王立展示館とカールトン庭園 | メルボルンにある世界遺産

公開日: オーストラリア 世界遺産

王立展示館とカールトン庭園 | メルボルンにある世界遺産

5月8日

久し振りに快適なベットの上で目が覚めた。

ケアンズからメルボルンまで20日連続でテント泊だった。俺たちの人生でこんなにテントで過ごした経験など無い。出国の準備などもあるのでオーストラリアでの最終日くらいホテルに泊まりたいねと言う事で少し奮発してメルボルンのモーテルに泊まる事にした。

セント ジョージズ モーター イン(St Georges Motor Inn)

流石はメルボルンのモーテルだけあって一泊95ドル(約7800円)もした。しかし、長いテント生活の経て、横たわるベットの快適さを忘れることは無いだろう。

快適なモーテルをチェックアウトしたあと、俺たちはオーストラリア最終日、最後の世界遺産となる『王立展示館とカールトン庭園』を目指す事にした。

王立展示館とカールトン庭園

英名:Royal Exhibition Building and Carlton Gardens
2004年、世界文化遺産に登録 / (ii)

王立展示館とカールトン庭園

オーストラリア第二の都市、メルボルンにあるカールトン庭園は、その規模と美しさで有名で庭園の奥に王立展示館があり二つ合わせて世界遺産として登録されている。王立展示館は1880年のメルボルン博覧会用に建てられたオーストラリア初の大陸ヨーロッパ風建築物と言われている。

メルボルンミュージアム

『王立展示館とカールトン庭園』はメルボルンミュージアムと併設されており、俺たちは何も考えずにメルボルンミュージアムの駐車場へと車を入れてしまった。駐車場の入り口には1時間12ドルとかふざけた料金が書かれており、入るのを止めたかったのだが既に引き返せる状況ではなくシブシブ駐車する事にした。

1時間12ドルって・・・
俺の人生でもっとも高い駐車場代だったかもしれない。

メルボルンミュージアム

メルボルンミュージアムは、ぼったくりの駐車場代。

王立展示館とカールトン庭園に行く時は近くの路上パーキングに駐車した方が良い

王立展示館とカールトン庭園

これが『王立展示館とカールトン庭園』の庭園。正直、ヨーロッパを散々まわったあとだと面白くも何ともない。一応、園芸が盛んといわれるオーストラリア有数の庭園のひとつだそうだ。でも、やっぱりオーストラリアは自然遺産が面白い。

王立展示館とカールトン庭園

建物もヨーロッパによくあるやつでしょ?的な・・・
これは1880年にメルボルン博覧会用に建てられた建築物で、オーストラリアで最初の大陸ヨーロッパ風建築物だと言われている。

駐車場代ももったえないので一時間ほど観光して早々に引き上げる事にした。これでオーストラリアでの世界遺産7件のハントが完了してミッションコンプリートとなる。

メルボルンでもっともイケてるカフェSEVEN SEEDS

メルボルンでバリスタをやっていたカトーさんにオススメしてもらったメルボルンNo1カフェ、セブンシードスにいくことにした。このカフェは『王立展示館とカールトン庭園』のすぐ近くにあるので世界遺産を観光したあとに行くのに丁度よい。

SEVEN SEEDS

カトーさんは、フィリピンの語学学校で一緒だった友達で現在はニュージーランドでバリスタをやっている。そして翌日からはなんとニュージーランドで一緒に旅をする事になっていた。

フィリピンで語学留学と世界遺産を巡る46日間の旅 総費用は二人で約65万円

SEVEN SEEDS

SEVEN SEEDSは噂通り人気のカフェで、入るのに30分くらい待たされた。とってもオシャレなカフェで雰囲気は抜群。

コーヒーを頼んだらコーヒーに炭酸水が付いてきて一瞬まぜるのか?と悩んでしまった。ここのコーヒーは、サードウェーブコーヒーなるものを全く知らなかった俺には衝撃的で、めちゃくちゃ酸っぱい。

コーヒーが酸っぱい

酸味が利いているとかそう言うレベルじゃなく酸っぱいのだよ、でもなんとなくフルーティー。そしてその後に炭酸水が良く合う。あまりにも予想外の味でうまいとか不味いとか良くわからなかったけれども俺にとってはまさにコーヒー革命。

ふーん、こう言う世界もあるんだなと。

なかなか良い経験をさせてもらった。そして、ハンバーガーもめちゃくちゃ美味しかった。

でも、料金はけっこう高くて二人で50ドルくらい掛かった。(コーヒーは一杯4ドルか5ドルだった)
そう言えばオーストラリアでまともな外食をしたのは初めてだったな。最後だし、美味しかったからまぁいいけどカフェでちょいとランチして50ドルか。流石はオーストラリアの物価ですね・・・

さよならオーストラリア

最高に楽しかったオーストラリア、レンタカーの旅もこの日で最後。

オーストラリア、レンタカーの旅

ケアンズからメルボルンまでの21日間の総走行距離はなんと 4839km。
ちなみにガソリン代は357ドル。

いや〜本当に楽しかったな。今までの旅の中でも1、2を争う位に楽しかった。車の旅はマジで最高だ!

ワニジャーキーとカンガルージャーキー

メルボルンの空港でお土産を物色しているとなんとワニのジャーキーを発見!ワニを食いたかった俺としてはマジで買おうと思ったのだけれども値段をみてびっくり20ドル!?

オーストラリアはマジで物価高いよ、高すぎだよ、いらないよ!

ちなみにカンガルーも食いたかったけど14ドルだった。
なめてるっしょ!

ニュージーランド行きの飛行機

でも、オーストラリアはたのしかったな

こうして俺たちはカトーさんのいるニュージーランドへと向かったのだった。

オーストラリアの世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 オーストラリア 世界遺産

関連記事

カメルーンの世界遺産、一覧

カメルーンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

カメルーン共和国の首都はヤウンデで、公用語はフランス語と英語。通貨はCFAフラン (XAF)

記事を読む

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区 英名:Historic Centre of Warsaw 1980年

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

出典:LuxTonnerre 写真はロックアイランド群のミルキーウェイ パラオ共和国

記事を読む

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Qu

記事を読む

ビニャーレス渓谷 | キューバの世界遺産

ビニャーレス渓谷 | キューバの世界遺産

2017年1月11日〜12日 ビニャーレス渓谷への行き方 ハバナからビニャーレスまで

記事を読む

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、ニュージーランドの旅の記録をすっ飛ばしてフィジー編からはじめてしまったので大

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑