マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

公開日: グアテマラ 世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Quiriguá)。この遺跡が一躍有名となったのは人類滅亡の予言とされたとするマヤ文字の碑文があったからだ。

『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

この石碑Cに、2012年12月でマヤ暦の世界が終わると記されていた。ただ、それは人類が滅亡するとかそう言う事が書いてある訳ではなく、マヤの暦で言うところの第5の世界の終わりが記されているだけであった。これはマヤ暦の約5129年のサイクルで、今までに既に4つの世界が終わっている。2012年12月で第5の世界が終わっているので現在は第6の世界と言う事になる。

これが本当だとすると既に2万年以上も前からマヤ文明では暦を完成させていた事になるが現在の一般的な考古学では、先古典期前期(紀元前3000年 – 紀元前900年)頃からマヤ文明が始まったと考えられている。もしかしたら第5の世界(紀元前3000年頃)から始まって、その前に4つの世界があった事にしたのかもしれない。神話なんていい加減なもんだ、なにせマヤの言い伝えでは、人は神がトウモロコシから作った事になっているのだから。

ただ、そんな難しい事を言われても、小学生だった俺にはさっぱりわからず、2012年にマヤのカレンダーでは、世界は終わりを告げ、この世が滅びるかもしれない!なんてオカルト本に煽られたらマジか!超やべーじゃん!って単純になってしまうよね。

まぁとにかく、この遺跡はそう言った意味でも有名でだったって訳。そんな場所に来れたんだ、遺跡が多少ショボくたって来た甲斐があるってもんだぜ。

キリグア遺跡公園 | グアテマラの世界遺産

『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

Archaeological Park and Ruins of Quirigua
1981年に世界遺産に登録

入場料はひとり80ケツァール(約1200円)もした。しかも、俺たちの必殺の学生証も使えない、UNESCO公認の正規の学生証を作ったのに全然使えないってどういう事???次のティカール遺跡は大きな遺跡だし、きっと使えるだろう。

マサキさんのキリグアの宿からキリグア遺跡公園まではトゥクトゥクで10分位。歩くと1時間位かかるらしい。料金は地元の人で一人5ケツァールくらいなので俺たちは外人価格でひとり10ケツァールも払っておけばトゥクトゥクの運転手もニコニコだ。

キリグア遺跡公園

キリグア遺跡の見所は主に石碑で、ピラミデスのような建物などは特にない。ここにはマヤ最大の石碑で、高さ7.62mもある、すごいっちゃ凄いがエジプトで散々オベリスクなどを見ているので特別な感慨はない。

キリグア遺跡公園

これは獣形神。この遺跡は繊細なレリーフが評価されて世界遺産に登録されたそうだ。しかし、レリーフの細かさで言えば、アジア圏で散々、色々な遺跡を見てきているので特別な感慨はわかない。

キリグア遺跡公園

石碑の裏に刻まれた立派な碑文。マヤ文明の文字は相変わらずカッコいい。

キリグア遺跡公園

レリーフ。
アンティグアにいる間で、完全に雨期が終わったのかと思っていたがここキリグアは完全に熱帯雨林気候の為にガンガンに雨が降る。この日も朝から雨が降りまくっており、この草原も完全に湿地帯のようになっていた。先日行ったコパン遺跡も雨だったし、なかなかすかっと壮快に晴れる事は無さそうだ。

キリグア遺跡公園

描いてある絵は素晴らしいが、こう言うのはメキシコの人類学博物館で散々見ているのでどうも感動が薄い。

キリグア遺跡公園

この獣形神なんかも凄いんだけれどもね。

キリグア遺跡公園

唯一と言っていいのかそれっぽい遺跡、こじんまりとしたアクロポリス。

キリグア遺跡公園

これは何だろう?球技場なのかな?

天気は曇りだが湿度がすごい為に、嫌な汗がじわりとたれる。メキシコシティ、アンティグアと標高の高くて過ごしやすい場所にずっといたので忘れていたが、俺たちは今、赤道付近の熱帯雨林にいるのだったと言う事を思い出す。

キリグア遺跡公園

このコケが生えた石垣はけっこう綺麗に作られていた。でも、エジプトのピラミッドやインカ文明の巨石のレベルではない。

キリグア遺跡公園

まぁ正直な話、この遺跡で80ケツァールはちょっと高すぎだと感じた。さらってまわって大体1時間くらい。テオティワカンソチカルココパン、キリグアと世界遺産に登録されている遺跡をまわって行ってどんどんショボくなっている感じは否めない。キリグア遺跡をすっ飛ばしてまわる人の気持ちも分からないではない。

しかし、先日に行ったホンジュラスのコパン遺跡が栄えていた時代、ただの衛星都市に過ぎなかったこのキリグアの王カック・ティリウは、738年にコパンの13代目の王ワシャクラフン・ウバフ・カウィールを捕らえて斬首し、14代目の王として君臨した。コパンを倒したことによりモタグァ川流域の交易を独占することに成功し、モタグア川流域そのものの人口も増大した。

なにせ、この遺跡から歩いて一時間もかかるマサキさんの宿からも沢山の遺跡が出土するくらいに広範囲に人が住んでいた。

しかし、コパン王朝を倒し、繁栄したキリグアもほんの数代で終焉を迎える。8世紀はマヤ文化の絶頂期で、9世紀頃よりどこも衰退が始まる。このキリグアも他と同じように衰退して行ったのだろうか?

こんな歴史的な背景を知るとあの場所がああで、この場所がこうで、と頭の中で想像力が働き、壮大な歴史ロマンに浸る事が出来る。遺跡自体はショボくても、脳内フィルターを通せばそれなりに楽しめる場所だった。

キリグア遺跡公園

最後に記念撮影をパシャリ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/03/18 グアテマラ 世界遺産

関連記事

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

2016年8月16日 時はさかのぼり、前回、一時帰国した際の事だ。ちょうど富岡製糸場に

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』その13

龍安寺を出た後、預かっていてもらった荷物を取りに仁和寺へ戻り、二条城を目指す。仁和寺から二条

記事を読む

アルメニアの世界遺産、一覧

アルメニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

アルメニア共和国は1991年にソビエト連邦から独立した小さな国でトルコの西、イランの北に位置

記事を読む

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト

記事を読む

グルジアの世界遺産、一覧

グルジアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

グルジアは北にロシア、南にトルコとアルメニアがあり、1991年に旧ソ連より独立した。首都はト

記事を読む

スロバキアの世界遺産、一覧

スロバキアの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

スロバキア共和国は、第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコスロバキアとして

記事を読む

キューバの世界遺産一覧

キューバの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

キューバ共和国は、カリブ海の大アンティル諸島に位置するラテンアメリカの共和制国家で、アメリカ

記事を読む

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産とオーパーツの謎

2017年2月12日 プーノからコパカバーナ経由でボリビアの首都ラパスに入ったのだがボ

記事を読む

ギリシャの世界遺産一覧

ギリシャの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

地中海文明のルーツの一つであるギリシャはヨーロッパ、アフリカ、アジアの文明の接点に位置し、そ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑