ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

公開日: フィリピン 世界遺産

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

7月28日(火)

この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会を目指してサンタ・マリアへと向かった。

ビガンからサンタ・マリアまではミニバンで約1時間。料金は一人50ペソ。ハイエースの後部座席を4人がけの4列にカスタムしてあり16人ギュウギュウに詰め込まれて発車。通常は3人がけの3列なのでかなりキツい。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

英名:Church of La Nuestra Senora de la Asuncion

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

四件ある『フィリピンのバロック様式教会群』はこれでマニラのサン・オウガスチン教会パオアイのサン・オウガスチン教会についで三件目。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

かなりマイナーな観光地らしく観光客は誰一人として居ない。世界遺産を独り占め出来てかなり嬉しい。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

この教会も地震のバロックと言うのに相応しくどっしりとした重厚な造りだが相変わらず屋根はトタン屋根。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

教会の裏にはなんだか興味を引かれる一本道があり、進んで行くとなんとジャングルと同化した俺好みの超カッコいい遺跡を発見!めちゃくちゃテンションが上がる。ラピュタ感がとまらない。

ラピュタ感が満載の遺跡

この遺跡をくぐり抜けるとなんと!

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

ジャングルに埋もれた超遺跡を発見!凄すぎる!ラピュタなんて目じゃない。超ラピュタ。入り口とか完全に草に覆われていたけれども冒険心を駆り立てる。この規模でこれだけ感動するのだからカンボジアのジャングルの中からアンコールワットを発見した冒険家や中南米のジャングルの中からマヤ遺跡やアステカ遺跡を発見した冒険家の感動を思うと物凄いロマンを感じずにはいられない。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

入り口はこんな感じ。中は完全に木とか生えちゃっていてフィリピンは元々ジャングルなんだなと言う事を思い出させてくれる。


入って行くとこんな感じ。iPhoneで撮影。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

中は完全にジャングル。どれくらい放置されているのだろうか?

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

パオアイのサン・オウガスチン教会がめちゃくちゃ良かったから正直、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会はあんまり期待していなかったのだけれども良い意味で期待を裏切られた。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

こんなすげーところに誰も来ないなんてもったえない。でも人が沢山来たらこんなジャングルになっていないだろうから俺たちは相当ラッキーだった。

教会に戻ると欧米人夫婦が観光していたのでちょっと自慢したくて話しかけたら『君たちはもう教会の中に入ったのかい?』と尋ねられた。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

教会の扉は閉まっており入れなかった。俺たちは鍵がかかっていて入れなかったと言うとスライドさせれば普通に入れると教えてくれた。よく見ると鍵は掛かっていない。おかげで内部は諦めていた俺たちも内覧をする事が出来た。

そしてかわりにあの奥の道を行くとすげーぜと教えてあげた。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

なかなか綺麗な内部。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

だれもいないのでゆっくりと内部を撮影する事が出来た。平日だったせいか本当に観光客が少なくてゆっくりと見てまわる事が出来た。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

教会内部は小鳥がさえずっておりよく見ると小鳥の巣まであった。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

かなりマイナーな世界遺産っぽいが今回の世界遺産巡りで一番感動した。

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : フィリピン 世界遺産

関連記事

二荒山神社本殿

二荒山神社の見所 | 世界遺産『日光の社寺』

写真は世界遺産、二荒山神社本殿。 古くから霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)を神の鎮まり

記事を読む

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

出典:LuxTonnerre 写真はロックアイランド群のミルキーウェイ パラオ共和国

記事を読む

ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

ビガンから天空都市『バギオ』経由で欧米人バックパッカーに人気の『サガダ』までの道のり

7月29日(水) 世界遺産の街ビガンからフィリピンの避暑地として有名なバギオを目指して

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

12月5日〜12月10日まで滞在 俺たちは水の都ヴェネツィアから電車に乗って約2時間、

記事を読む

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平泉にある世界遺産一覧、全5件のリスト

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 『平泉-仏国土(浄土)を表す建築・

記事を読む

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 英名:Levuka Historical Port Town 2013

記事を読む

スーダンの世界遺産、一覧

スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG

記事を読む

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

11月26日 見所の多いトゥルムで一番最初に行ったのはもちろん、世界遺産であるシアン・

記事を読む

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑