タオ島 | Young Age Vol.12

公開日: ヤングエイジ

ヤングエイジ12

写真は2016年パンガン島にて

2001年7月1日

いよいよ七月に入った。
けだるい感じで朝起きて、ボケーっとしてから少し遅い朝食を取る。

バンガローのレストランで飯を食いながら「今日、タオ島へ行くよ」と伝えると宿の女の子が今日はもう間に合わないと言う。
フェリーの時間は10:30、11:30、12:30で今の時間はすでに12時。

なんてこった!

もう間に合わない。
仕方がないのでもう一泊する事にしたが相変わらずやることがない。

全然きれいじゃない海を眺めてぼーっとして過ごした。
あまりにも暇で俺はこのままではダメになってしまう、こんな時、ひとり旅はマジで辛い。

ダラダラするのは嫌いじゃないが退屈は死ぬほど嫌いだった。
そして、ここでの日々はとても退屈だった。

旅は最高だけど、楽しいだけじゃないと言うことが少しづつわかってきた。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

タオ島 | Young Age Vol.12

2001年7月2日

朝、早くからバンガローをチェックアウトしてトンサラの港へ向かった。
トンサラはやたらと人が多かった。

よく考えてみると俺が泊まっていたclub landの辺りに人がいないだけでトンサラまで遊びに来れば面白かったかもしれない。
だが、パンガンはどうせ帰りにもう一度戻ってくる。

今はとにかく先に進みたかった。

タオ島までは、ちょっといいフェリーで250バーツ。
フェリーの時間まで久しぶりにインターネットカフェでメールチェック。

フェイスブックもない、mixiすらまだない時代。
日本と俺を繋ぐライフラインはメールだけだった。
それでもエアメールの時代に育った俺としては、なんて便利な時代になったのだろうかと感動していた。

タオ島までの所要時間は約、1時間半。

フェリーで日本人の女性と出会ったがあまり面白そうな女性ではなかったのでタオ島に上陸してすぐ別れた。
タオ島の事は何も知らなかったので、フェリー乗り場にわらわらと寄ってくる客引きに捕まって宿まで連れて行ってもらった。

俺の泊まった宿は300バーツ。(約千円)
ちょっと高いなと思ったけれどもとてもキレイでエアコンまで付いていた。

最近では、暇すぎたのでマンゴージュースとかジェイクに挑戦していた。

昔、先輩が旅をしていた時にシェイクで腹を壊したと聞いていた。
多分、氷がダメだったのだと。
俺のおじさんはインドに旅行に行った際にサラダを食べて腹を壊したそうだ。
おそらく、サラダを洗った水がやばかったのだと。

今みたいにインターネットでなんでも情報が手に入る時代ではない。
身近にいた先輩たちの話が、もっとも信頼できる情報だった時代。

ビビらない訳にはいかない。

だが、南の島で飲むシェイクは最高に美味しかった。
一度飲んだらやめられない。

それ以来、俺は毎日のようにシェイクを飲み続けたが腹を壊す事はなかった。

こうして俺はちょっとづつ、ちょっとづつ、旅に適応していったんだ。

あとがき

旅をしているとクレイジーなやつとか怖いもの知らずの奴がいっぱいいる。
旅に出ていきなり見たこともない屋台のものを片っ端から喰い歩く奴、何も恐れず、ガンガン飲み食いしまくり。

俺は慎重派だった。
初めてタイについた日にはピザハットとマックばっかり食っていたし、屋台飯も一番安全そうなフライドライスばかり食べていた。

俺の友達は、タイから帰国後、食中毒か何かでそのまま隔離病棟にまで入れられてしまったのだからビビらないわけにはいかない。
当時、旅行代理店で働いていたその友達に航空券を手配してもらったのだけれども、屋台飯とか絶対食べちゃダメだと強く言われていた。

でも、旅に出て屋台飯を食わないなんて無理な話だ。

当時の俺は、アジアの飯はバイキンだらけで汚いから危ないと信じていた。
間違っちゃいない。

衛生管理責任者の資格を持つ俺に言わせりゃ、アジアの屋台飯なんて全部アウトだ。

でも、かと言って食えないわけじゃない。
ちょっとづつだけど色々なものに挑戦して行くうちに俺はある事に気がついた。

俺の胃腸は結構タフだと言う事。
そこらへんで売っている何を食べても腹を壊す事はなかった。

ある一定の期間がすぎた後、俺は、無敵モードに入った。
この辺の飯に俺がやられる事はない。

そう、大抵、何食べても大丈夫なのだ。
一番大切なのは心の持ちようで、やばいと思っているとやられるのだ。
大丈夫だと思っていれば大抵は大丈夫なのだ。

ただし、例外もある。
大抵の物は食べても平気だと調子に乗って、あの悪名高いインドでも躊躇しなかった結果がこれだ。

デリーの安宿で食中毒 | インド旅行記06

過去、俺の人生を振り返っても、もっとも酷い食中毒だった。
あまりのも壮絶な食中毒で、たったの一週間で5、6キロは痩せてしまった。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/12/13 ヤングエイジ

関連記事

ヤングエイジ

旅の写真、被写体はそこにある | Young Age Vol.25

マクドナルドの安心感 2001年7月19日 朝起きて体調を確かめる。 胃がまだ

記事を読む

シンガポール

深夜特急を読んで | Young Age Vol.22

What am I doing here? 俺は旅をしながら何度もそんなことを考えた。

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その2

2008年 日本ではmixiが流行り、フェイスブックがまだ流行っていない時代。 コンパク

記事を読む

ヤングエイジ

世界遺産ハンター Young Age 序章

2001年6月 Wi-Fiと情報が世界を多い尽くすより、少し前の時代。 人々は、有線でイ

記事を読む

ヤングエイジ09

旅の開放感 | Young Age Vol.09

2001年6月27日 当初の目的地であるチャウエンビーチを目指す事にした。 突発的な

記事を読む

ジャランジャクサ

ジョグジャカルタを目指して | Young Age Vol.31

2001年7月24日 ジャカルタは快適な街だった。 物価は安いし、久しぶりに旅が楽し

記事を読む

マーライオン

インドネシアのバタムアイランドへ | Young Age Vol.23

写真は2016年に撮影したセントーサ島にある最大サイズのマーライオン 2001年 ま

記事を読む

シンガポール

俺はいったいこんな所で何をしているんだろう? | Young Age Vol.21

2001年7月18日 安っぽい金属製パイプの二階建てベッド 俺はシンガポールの安宿で

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館

海外旅行に潜む危険な罠 | Young Age Vol.18

写真は全く関係ないけれども、メキシコの人類学博物館 海外旅行に潜む危険な罠っぽい画像でしょ

記事を読む

南の島に上陸

南の島に上陸 | Young Age Vol.06

2001年6月24日 電気屋さんでは 今はなきツーカーセルラーの歌姫、浜崎あゆみのM

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑