マレーシアの首都クアラルンプールへ | Young Age Vol.16

公開日: ヤングエイジ

ペナン島のウォールアート

ペナン島での日々

2001年7月11日

マレーシアに入国したはいいが、特に興味の惹かれるものは何もなかった。
俺は何かを求めて、ペナン島を物色する。

ペナン島のデパート。
クーラーが効いていて快適だ。
たまに流れてくるJ-POPが胸に染みる。

ペナン島を歩きながら1997年にイギリスから返還される時に行った香港を思い出した。
マレーシアは中華系の移民が多く、何処と無く香港の雰囲気が漂っているような気がした。

友達もできた。
マーシーと言う好青年で、とても感じのいい奴だった。
ルートも俺と同じでタイから南下して、このままクアラルンプールを目指すという事だったのでペナン島での宿もシェアしてクアラルンプールまで一緒に旅をする事にした。

はじめてのルームシェア
ドラクエで仲間が増えた時の様な感じがして楽しかった。

2001年7月12日

友達ができると旅は急に楽しくなる。
何にも興味の湧かなかったペナン島だったがマーシーとデパートのゲーセンに行ってバーチャファイターとか鉄拳とか懐かしのゲームを楽しんだ。
何年も前の旧式のゲームがお役目を終えて、日本よりこの町に辿り着いたわけだが、この何年も前と言うのがちょうど俺が若い頃にゲーセンで遊んでいたゲームそのものだったのでめちゃくちゃ楽しかった。

しかも、ゲームの料金はたったの数十円だ。

慣れればこの町も悪くはない。

そもそも、俺がこの街に寄ろうと思った理由は『深夜特急』で沢木耕太郎氏が寄った街だったからと言うだけの理由だった。
特に見たいものも、やりたいことも初めから無かった。

最初は興味の持てなかったこの街だが、クアラルンプール行きのチケットをとる頃には少し名残惜しくなっていた。

クアラルンプールへ

2001年7月13日

俺たちは更なる何かを求め、マレーシアの首都クアラルンプールへと向かった。

バスから眺める風景がとても美しかった。
山の中を高速道路が通っていた。

だが、いくら風景が美しくとも7時間以上も走っているとマジで飽きてくる。
特にクアラルンプールに入ってからの渋滞が酷かった。

やっぱり俺はバスが嫌いだ。

バスの中からクアラルンプールの街並みを眺めて正直、びびった。
まさか、これほどまでの大都市だとは思ってもいなかったからだ。
情けない事に何も知らずにこの街までやってきた。

この街は、香港やシンガポールに匹敵するほどの大都市だったのだ。
(今思うとそこまででは無いかな)

俺は一発でこの街が好きになった。

あとがき

このマーシーって奴がすげー奴で
旅は何処から始めたのって聞いたら北海道からヒッチハイクで東京まで行ってそこから韓国に渡り、中国とかラオス、カンボジアあたりを抜けてタイ経由でマレーシアに来たらしい。

おいおい
マジかよこいつ!

俺は一発でこのマーシーが大好きになってしまった。

どうせヤラセのクソ番組、猿岩石なんて目じゃねーぜ!
マーシーは大金使って沢山のクルーに守られながら辛いフリしてるなんちゃってのクソ野郎どもらとは違う。

当時はそう思った。
まぁ、今考えればそういう番組はフィクションとして楽しめばいい訳で、ヤラセや演出もエンターテイメントなのだけれども当時の俺は若かったからそう言うこともわからずに、大変なフリをして見えないところでズルしまくってる猿岩石をディスりまくっていた。

今だったら単純に楽しそうで、しかも、お金まで貰えて羨ましいと素直に思える自分がいる。
当時、何も持っていない若者だった俺たちは、そう言ったものに中指を立てて、体一つで旅をしている俺たちの方がすげーなんて恥ずかしいことを本気で思っていた。

でも、違う。
俺たちは潤沢なジャパンマネーにしっかりと守られ、貴族階級のどこにでもいける日本のパスポートを持ち、適当にバイトでもすれば好きな国に旅行に行けるという特権階級にいた。
この旅を終える頃には俺たち日本人がどれだけ恵まれた環境にいるのかと言う事を嫌という程思い知らされることになる。

それにしてもマーシーは、ヒッチハイクで北海道から出発と言うのは、すごいメンタリティだなと思った。
旅には色々なスタイルがある。

あんまり人付き合いの好きでない俺はヒッチハイクで何時間も知らない人と会話し続けるのが不安でしかない。
もし、会話が弾まなくて気まずかったら超辛いし、つまんねー奴の話を聞き続けるのも苦痛でしかない。
とにかく人に気を使うのも、人に気を使われるのも好きではない俺は一人旅が性に合ってる。

だから俺はヒッチハイクとかした事ないのだけれども、そうやって一期一会を楽しめる人を羨ましく思ったりもする。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : ヤングエイジ

関連記事

逃げ出した先の楽園

逃げ出した先の楽園 | Young Age Vol.07

1998年 ベルセルク16巻でガッツは言いました。 逃げ出した先に 楽園なんてあり

記事を読む

メキシコ国立人類学博物館

海外旅行に潜む危険な罠 | Young Age Vol.18

写真は全く関係ないけれども、メキシコの人類学博物館 海外旅行に潜む危険な罠っぽい画像でしょ

記事を読む

シンガポール

俺はいったいこんな所で何をしているんだろう? | Young Age Vol.21

2001年7月18日 安っぽい金属製パイプの二階建てベッド 俺はシンガポールの安宿で

記事を読む

ヤングエイジ

楽園の旅、最終章 | Young Age Vol.14

時は戻り、2008年から2001年へ 世界遺産ハンターヤングエイジ再開 2001

記事を読む

ヤングエイジ12

タオ島 | Young Age Vol.12

写真は2016年パンガン島にて 2001年7月1日 いよいよ七月に入った。 け

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その3

2008年 ダイビングのライセンスを取りに行く旅 十年くらい前の出来事なんてほとんど

記事を読む

ロストパラダイス

ロストパラダイス | Young Age Vol.08

2001年6月26日 サムイ島は、のんびりとした空気が流れる楽園だった。 俺の記憶の

記事を読む

ヤングエイジ09

旅の開放感 | Young Age Vol.09

2001年6月27日 当初の目的地であるチャウエンビーチを目指す事にした。 突発的な

記事を読む

ヤングエイジ

長旅を楽しむコツ | Young Age Vol.10

2001年6月28日 旅は最高に楽しかった。 俺は絶好調だった。 ただ、最高の

記事を読む

船の上

STAR LIGHT on the SHIP | Young Age Vol.28

船の上から眺める星空 2001年7月22日 いつだかピースボートで世界一周の旅に

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑