ネパールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

公開日: ネパール 世界遺産

ネパールの世界遺産、一覧

ブッダ出生の地にして登山家達の聖地でもあるネパール。人々の性格は温和でインドからネパールに行くと癒されると旅人の間では評判のすこぶる国なので昔から行ってみたいと思っていた国の一つ。食事もわりと美味しいそうなので楽しみだ。インドの世界遺産と合わせて、一気にまわりたい。

世界自然遺産

サガルマータ国立公園

無数の冒険家が命を落とした世界の屋根といわれる山岳地帯
1979年、世界自然遺産に登録 / (vii)

サガルマータ国立公園は世界の屋根といわれる山岳地帯にある国立公園でサガルマータとはネパール語で「世界の頂点」を意味する。世界最高峰のエベレスト、ローツェ、マカルー、チョ・オユーなどの8000メートル級の山々があり、登山家憧れの地となっている。俺は登山なんて危ない事しないけれども登山家の本や物語は好きだ。おすすめの登山漫画としては

『岳』山の厳しさと素晴らしさを伝える漫画で、主人公が悟空みたいな性格でとても面白い。ただし、最終巻だけは???な展開で全然納得がいかなかった。

『孤高の人』かなりの鬱漫画として有名で面白くないと言う人が多いが、個人的にはかなり面白かった。『岳』と対照的で最終回はなかなか良い展開だった。

一番大好きな登山の話は旅人には『深夜特急』でおなじみの沢木耕太郎氏が書く小説『凍』

『凍』は俺がもっとも尊敬する山岳冒険家、山野井泰史夫妻がエベレストとチョ・オユーとの間にある山、ギャチュンカン(7,952m)の北壁に挑戦するノンフィクション小説で、本物の冒険とはここまで過酷なものなのかと心臓をバクバク言わせながら読んだ。また、緻密な取材のみであのまるでその場にいるような臨場感のある文章を書く沢木耕太郎氏の取材力と文章力にも度肝を抜かれた傑作冒険小説。

これらの冒険の麓にあるサガルマータ国立公園は俺にとって憧れの地。また、登山は無理だけれどもトレッキングなら一般人でも出来るそうなのでトレッキングを楽しみたい。

チトワン国立公園

ネパール南部にあるジャングル
1984年、世界自然遺産に登録 / (vii)(ix)(x)

チトワン国立公園はネパール南部にあるジャングルを保護する自然保護公園で旧名称は『ロイヤル・チトワン国立公園』。500種類以上もの野鳥が生息し、インドサイ、ベンガルトラ、ヒョウ、ヌマワニ等の絶滅危惧種の動物が生息している。アクティビティも充実していて、ゾウに乗ってジャングルサファリを楽しんだり、ラフティング、カヌー、バードウォッチングなどのアクティビティーが楽しめる。なお、観光客は許可がないと立ち入り出来ない。
アクセスはカトマンズからバスで約7時間

世界文化遺産

カトマンズの谷

ヒンドゥー教と仏教の二重聖地
1979年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)(vi)

カトマンズの谷(カトマンズの渓谷)は首都カトマンズのある盆地一帯の事で、ガンジス川支流のバグマティ川が流れ、チベットとインドを結ぶ交易の中継点となっている。急激な都市化により2003年~2007年の間危機遺産の指定を受けていた。主な見所はダルバール広場にある『シヴァ寺院』、『クマリの館』、パタンにある『クリシュナ寺院』、『パタン博物館』や『スワヤンブナート』、『パシュパティナート』、『ボダナート』など。街にはヒンドゥー教の神々や男女交合像ミトゥナ、仏教のお寺などがあちこちにある。カトマンズはヒンドゥー教、仏教の二重聖地となっている。

仏陀の生誕地ルンビニ

仏教の聖地、仏陀生誕の地
1997年、世界文化遺産に登録 / (iii)(vi)

ルンビニはネパール南部のタライ平原にある小さな村で、紀元前6世紀に釈迦族の王妃マーヤーは出産のため故郷に向かう途中、ルンビニで仏陀を出産したと言われている。マーヤーデビ寺院やプスカリニ池などが仏教の聖地、仏陀生誕の地として評価され、世界遺産に登録された。後にインドの世界遺産『ブッダガヤの大菩提寺』で悟りを開き仏教の開祖となった釈迦の本名はサンスクリット語でガウタマ・シッダールター。
アクセスはバイラワからバスで約1時間

ネパールやインドに行く前には手塚治虫氏の名作『ブッダ』を読んで知識を深めてから旅に出たい。20年位前に一度、読んだ事はあるがほぼ内容を忘れてしまっているのでもう一度、読み直したいと思う。

また、ユルいギャグ漫画だけれども『聖おにいさん』も地味にキリストやブッダにまつわる小ネタが満載で面白い。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 ネパール 世界遺産

関連記事

シュテファン寺院

オーストリアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

オーストリア共和国は中欧に650年間ハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦で負ける

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

世界遺産

2016年に新たに追加された世界遺産リスト

2016年に新たに追加された世界遺産リスト 2016年7月にトルコのイスタンブールで開

記事を読む

ギリシャの世界遺産一覧

ギリシャの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

地中海文明のルーツの一つであるギリシャはヨーロッパ、アフリカ、アジアの文明の接点に位置し、そ

記事を読む

パナマの世界遺産、一覧

パナマの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

パナマ共和国は北西にコスタリカ、南東にコロンビアがあり北米と南米の境にある。首都は世界遺産も

記事を読む

輪王寺

天界への旅がデザインされた大猷院廟、世界遺産『輪王寺』

輪王寺(りんのうじ) 輪王寺という建物は無く三仏堂、大猷院、慈眼堂などの多くのお堂、支院の

記事を読む

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

フィジーの世界遺産 | レブカの歴史的港町

フィジー共和国はオセアニアにあるイギリス連邦加盟国で首都はビティレブ島のスバ。公用語は英語、

記事を読む

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

2016年8月16日 時はさかのぼり、前回、一時帰国した際の事だ。ちょうど富岡製糸場に

記事を読む

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区の世界遺産をハントした後、次の世界遺産『マルボルクのドイツ騎士団の城』を目

記事を読む

アレキパ市の歴史地区 | ペルーの世界遺産

アレキパ市の歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月18日〜20日 2月15日にウユニ塩湖のデイツアーに行き、その夜に夜行バ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑