カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

公開日: イタリア 世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々しい風景だった。

12月12日

ローマ教皇が統治する世界最小国家『バチカン市国』に行ってきた。イタリアからこの世界最小の国家への入国は基本的に自由で国境や検問なども一切ない。ローマから普通に歩いて行く事が出来る。

バチカン市国

英名:Vatican City
1984年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iv)(vi)

カトリックの総本山『バチカン市国』

バチカン全域が世界遺産として登録されており、メインとなるのはサン・ピエトロ広場とサン・ピエトロ大聖。その他にバチカン宮殿、システィーナ礼拝堂、バチカン美術館などがある。

皮肉な事にこの豪華な施設がきっかけでキリスト教は2つに割れる事になる。

カトリックの総本山であるバチカンのサン・ピエトロ大聖堂を建築する為の莫大な資金が必要で、それを集める為に贖宥状(しょくゆうじょう)の販売を開始した。(贖宥状とはカトリック教会が販売した罪の償いを軽減する証明書)

これをきっかけに神学教授マルティン・ルターが金に堕落したカトリックを強烈に非難し、キリスト教の二大宗派であるプロテスタントが生まれた。

そう言った予備知識をもってバチカン市国を見るとこの凄まじいまでの豪華さとそれによってキリスト教が2つに割れてしまった皮肉さがなんとも言え無い微妙なコントラストとなって面白い。

サン・ピエトロ大聖

カトリックの総本山であるこの豪華な教会の建設がキリスト教を2つに割ってしまう。

サン・ピエトロ大聖

見るものを圧倒する大きさだがフィレンツェ、ローマと立て続けにすごいものを見続けている俺たちはお腹いっぱい気味。いや、マジで凄いんだけど俺たちのキャパシティは既にオーバーしてしまっていた。

サン・ピエトロ大聖

彫刻とかもいちいち凄い。

サン・ピエトロ大聖

本当にすごい場所だったけれども休日だった為に人が多すぎて、教会内に入る為には長蛇の列に並ばなければならなかった。俺たちは、連日の観光に疲れていたのでディズニーランド級の長蛇の列を見て挫折。次にローマに来た時には中に入ってみたいと思う。

イタリアの観光地に行く時は土日はマジでやめておいた方がいい。平日ならそこまでではないが休日、祝日は物凄い人なのでシャレにならないくらい並ぶハメになる。

サン・ピエトロ広場

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と賞賛されたバロック芸術の巨匠、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの設計による豪華な広場。

サン・ピエトロ広場

この太陽の光がサンサンと降り注ぐ広場は流石はカトリックの総本山といった感じだった。

サン・ピエトロ広場

右も左もタオパイパイが喜びそうな柱のオンパレード。

サン・ピエトロ広場

こう言うヨーロッパの建築物を見ているとデカい事は正義!みたいな欧米人の感覚が良くわかる。それはきっとローマ時代からそうだったんだろうなとローマ遺跡を見ていても良くわかる。

そう言う感覚は侘び寂びを重んじる日本人とは違うがヨーロッパを旅していると確かにデカい!凄い!と言う感覚は良くわかる。実際に建物の大きさは凄くシンプルにわかりやすく人を圧倒する力を持っている。

ミケランジェロの設計したといわれる大円蓋(クーポラ)

サン・ピエトロ大聖堂は1514年にラファエロ・サンティが主任建築家に、1546年にミケランジェロが主任建築家となり1626年に完成した。

ミケランジェロの設計したといわれる大円蓋(クーポラ)

バチカンはミケランジェロ、ラファエロ、ベルニーニと豪華極まるスーパースターの共演によって建てられた。

そりゃ金が掛かるよね。

ハドリアヌス霊廟 サンタンジェロ城

バチカンに行った後は歩いてすぐの場所にあるハドリアヌス霊廟がおすすめ。

ハドリアヌス霊廟 サンタンジェロ城

135年にローマ帝国の皇帝で「五賢帝」のひとりハドリアヌスが自らの霊廟として建設したサンタンジェロ城。このお城もいいのだけれどもこのお城から対岸に架かる橋、サンタンジェロ橋は見逃せない観光スポットとなっている。

サンタンジェロ橋

サンタンジェロ城に向かって10体の天使達が立ち並ぶ美しい橋でこちらもベルニーニの設計。

サンタンジェロ橋

ベルニーニの最大の功績は「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と賞賛された事でもサン・ピエトロ広場を設計した事でもなく、この橋を設計した事。

なぜならば!
この場所でディアボロVSジョルノのラストバトルが開始され、ジョルノのレクイエムが発動する名場面となるからだ。

サンタンジェロ橋の天使

サンタンジェロ橋の天使

サンタンジェロ橋の天使

サンタンジェロ橋の天使

世界遺産『バチカン市国』は別の国と言ってもほぼイタリアだし、ローマの中にある街なので気軽に行けるのがありがたい。また、近くにジョジョの舞台になったサンタンジェロ橋もあるのでローマに行った際にはオススメだ。

それにしてもシルバーチャリオッツレクイエム、トロトロと歩いていそうだがコロッセオからここまでは実際に歩くとかなりの距離がある。

バチカン市国の世界遺産、一覧

イタリアの世界遺産、一覧

ローマで泊まった安宿

Porta Maggiore Guest House (ポルタ マッジョーレ ゲスト ハウス)

ローマテルミニ駅から徒歩20分くらいの場所にあり、立地はあまり良くなかったが清潔でキッチンもついておりとても快適な宿だった。立地以外は超おすすめ。
俺たちが泊まった時はダブルの部屋で一泊25ユーロ。

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/08/05 イタリア 世界遺産

関連記事

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

天空の城ラピュタの名シーンのひとつと言えば、バズーとシータが逃げ込むんだ飛行石の洞窟。ここで

記事を読む

イスラエルの世界遺産、一覧

イスラエルの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

イスラエル国は、北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接し、アラブ諸国との

記事を読む

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

2017年1月16日〜17日 トリニダからシエンフエゴスまでは、宿で呼んでもらったタク

記事を読む

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

フィレンツェのドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Duomo (S. M

記事を読む

宇治上神社

日本最古の神社建築、宇治上神社 | 世界遺産『古都京都の文化財』その2

宇治上神社は平等院より宇治川を渡って徒歩で大体10分ちょっと。 平等院を出ると

記事を読む

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

若宮神社付近に生えていた大木

奈良の世界遺産、一覧『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』全9件

奈良にある世界遺産 古都奈良に登録されている世界遺産は『法隆寺地域の仏教建造物』を1件と数

記事を読む

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラへの行き方 11月20日 前日は雨が酷かったのでプラハの安宿でゆっ

記事を読む

ビニャーレス渓谷 | キューバの世界遺産

ビニャーレス渓谷 | キューバの世界遺産

2017年1月11日〜12日 ビニャーレス渓谷への行き方 ハバナからビニャーレスまで

記事を読む

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 | エチオピアの世界遺産

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域 1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑