ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

公開日: リトアニア 世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

Kernavė Archaeological Site (Cultural Reserve of Kernavė)
2004年、世界文化遺産に登録

リトアニアの東部、ネリス川の渓谷にある古代遺跡群で、旧石器時代末期から中世までの住居跡、丘の砦、墓地遺跡などから構成され、キリスト教化される前の遺跡も残っている。中世にはリトアニア大公国の首都として栄えていた。

アクセスはヴィリニュスのバスステーションの11番プラットホームよりバスで約1時間、料金は片道ひとり2.55ユーロ。ローカルバスなので安かった。

バスの本数は少なくてヴィルニュスからケルナヴェは
7:20、8:30、12:10、13:30、16:30、18:30

ケルナヴェからヴィルニュスは
6:37、8:30、9:42、12:22、14:15、17:17

ケルナヴェは辺境の田舎町なので最終バスを逃すとシャレにならないので気をつけた方が良い。

俺たちは12:10のバスでケルナヴェに向かい、13:20頃に到着した。ケルナヴェのバス停に着くと本当にここでいいのか?と不安になるくらい何も無くて心配になる。一応、スーパーがあったのでパンとかお菓子くらいなら購入出来る。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

しばらく進むとケルナヴェの聖堂がありここから世界遺産だよと言うユネスコの説明があったので一安心。入り口のゲートに料金所のようなものが設置されていたがオフシーズンの為か誰もおらず普通に入場出来た。

ケルナヴェの新しい聖堂と旧聖堂の礎

旧聖堂の礎と1920年に建造されたケルナヴェの聖堂。

ケルナヴェの木造の礼拝堂

木造の礼拝堂。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

ケルナヴェ古代遺跡には現地の遠足で訪れている小学生達が一組いただけで他に観光客はだれもおらずガラガラ。丘の上からの景色はかなり良いが見渡す限り何も無い。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

見所は特に無くチョコレートヒルのような小さな丘が何個かあり、階段がついているだけで他に何も見当たらない。俺たちは大昔の生活に思いを馳せ、人類の営みを想像しながらゆっくりと見学をして17:17の終バスで帰ろうかと思っていたが思いのほか何も無い。ここでイマジネーションのみで数時間時間をつぶすのはキツいと考えなおして14:15のバスで帰る事にした。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

14:15のバスで帰るとなると見学出来る時間は30分ちょっとしかないので駆け足で丘を登り全てを見学する事にした。旅に出てから毎日、少なくとも3時間以上は歩いている俺たちだからこれくらいの丘、余裕だろうと思って駆け回っていたが10分か15分もすると息は切れ、足腰がガクガクになってしまった。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

特にキツかったのが最後の丘で見た目よりかなりハード。この階段の途中で力尽き、走れなくなってしまった。

それでも基本、駆け足でまわったのできっちりと全部見て14:15のバスに余裕を持って乗って帰る事が出来た。ケルナヴェ古代遺跡は思いのほか見所が少ない上にまわりに何も無くてこの寒空の下で長時間、時間を潰すのは無理だった。

帰り道で日本人の団体旅行の人たちとすれ違った。最初、中国人かな?と思ったけれどもやっぱり見た目は一緒でも何故だか日本人はすぐ分かる。急いでいたからすれ違っただけだけれども久し振りに日本人とちょっとお話をしたかった。旅に出て一ヶ月ちょっと、妻のマリちゃん以外の日本人とは今まで一言も話していない。

リトアニアの世界遺産、一覧

公開日: : リトアニア 世界遺産

関連記事

スロベニアの世界遺産、一覧

スロベニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

スロベニアの世界遺産は全部で3件で、スロベニア独自の世界遺産は『シュコツィアン洞窟群』のみに

記事を読む

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

1月13日 世界でもっとも有名な世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュ

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

イギリスの世界遺産一覧

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト

イギリスの世界遺産、一覧 全28カ所のリスト(2014年) 2014年、世界遺産が多い

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区

リトアニアの物価と治安 | 7泊8日の滞在費は約3万8500円

2015年10月3日 〜 10月10日 ラトビを抜けた俺たちはリトアニアへとやってきた

記事を読む

毛越寺

毛越寺の写真 | 平泉の世界遺産

達谷窟毘沙門堂から緩い下り坂を電力が切れそうな電動自転車で快適に下り毛越寺とへやってきた。雨

記事を読む

二荒山神社本殿

二荒山神社の見所 | 世界遺産『日光の社寺』

写真は世界遺産、二荒山神社本殿。 古くから霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)を神の鎮まり

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑