人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を

去年の六月に仕事を辞めて、世界中を旅してまわる事にした。それ以来、俺たちの人生はキラッキラと輝きはじめて、極上の時間を過ごすようになった。

旅は最高に面白い。

でも、やっぱり、もっと、もっと、と言う気持ちは出てくる。それが俺たちの場合、レンタカーを借りて自由にキャンプしながら旅をしてまわる事。

自分の欲望に忠実に、自分がやりたいなと思った事を、自分に与えてあげる旅。自分たちの人生において、どれだけそう言う時間を作れるのかわからないけれども、『人生に極上の時間を』と言うのが最近のテーマ。

実際にそれをやろうとすると、かなり沢山のやらない方がいい理由が出てくると思うし、実務的に面倒くさいことが出てくると思うけれども、人間なんてどうせいつかは死んでしまうのだから、まだ、生きている内に『人生に極上の時間を』与えてあげた方がいい。

オーストラリア縦断の旅 | キャンプ生活

そんな訳で、実際にはじめたオーストラリアでのキャンプ生活は、予想以上に面白くて最高だった。レンタカーで自由に旅してまわれる分、今までよりも旅をしているぜって言う感じも、雰囲気もある。

そして何より、オーストラリアの大自然は素晴らしくて何処を見ても面白い。

ボーエンビーチ

4月20日

Townsvilleのキャンプ場からMackayを目指している途中に立ち寄ったボーエンビーチ(bowen beach)。とても綺麗な場所で、気に入ったので一泊する事に。

宿泊したキャンプ場はHorseshoe Bay Resort。一泊、テントサイトで38ドルと言うビックリするような値段だったが、綺麗なビーチが近くて立地は最高だった。Wi-Hiも問題なく使えた。

オーストラリアでキャンプ

オーストラリアは食事代がめっちゃ高いので基本的にスーパーで買ってきて自炊。これはソーセージとアスパラを炒めただけだけど雰囲気があってうまかった。

ボーエンビーチ

夜のビーチも雰囲気があってよかった。

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

毎日、海沿いを南下して、ビーチ近くのキャンプ場に泊まっているので、極上の夕日を眺めたり、綺麗なビーチでのんびりしたいだけ出来る生活。オーストラリアでのキャンプ生活は思っていた以上に面白い。でも、寄り道ばかりしているから全然進んでいない、ちゃんとメルボルンまで辿り着けるのかな?

エアリービーチ

エアリービーチ

4月21日

グレートバリアリーフのツアーを求めて、エアリービーチへ到着。だけど思ったよりもグレートバリアリーフのツアーが高くて日帰りツアーでひとり230ドルちょっと。しかもダイビングをやろうと思ったらこれにプラスしてひとり100ドルちょっと。

あまりにも高額過ぎて申し込みを躊躇した。ちなみにケアンズのゲッコーゲストハウスで紹介してもらったグレートバリアリーフのツアーはひとり109ドル、プラスダイビング代と言った感じなので倍以上する。

エアリービーチの高級住宅街

エアリービーチの高級住宅街。まさに山手。

このあと、Mackayまで行って別のグレートバリアリーフツアーを探すがエアリービーチ発のツアーか、だいぶ南にあるセブンティーンセブンティ発のツアーしか無いと言う。しかも値段はひとり180ドル位なのでちょっと安くなった程度で、場所は殆どグレートバリアリーフの最南端。ツアーの内容的にも場所的にもエアリービーチ発のツアーの方が良さそうだった。

行き当たりばったりの旅では、思い通りに行かない事も多いいけれども、このMackayのツアリストインフォメーションでカンガルービーチなるものを教えてもらったので、この日はそこを目指す事にした。

あ、ここに行ってみたいと思ったらそのまま、そこへ向かう事が出来るのもレンタカーの旅のいいところ。やっぱり自由度の高い旅って最高だな。

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 オーストラリア 旅のコラム

関連記事

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

天空の城ラピュタの名シーンのひとつと言えば、バズーとシータが逃げ込むんだ飛行石の洞窟。ここで

記事を読む

その常識、本当に必要ですか? | 日本の生活が息苦しい訳

その常識、本当に必要ですか? | 日本の生活が息苦しい訳

その常識、本当に必要ですか? 最近、大阪メトロの運転士がヒゲを生やすために裁判をしたら

記事を読む

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

イルカ自然保護区

トトロの森みたいなイルカ自然保護区 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

この記事は、2016/05/05に書いた"世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミ

記事を読む

ゆとり世代の若者たちは本当にゆとってるのか?

ニュージーランドのキャンプ文化とワーホリ文化

ニュージーランドの文化 オーストラリアとかニュージーランドは最近、白人たちが乗り込んできて

記事を読む

ケアンズでクッキング

ケアンズ初日の旅飯とオーストラリアの物価

気のいい適当な感じのオーナーが私達と一緒にコタロウ君の荷物もGeckos Backpacke

記事を読む

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

8月31日 東京 朝起きるとまだ八月だと言うのに肌寒く、セミがまだ頑張って鳴いてはいる

記事を読む

カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)

バルセロナで起きたテロ事件で思う事

2017年8月17日の17時(日本時間18日の0時ごろ) スペイン・バルセロナ中心部、ラン

記事を読む

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、ニュージーランドの旅の記録をすっ飛ばしてフィジー編からはじめてしまったので大

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑