モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

公開日: ロシア 世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場

英名:Kremlin and Red Square, Moscow
1990年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iv)(vi)

『モスクワのクレムリンと赤の広場』は、ロシアの首都モスクワのど真ん中にある世界遺産でレーニンの遺体が安置されたレーニン廟や聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)なども赤の広場にある。

クレムリンはロシア語で『城塞』と言う意味で1156年にユーリー・ドルゴルキーがモスクワ川左岸に木造の砦を築いたのが起源と言われ、後にイワンⅢ世が壁と塔をレンガ造りに変え宮殿などを建設した。

赤の広場は15世紀に市街地を広場として整理させた事が起源とされ赤の広場と名付けられたのは17世紀後半になる。

アクセスは簡単でメトロのど真ん中の駅に行けばいい。





赤の広場

(Красная площадьクラースナヤ・プローシシャチ)
長さは695m、平均道幅は130m、面積は7万3,000平方メートル。

モスクワに着いてすぐに向かったのが赤の広場だった。しかし、その日は雨が降って来た為にやむなく撤退。気を取り直して次の日にもう一度、赤の広場へ行ったのだが何やら盛大なイベントをやっており入場出来なかった。しかもそのイベントは一週間続くと言うので仕方が無いので先に黄金の環にある世界遺産をまわり日にちをずらして赤の広場へとやって来た。

赤の広場

しかし、せっかく入れた赤の広場は何やら別のイベントがあるらしく思いっきり建設作業中だった。まあ、入れたので良しとするしかない。

赤の広場(クラスナヤ広場)のクラスナヤとはロシア語で『赤』を意味するが、ソビエト連邦の社会主義に起因するものではなく、元々古代スラヴ語では「美しい」という意味で、本来は「美しい広場」というものであった。

赤の広場の歴史
1493年、イヴァン3世がクレムリンの前を整備したことに始まり、モスクワ大公国やロマノフ王朝の国家行事を行う重要な場所となったが、ピョートル1世がサンクトペテルブルクに遷都し、その重要性が失われた。しかし、ロシア革命によりモスクワが再び首都になり、重要な行事が行われるようになった。また、かつてはレーニン廟と共に社会主義体制の聖地とされていたが、ソ連崩壊後、ロシアになってからは、商業利用や映画撮影、コンサートなども行われるようになった。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「レッドブル」では、初めてアメリカ映画で撮影の許可がおりた。また、日清食品のカップヌードルのCM(NO BORDER シリーズ)のロケ地にもなった。

現在では俺たちのような外国人観光客も多く、結婚式を挙げたカップルが、挙式後に訪れる定番地の一つにもなっている。

レーニンの遺体が安置されたレーニン廟

何かの設営作業中で近くまで行けなかった。

レーニンの遺体が安置されたレーニン廟

しかも逆光で写真が撮りづらい、もう今回はタイミングが悪かったと思ってあきらめるしか無い。

グム百貨店

重厚な宮殿みたいな百貨店で百貨店内はドバイを思い出すようなリッチなお店ばかりで売っている物も高いし、食事も高級そうだったので俺たちには縁が無かった。

グム百貨店

外観からしてかなり見事な建物で見るだけで十分に満足。

クレムリン

これまたイベント中で入れなかった。まわりはぐるーっと一周したので写真は大分撮れたけど結局中に入れなかった。

クレムリン

大クレムリン宮殿

クレムリン

ロシアは最高に面白かったのでまたモスクワに行く機会はあるだろうからその時までお預け。

聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

これは俺がモスクワで一番見たかった聖堂で独特のタマネギ型の屋根(クーポラ)が特徴的。見た目もなんだかメルヘンチックで可愛らしい。

聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

取りあえず俺はこの聖ワシリイ大聖堂の写真を心置きなく撮る事が出来たのでモスクワは大満足。ロシアについて全く知識が無い頃からこの聖堂だけは知っていて俺の中でロシアの建造物と言えばこの聖堂しか思い浮かばなかったのでそれを直に見る事が出来たのでもう思い残す事は無い。

この世界遺産はロシアでもっともアクセスがしやすく、もっとも有名な世界遺産でもあるのでモスクワに行った際には是非よって欲しいと思う。特にこの聖ワシリイ大聖堂のクーポラは必見。

スパスカヤ塔

スパスカヤ塔

どーんとそびえ立つスパスカヤ塔は赤の広場でも目立つ存在。

赤の広場の入り口

赤の広場の入り口

左側に建っているのがグム百貨店で右の手前からカザンの聖母堂、国立歴史博物館。

ヴァスクレセンスキー門

元々は17世紀に建てられた門だがスターリン時代にパレードの邪魔になると言う理由で1931年に壊されてしまった。

ヴァスクレセンスキー門

現在のこの門はソビエト崩壊後の1995年に建てられた。
見た感じ、全く違和感が無かったが実はこの門は新しい。

ロシアの世界遺産、一覧 全26カ所のリスト

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2018/06/22 ロシア 世界遺産

関連記事

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

ギザの三大ピラミッド | 世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯』

1月13日 世界でもっとも有名な世界遺産『メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュ

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

世界遺産、東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)| 世界遺産『古都京都の文化財』その5

京都ゆるチャリ倶楽部で自転車を借り、すぐ近くにある西本願寺へ行ったのだが本願寺は18:00ま

記事を読む

元興寺の瓦

元興寺(がんごうじ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その2

日本最古の瓦で有名な元興寺 元興寺は興福寺の猿沢池の南にある奈良町を抜けて徒歩で約10

記事を読む

シュテファン寺院

オーストリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

オーストリア共和国は中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦で負ける

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

イラクの世界遺産、一覧

イラクの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

イラク共和国は2003年にフセイン政権が崩壊して以来、混沌としており現在も内戦中でとても旅行

記事を読む

史上最強の世界遺産『ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂』

史上最強の世界遺産『ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂』

12月10日〜15日まで滞在 フィレンツェからItaloに乗ってわずか19ユーロ、遂に

記事を読む

エルミタージュ美術館 | 世界遺産『サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群』

エルミタージュ美術館 | 世界遺産『サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群』

ロシアでもっとも行きたかった場所の1つがエルミタージュ美術館で、俺の大好きな漫画『ギャラリー

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑