ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

公開日: メキシコ 世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で、過去最低のハントだった世界遺産は『ルイス・バラガン邸と仕事場』だ。この世界遺産が最低と言う訳では無く、俺たちのハントぶりが最低だったと言う意味だ。

メキシコは雨期の真っただ中で、この日も朝からどんよりとした厚い雲に覆われていた。雨の中を出歩く気にもならなかったのでこの日は気軽にハントで来そうな世界遺産『ルイス・バラガン邸と仕事場』に行くことにした。

ルイス・バラガン邸と仕事場

Luis Barragán House and Studio
2004年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)

ルイス・バラガン邸と仕事場

『ルイス・バラガン邸と仕事場』は20世紀メキシコを代表する建築家の一人、ルイス・バラガンが、1948年に建築した自宅兼仕事場。

世界遺産に登録された20世紀の邸宅は、他にもチェコの”トゥーゲントハット邸”や、オランダの”シュレーダー邸”、ベルギーの”建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群”などがある。

前回、チェコのトゥーゲントハット邸に行った時もそうだったが内覧には必ず予約が必要で、”ルイス・バラガン邸”も完全予約制となっている。トゥーゲントハット邸の時は時間が無くて予約出来なかったけれども今回は、スペイン語が全く理解出来ないのと料金がすこぶる高い上に写真が撮れないと言う事がネックで外観だけ撮影する事にした。

ルイス・バラガン邸のサイト
http://www.casaluisbarragan.org/eng/en_visitas2.html

入場料は、学生 200ペソ / 大人 300ペソ(約1800円)
写真撮影は屋上のみで室内は禁止

二人で3600円も払って写真が撮れないとか、面白くなさ過ぎなので、外観だけハントしに行ったのだが外観は予想以上に淡白で、え!?これだけ???みたいな感じで終わってしまった。

ルイス・バラガン邸と仕事場

安藤忠雄ですか?と言わんばかりのコンクリート打ちっぱなしのシンプルな外装。これしか写真撮れないの???長い事、世界遺産ハンター業をやっているがこれにはマジで参ったぜ。

ちなみにルイス・バラガン氏は、1980年には建築界のノーベル賞とまで言われるプリツカー賞を授賞しているすごい人で、安藤忠雄氏も多大な影響を受けたそうだ。

チェコのトゥーゲントハット邸の場合はまだ、正面のデザインが美しかったり、頑張って裏まで回ってみたりと出来たがルイス・バラガン邸の場合は容赦なく、中に入らない者は何一つ楽しめない造りになっていた。

おかげで今までハントした世界遺産の中で最低のハントとなってしまった。

ルイス・バラガン邸と仕事場

ルイス・バラガン邸のすぐ近くの横断歩道は王様仕様で、なんか雰囲気がすごくよかった。

ボロいワーゲン

これまた近くに駐車してあったボロいワーゲン、赤いボディとボロさがなんとも言え無いいい味を醸し出していた。

メキシコシティ

最後に記念撮影をパシャリとやって、不本意ながらも”ルイス・バラガン邸と仕事場”のハント修了。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : メキシコ 世界遺産

関連記事

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群のひとつクルアニ国立公園 | カナダの世界遺産

写真は帰りの便で撮ったホワイトホース上空から見た北カナダの山岳地帯。 アラスカ・カナダ国境

記事を読む

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 Historic Centre of Riga 1997年、世界文化遺産に

記事を読む

パナマの世界遺産、一覧

パナマの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

パナマ共和国は北西にコスタリカ、南東にコロンビアがあり北米と南米の境にある。首都は世界遺産も

記事を読む

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、ニュージーランドの旅の記録をすっ飛ばしてフィジー編からはじめてしまったので大

記事を読む

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

この写真はモンテ=アルバンで発掘されたコウモリ神の仮面。翡翠の破片をモザイク風に寄せ集めて作

記事を読む

聖オラフ教会の展望塔

エストニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

エストニア共和国は、日本人になじみの薄いバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひと

記事を読む

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

カラクムル遺跡から憧れの楽園トゥルムへ

11月24日 カラクムル遺跡を満喫した俺たちはベカンの宿をあとにして、次に向かったのは

記事を読む

ウユニ塩湖のデイ・ツアー

ボリビアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ボリビア多民族国は、豊富な天然資源を持つが貧しい状態が続いており、かつて「黄金の玉座に座る乞

記事を読む

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会 | チェコの世界遺産

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会 | チェコの世界遺産

ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会への行き方 11月11日 1720年

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑