コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

公開日: エチオピア 世界遺産

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

2月17日

朝、ホテルの前で車を待っていると明らかにクーラーも効かなそうなボロい日産の四駆がやってきた。ランドクルーザーをチャーターしたはずなのにランクルじゃない。いや、ランクルじゃない事は大した問題じゃない、このポンコツで四日間も旅をしなければならない事が問題だ。

そうは言っても、もうどうにもならない。大丈夫かよと心配しながら車に乗り込むのだが結論から言うと全然大丈夫じゃなかった・・・

既にお金は払っている。こいつらからお金を取り戻すのは尋常じゃないほどに大変な事だ。

ちくしょー!

や・ら・れ・た・ぜ

そんな訳でめっちゃハードなエチオピア南部の旅が始まった。

コンソの文化的景観

2011年、世界文化遺産に登録 / (iii)(v)

コンソ地方の高地(標高2000m)にある石垣を備えた段畑と、要塞化された集落で、農耕を中心とした昔ながらの生活を400年以上している。

コンソの文化的景観

料金は
エントランスがひとり120ブル
ガイドが300ブル(ひとり75ブル)
車が一台40ブル(ひとり10ブル)

合計でひとり205ブル(約1100円)なのでけっこう高い。

ガイドの話によるとコンソの集落は9つのクラン(族長)によって治められていて、クランとは家族(親族の集まり)みたいな物で、自分の所属するクラン以外の人としか結婚出来ないそうだ。

地球の歩き方によると、ここに住む人々は朝、昼はマシラ(ソルガム)やボコロ(トウモロコシ)で作られたチャカと言う地ビールのみを食す。

現地の人は飲んでみろと勧めてくれるけれども、アフリカで良くわからない液体を飲むのはかなり勇気のいる事だ。誰も飲もうとしない、もちろん俺だって飲みたく無い。

 コンソの段畑

コンソの段畑

 要塞化されているコンソ村

要塞化されているコンソ村

コンソの人々が住んでいる家

コンソの人々が住んでいる家

konso

この村では、この石を持ち上げ、後ろに投げる事が出来れば大人として認められるそうなので、挑戦してみたけれども石が重過ぎて完全に持ち上がりきらなかった。おそらく俺の投げ方では失格だろう。

しかし、もしこれ以上に本気を出していたらきっと俺の腰が逝っていた、危ない、危ない。

コンソの文化的景観

早々にあきらめる賢明なリュウさん。

コンソの文化的景観

俺よりふたまわりくらいごっつい身体をしたママイヤさんだけがギリギリ投げる事ができた。

コンソの文化的景観

ガイドのエチオピア人はそこまでごっつい身体をしている様には見えなかったがサラッと投げていた。やっぱり黒人は骨格が違うのかもしれない。

コンソの文化的景観

コンソの村はのんびりとした雰囲気だった。

コンソの文化的景観

コンソの子供達は人なつこかった。

竹馬に乗って全身ペイントしているバンナン族

竹馬に乗って全身ペイントしているバンナン族

コンソからジンカへ向かう途中に道ばたに現れたのはバンナン族。彼らは竹馬に乗って写真を撮られる事を生業にしている。料金はひとり5ブル(約27円)

竹馬に乗って全身ペイントしているバンナン族

お金を払うのは良いのだけれども、お金を払う時も竹馬から降りてくれないのでなかなかお金が渡せない。俺が一生懸命にジャンプしながら竹馬に乗っている人にお金を払っている図はシュールだったと思う。

ボロボロの四駆

ジンカに行く途中、マフラーが壊れてしまいそれを修理するドライバー。
初日からこの調子だったので、四日間もこのポンコツ車で本当に大丈夫だろうかと心配になる。

やれやれだぜ

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア南部の旅

アルバミンチから車をチャーターしてエチオピア南部の先住民族に会いに行く

コンソの文化的景観 | エチオピアの世界遺産

唇にお皿をはめたムルシ族 | エチオピア南部の先住民族

カイヤファール(keyafer)のマーケットは入場無料です。

ハマル族(ハマー族)のブルジャンプとむち打ち

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 エチオピア 世界遺産

関連記事

スイスの世界遺産、一覧

スイスの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

スイス連邦は、九州と同じ位の大きさの国なのに11カ所もの世界遺産がある、世界遺産ハンターとし

記事を読む

テトゥアン旧市街(旧名ティタウィン) | モロッコの世界遺産

テトゥアン旧市街(旧名ティタウィン) | モロッコの世界遺産

2015年12月23日 俺たちは青い町シャウエンから白い町と言われる世界遺産『テトゥア

記事を読む

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

ナイジェリアの世界遺産、一覧

ナイジェリアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

出典:jbdodane ナイジェリア連邦共和国の首都はアブジャで最大の都市はラゴス。公用語

記事を読む

ガンビアの世界遺産、一覧

ガンビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガンビア共和国は西アフリカ西岸にある国で、2013年まではイギリス連邦加盟国だった。公用語は

記事を読む

マラウイの世界遺産、一覧

マラウイの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

マラウイ共和国の首都はリロングウェで公用語は、チェワ語と英語。宗教は国民の約8割がキリスト教

記事を読む

マダガスカルの世界遺産、一覧

マダガスカルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

マダガスカル共和国は、アフリカのインド洋に浮かぶ島国で首都はアンタナナリボ、公用語はマダガス

記事を読む

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、ニュージーランドの旅の記録をすっ飛ばしてフィジー編からはじめてしまったので大

記事を読む

モーリシャスの世界遺産、一覧

モーリシャスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モーリシャス共和国はインド洋のマスカレン諸島にある国で首都はポートルイス。言語は主にフランス

記事を読む

ハマル族

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

ブルジャンプが終わり、ハマル族の村を後にしようとした時に、帰りの足が無い欧米人を乗せてくれな

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑