パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

公開日: 世界遺産

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

出典:LuxTonnerre
写真はロックアイランド群のミルキーウェイ

パラオ共和国はミクロネシア地域の島々からなる国で首都はマルキョク。公用語はパラオ語と英語。パラオは大変な親日国家で国旗のデザインは日本の国旗が元になっており、海を表す水色に黄色い月が描かれている。通貨はアメリカドルで物価は高い。

パラオに行くのであれば個人旅行スタイルで行くよりも日本からツアーなどで行った方が恐らく安くて快適なホテルに泊まれそう。そして国の世界遺産になっている『南ラグーンのロックアイランド群』はダイビングやその他のアクティビティが充実していてとても楽しそうだ。

また、パラオは第一次世界大戦の後に日本の委任統治領になった事があり年配の方は日本語をしゃべれる方も多い。

複合遺産

南ラグーンのロックアイランド群

英名:Rock Islands Southern Lagoon
美しいラグーンに点在する島々
2012年、複合遺産に登録 / (iii)(v)(vii)(ix)(x)

南ラグーンのロックアイランド群は、コロール州に点在する445の島々で構成されるロックアイランド群で美しいラグーンに点在する島々の自然美と考古遺跡が評価されユネスコの世界遺産に登録された。また、ウルクターブル島やマカラカル島などは有名なシュノーケリングやスキューバ・ダイビングのスポットにもなっている。

ジェリーフィッシュレイク


ロックアイランドを構成する島の一つマカラカル島にある塩湖には数百万匹ものクラゲが湖を周期的に回遊することで有名な観光スポットのひとつとなっている。パラオに行くからには是非とも行ってみたい場所のひとつ。

ミルキーウェイ


ロックアイランド群のひとつウルクターブル島の入り江の中にある乳白色の海で、美白効果があると言われている海底に沈殿した白い泥を全身に塗りたくったりして楽しく遊ぶ事が出来る。ここもかなり人気なパラオの観光スポットなので是非とも行ってみたい。

ロングビーチ

潮の満ち引きによりオマカン島から1本の純白のビーチが現れる事がある。

パラオはまさに楽園、ザ・南の島と言う感じなので絶対に行ってみようと思う。また、日本からも近く気軽に行けるので楽しみだ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 世界遺産

関連記事

平等院、古都京都の文化財

十円玉の建物や一万円札の鳳凰で有名な平等院 | 世界遺産『古都京都の文化財』その1

最初の二日で奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』をまわり京都奈良の

記事を読む

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

ホラショヴィツェの歴史地区 | チェコの世界遺産

11月17日 農村的なバロック様式の建物が並ぶ町、ホラショヴィツェに行ってきた。この町

記事を読む

ムルシ族

エチオピアの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

エチオピア連邦民主共和国は、モロッコと並びアフリカ大陸でもっとも世界遺産の多い国で、アフリカ

記事を読む

カザフスタンの世界遺産、一覧

カザフスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

カザフスタン共和国の首都はアスタナで、最大都市はアルマトイ。公用語はカザフ語とロシア語だがロ

記事を読む

コロンビアの世界遺産、一覧

コロンビアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

コロンビア共和国の首都はボゴタで、公用語はスペイン語。現地の白人であれば英語も通じる事が多い

記事を読む

キジ島

キジ島の木造教会 | ロシアの世界遺産

キジ島の木造教会 英名:Kizhi Pogost 1990年、世界文化遺産に登録 / (

記事を読む

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

マルボルクのドイツ騎士団の城 | ポーランドの世界遺産

ワルシャワ歴史地区の世界遺産をハントした後、次の世界遺産『マルボルクのドイツ騎士団の城』を目

記事を読む

グアテマラの世界遺産、一覧

グアテマラの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

グアテマラ共和国の首都はグアテマラシティで公用語はスペイン語、通貨はケツァルで物価は比較的安

記事を読む

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

グアテマラにある古都、アンティグア。ヨーロッパ建築の立ち並ぶ石畳の狭い路地を走る沢山の車、廃

記事を読む

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑