中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

公開日: ポーランド 世界遺産

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

タリンリガヴィルニュスワルシャワと世界遺産に登録されているヨーロッパの旧市街をまわり、5件目にやってきた旧市街は中世都市トルン。

中世の姿をそのまま残す『中世都市トルン(トルニ)』

英名:Medieval Town of Torun
1997年、世界文化遺産に登録

中世都市トルン(トルニ)

この街は天文学者コペルニクスの生まれ故郷として知られ、14世紀から貿易の重要な中継地として栄えた。旧市街にはゴシック様式の旧市庁舎、聖母マリア教会、聖ヨハネ聖堂、邸宅などが当時の姿で残っている。

アクセスはワルシャワから電車で約2時間45分、またはバスで3時間〜4時間。

マルボルクからのアクセスは下記の記事に書いた。
マルボルクからトルンへの行き方

中世都市トルン(トルニ)

トルニの街は銅像が沢山あるので見ているだけでも面白い。

中世都市トルン(トルニ)

相変わらず天気は悪いが街の雰囲気は良く、治安も良さそうだ。

中世都市トルン(トルニ)

ポーランドの世界遺産は『ワルシャワ歴史地区』や『マルボルクのドイツ騎士団の城』のように第二次世界大戦でめちゃくちゃに破壊され、ポーランド人の執念で復興させたイメージが強いがこの中世都市トルンは戦火を免れた為に中世に建てられた建築物がそのまま残っている。

中世都市トルン

曇天のため空は薄暗く、彩度の薄い世界だが重厚感のあるレンガ造りの建物はカッコいい。

トルンの街並み

トルンの街並み。

中世都市トルン

この街には沢山の教会や歴史的な建物が沢山あるが最近は街並みの写真を撮っている方が面白い。俺たちはほぼ毎日写真を撮っているので同じ物ばかり撮っていると飽きてくるからちょっとづつ違う物を撮るようにしている。

トルンの夜景

そんな訳で久々に撮る夜景は面白い。治安面などを考えるとあまり夜は出歩きたくないので夜景を撮る機会が少なかったがこの街で泊まった安宿はオールドタウンの中にあったので気兼ねなく夜景を撮る事が出来た。

トルンの夜景

こうやって毎日毎日、写真を撮り続けているので撮影がうまくなってくれれば良いのだがイマイチうなくなっている実感が無い。

旧市庁舎

トルンのメインとも言える旧市庁舎。グレーの世界でも薄暗くなって来ると雰囲気が出て良い。

旧市庁舎

旧市庁舎の前には天文学者コペルニクスの銅像がある。天気が悪くて空がグレーでも夜になってしまえば関係ないのが夜景のいいところ。

トルニの夜景

これは旧市庁舎の向かいにあった建物でかなり悪そうな雰囲気を出している。RPGとかだったらきっとボスが住んでいる場所だろう。

トルニの夜景

この日は天気が悪かった分、夜景を撮影して満喫した。

ドイツ騎士団城址

トルンで気になった見所と言えばドイツ騎士団城址。
入場料はひとり9PNL(約320円)

ドイツ騎士団城址

ポーランドは当時、ドイツ騎士団の支配下にあったが力をつけた市民たちが蜂起し、城を破壊してドイツ騎士団を追放した。そのドイツ騎士団の城の跡がそのまま残されている。また、コペルニクスの父と祖父はドイツ騎士団と戦ったトルン市民だそうだ。

マルボルクの世界遺産『マルボルクのドイツ騎士団の城』を堪能してきた後にトルンのこの場所に来るとなんとも言え無い気持ちになる。これが歴史と言うものか。

ポーランドとドイツは隣同士なので中世の頃から第二次世界大戦まで相当いろいろな事があったのだろう。

ドイツ騎士団城址

歴史についてシリアスな気持ちに浸りながらドイツ騎士団城址を散策しているといるといきなりこれ、城の中にお化け屋敷があった。なんでこんなところにこんな物があるのかさっぱり意味がわからないけれどもエンターテイメントなのだろう、西洋人の感覚は俺にはちょっとわからない。

トルンの安宿

俺たちが泊まった安宿は

Imbir Hostel
Prosta 2, 87-100 Toruń, Poland

旧市街の中にあり値段も比較的安くツインの部屋で一泊80PNL(約2800円)
ドミトリーもあるので一人の人はもっと安く泊まる事が出来る。

立地が良い為に夜の旧市街も安全に散策出来た。ホテルが人通りの少ない場所にあったりすると夜出歩くのに不安があるがこのホテルは人通りの多い旧市街の中にあるのでオススメ。

鉄道からだとアクセスが悪いが長距離バスのターミナルは近いので歩いて行く事が出来る。

ポーランドの世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : ポーランド 世界遺産

関連記事

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

ガウディの師匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー作の世界遺産『バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院』

バルセロナを代表する建築物と言えばもちろんサグラダ・ファミリアをはじめとする『アントニ・ガウ

記事を読む

中国の世界遺産、一覧

中国の世界遺産、一覧 全50カ所のリスト

2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟2位の中国。1位の世界遺産大国イタリアを今にも追い

記事を読む

スペインの世界遺産、一覧

スペインの世界遺産、一覧 全45カ所のリスト

スペインは2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟3位の世界遺産大国で圧倒的な数の文化遺産

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

ハイチの世界遺産

ハイチの世界遺産

ハイチ共和国は1804年にラテンアメリカで初の独立をとげ、世界初の黒人による共和制国家を誕生

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドルの世界遺産

エルサルバドル共和国の首都はサンサルバドルで公用語はスペイン語。米州大陸部全体で最小の国家だ

記事を読む

ノルウェーの世界遺産、一覧

ノルウェーの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ノルウェー王国は北欧のスカンディナヴィア半島西岸にあり、海岸線に多くのフィヨルドが発達する。

記事を読む

セネガルの世界遺産、一覧

セネガルの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

セネガル共和国の首都はダカールで、かつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。

記事を読む

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑