レバノンの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

公開日: 世界遺産

レバノンの世界遺産、一覧

レバノン共和国の首都はベイルートで公用語はアラビア語だがフランス語もわりと使われている。中東の国にしては珍しくイスラム色の薄い国で全体の約4割程度がキリスト教。通貨はレバノン・ポンドで物価は先進国並み。お隣シリアが戦乱状態なのでかなり治安面に心配はある。上の写真はバールベック遺跡。

世界文化遺産

アンジャル

8世紀初頭に建てられたビカー高地に残る都市遺跡
1984年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)
アンジャル
出典:Wahab Jin

アンジャルはベカー高原にあるレバノン唯一の城塞都市遺跡で、ウマイヤ朝のワリード1世により8世紀初頭に建設されたと考えられている。主な遺跡は宮殿、モスク、公共浴場、アーチ、列柱道路など。

バールベック

世界最大の巨石オーパーツと言われている遺跡
1984年、世界文化遺産に登録 / (i)(iv)

ベカー高原の中央にある古代遺跡で元々はフェニキア系の神々の聖地だったとされるが後にギリシア・ローマ系の神々と習合し、祭神はジュピター・ビーナス・バッカスと呼ばれるようになった。バールベックは「ベカー高原の主神」と言う意味でフェニキアの神ハダド(バアル)が祀られていた事に由来する。主な見所は『ジュピター神殿』、『バッカス神殿』など。

個人的に特に気になるのが通称『南方の石』と呼ばれる長さ約21.5メートル、高さ4.2メートル、幅4.8メートル、重さ2000トンもの巨石で、どうやって運んだのか謎に包まれている。その他にもトリリトン(驚異の三石)と呼ばれるジュピター神殿の土台に使われている石で長さ約18メートル、高さと幅は約4メートル、重さ650トン~970トンと言う巨石もあり超古代文明が存在したのでは無いかと言う噂がある。オーパーツ好きの俺にはたまらない世界遺産。

ビブロス

古代にはフェニキア人の都市
1984年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)(vi)

ビブロスは、紀元前3000年頃に住み始めたフェニキア人の発祥の地でアルファベットの元となったフェニキア文字が発祥した事によりアルファベット発祥の地とも言われる。主な見所は『十字軍時代の要塞』、『オベリスク神殿』、『聖ヨハネ洗礼教会』、『ローマ劇場』などや、フェニキア時代の集落遺跡、ローマ時代の街の遺跡が残っている。

ティール

フェニキアの首都となった都市国家の遺跡
英名:Tyre
1984年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

ティール(ティルス)は地中海に面する都市遺跡で、アラビア語で「岩」の意味。紀元前2500年頃に都市が出来たと考えられており紀元前1000年頃にはフェニキアの首都となった。この都市はフェニキア人の造った都市国家でも最大級にまで発展したと考えられている。

カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神のスギの森(ホルシュ・アルツ・エル-ラーブ)

樹齢3000年以上の杉が自生する神の森
1998年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)

カディーシャ渓谷と神のスギの森は、レバノン山脈にあるカディーシャ渓谷と、そこに群生しているレバノン杉の事でユネスコの世界遺産に登録されている。レバノン杉とは紀元前にフェニキア人の繁栄の原点となった杉で、レバノン国の象徴として国旗の中央にも描かれている。現在は樹齢3000年以上の杉が2本、1000年以上の杉が10本、その他合わせて400本程度しか自生していない。それにしても樹齢3000年は凄い、日本の世界遺産『屋久島』にある縄文杉ですら樹齢2500年〜3000年と言われている(7000年と言う説もある)。この御神木、是非見てみたい。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

マラウイの世界遺産、一覧

マラウイの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

マラウイ共和国の首都はリロングウェで公用語は、チェワ語と英語。宗教は国民の約8割がキリスト教

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

ナスカとパルパの地上絵 | ペルーの世界遺産

ナスカとパルパの地上絵 | ペルーの世界遺産

2017年2月21日 俺たちはアレキパから前日の夜9:30の夜行バスに乗って、翌朝7:

記事を読む

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

11月26日 見所の多いトゥルムで一番最初に行ったのはもちろん、世界遺産であるシアン・

記事を読む

スロバキアの世界遺産、一覧

スロバキアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

スロバキア共和国は、第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコスロバキアとして

記事を読む

ニュージーランドの世界遺産、一覧

ニュージーランドの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

大自然の国、ニュージーランド。昔からかなり行ってみたい国の一つだったのだけれども世界遺産は3

記事を読む

ベルギーの世界遺産、一覧

ベルギーの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

ベルギー王国と言えば、世界遺産が11件もある国なのにベルギーワッフル位しか思いつかない己の貧

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑