマトラ島特有の絶滅危惧種を含む数多くの動植物が生息している。

インドネシアにある世界自然遺産はどれも秘境の雰囲気がありアクセスもかなり大変そうな場所が多いいがその分、世界遺産ハンターとしては攻略しがいのある国だ。

世界文化遺産

ボロブドゥル寺院遺跡群(シャイレーンドラ朝)

世界最大級のストゥーパで東南アジアの代表的な仏教遺跡
1991年、世界文化遺産に登録

770年頃〜820年頃にシャイレンドラ朝によって建造されたと言われる世界最大の仏教遺跡で、カンボジアのアンコール、ミャンマーのバガンとともに世界三大仏教遺跡と呼ばれる。メラピ山の大噴火で火山灰に埋もれ、密林によって1814年まで忘れ去られていたがイギリス人のラッフルズによって偶然発見された。周辺にある「ムンドゥ寺院」、「パオン寺院」と共に「ボロブドゥール寺院遺跡群」として世界文化遺産に登録。
行き方は首都ジャカルタからジョグジャカルタまで電車やバスでも行けるが今はエアアジアで数千円なのでエアアジアがおすすめだ。
昔、旅をした際にはジャカルタから深夜特急に乗ってジョグジャカルタまで行った。個人的にはアンコールワットよりも人が少なく当時はのびのびと鑑賞出来たので楽しかった記憶がある。今度はきちんと一眼レフのカメラを持って素敵な世界遺産の写真を撮りに行きたいと思う。

プランバナン寺院群 (古マタラム王国)

インドネシア最大級のヒンドゥー教の遺跡
1991年、世界文化遺産に登録

プラバナン寺院は10世紀頃、古マタラム王国のバリトゥン王による建立と言われ、1549年の地震で遺跡のほとんどが崩壊した。
ボロブドゥル寺院遺跡群と同じジョグジャカルタにあるので一度に二カ所まわる事が出来る。記憶には全くないのだがもしかしたら昔、ここに来た事があるかもしれない。

ジョグジャカルタにはムンドゥッ寺院、パオン寺院、ボコの丘、サリ寺院、クラトン(王宮)、タマン サリ(水の離宮)等の見所もあるので行った際には寄ってみようと思う。

サンギラン初期人類遺跡

世界中で発見された人類化石の約半分が発掘されたサンギラン初期人類遺跡
1991年、世界文化遺産に登録
ジャワ島のスラカルタ近郊にある遺跡でピテカントロプス・エレクトゥス、通称ジャワ原人や150万年前の住居跡なども発見され、人類の進化を知るうえで最も貴重な遺跡と言われている。遺跡で発見された化石の一部が「サンギラン博物館」に収容・展示されている。
アクセスはジョクジャカルタからバスで約1時間。

バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム

バリ島にある、神様の階段とも言われるライステラス
2012年、世界文化遺産に登録

全ての水田に公平に水が流れるよう1000年も前からバリ島で行われて来た「流水の分配」の事をスバックと言う。構成資産はウルン・ダヌ・バトゥール寺院、バトゥール湖、ペクリサン川流域のスバック景観、バトゥカル山のスバック景観、タマン・アユン寺院。
昔、バリ島のクタとウブドに行った事がある。クタはボッタクリ、客引きが酷くかなり過ごしづらい印象を受けたがウブドまで行くとそう言う事が殆ど無くかなり落ち着いていて過ごしやすかった記憶がある。次回行く際にはこのライステラスを見に行くのが楽しみだ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2018/06/22 インドネシア 世界遺産

関連記事

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴ

記事を読む

モーリタニアの世界遺産、一覧

モーリタニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モーリタニア・イスラム共和国の首都はヌアクショットで公用語はアラビア語、宗教はイスラム教。通

記事を読む

クラクフ歴史地区

ポーランドの世界遺産、一覧 全14カ所のリスト

ポーランド共和国はドイツとウクライナの間にある国で、世界遺産の数は14件と多い。中でもアウシ

記事を読む

スロベニアの世界遺産、一覧

スロベニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

スロベニアの世界遺産は全部で3件で、スロベニア独自の世界遺産は『シュコツィアン洞窟群』のみに

記事を読む

キプロスの世界遺産、一覧

キプロスの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

キプロス共和国はトルコ、南の東地中海にあるキプロス島にあり、1974年以来、南北に分断されて

記事を読む

リトアニアの世界遺産

リトアニアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

リトアニア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで最も南に位置する。

記事を読む

世界遺産

2014年、世界遺産が多い国ランキング 全161ヶ国

2016年版の最新ランキングは下記の記事になります。 2016年、世界遺産が多い国ラン

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

サン・アグスチン教会

マニラにある世界遺産サン・アグスチン教会 | フィリピンのバロック様式教会群

マニラ初日、エルミタにある安宿に着くなり荷物を置いて世界遺産『サン・アグスチン教会』のあるイ

記事を読む

スイスの世界遺産、一覧

スイスの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

スイス連邦は、九州と同じ位の大きさの国なのに11カ所もの世界遺産がある、世界遺産ハンターとし

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑