旅に出る前に読んでおきたい宗教の基礎知識『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』

公開日: 読書&映画

池上彰の宗教がわかれば世界が見える

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)

旅に出る前に基本的な宗教の基礎知識を勉強しておきたいと思って『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』を読んだ。宗教の事を少しでも知っておけば色々な国に行った際により深くその人達の事を理解出来るし、何よりも旅をしている時に知っていた方が旅行を楽しめると思った。

世界遺産の勉強をするにあたって宗教の事を少しでも知っていればより深く理解出来ると思うし、実際、日本の世界遺産を見ても文化遺産のほとんどは寺や神社などであるし、他の国でも宗教に関わりのある施設の数は膨大だ。世界遺産ハンターとして宗教の勉強は、避けては通れない道だと思う。

この本を読んで仏教、神道、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教などについてのほんの基礎程度だけれども知識が深まったので良かったと思う。何となく知っているような気がしていたのだけれども、実は何も知らなかったんだなと痛感した。

宗教には、あまり興味が無かったのでキリスト教もイスラム教も元はユダヤ教の教え、旧約聖書が元にあって彼らの言う創造主=神と言うのは同じ神様なのだと言う事すら知らなかった。なぜ聖地エルサレムがキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地なのかもこれで合点がいった。

今までは全く別の宗教だと思っていたのだけれども、教えは違えど、彼らの言う創造主は同じだったと言う事を初めて知った。そう考えると世界の人口の半数以上が同じ神様を信じている事になる。日本に生まれ日本に住んでいると気がつきにくい。

子供にもわかる説明で定評のある池上さんの本なので、基本的に知識のない人にわかりやすく書いてあるが、各章とインタビュー形式で宗教家の方に池上さんがお話を伺う体裁になっているので池上さんの良さが存分には発揮されていないのがちょっと残念だったがこれはこれで初歩的な知識を学ぶには良い本だと思った。ちなみに最後の章の養老孟司さんとの対談が一番面白かった。

この本を読んで旅をする為に、もっとも役に立った情報は、海外で出会った人に宗教を聞かれた際、無宗教と答えてしまうと少し困った事になると言う事で、もし欧米で「無宗教」といえば、「アンチ・キリスト」の意味で、イスラム圏で「無宗教」と言えば「反宗教」と言う意味にとらえられてしまうと言う事。

これはうっかり知らないと面倒な事態に巻き込まれる可能性がある。俺はこれから海外で宗教を聞かれたら無難に『ブッティスト』とでも答えようと思った。これだけでも旅に出る前に読んでおいて良かったと思う。

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 読書&映画

関連記事

180°SOUTH/ワンエイティ・サウス

旅人なら最高にしびれる映画『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』

自然を愛するスペシャリストたちの“人生の旅”を描くライフ・ドキュメンタリー映画 “知ら

記事を読む

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

この映画は、見た後に『死ぬ前にやりたい事リスト』を作りたくなる映画で、英題は『THE BUC

記事を読む

文章の書き方を学べる本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』が凄い!

文章の書き方を学べる本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』が凄い!

「アドラー心理学」をわかりやすく解説した書籍『嫌われる勇気』を岸見一郎さんと共著した古賀史健

記事を読む

フォニックス

英単語のスペルには俺たちの知らないルールがある【フォニックス】だから日本人は英語のスペルの法則がわからない

俺たちの世代は、英語を習う前にローマ字を教えられた。 今、思うとあれは嫌がらせじゃねーかっ

記事を読む

ギター1本で世界中を旅してまわった男、金丸文武さんの『世界の路上で生まれた奇跡』

ギター1本で世界中を旅してまわった男、金丸文武さんの『世界の路上で生まれた奇跡』

世界の路上で生まれた奇跡 金丸文武 著 6,000円とギターと寝袋を持って世界一周

記事を読む

映画ランキング

ランキング形式で紹介する最近見た映画ベスト19(2018年1月、2月)

去年、かなりの数の映画を見てしまったというものあるが今年は全然映画を見ていない。 年間10

記事を読む

マハーバーラタ

『マハーバーラタ』インドに行く前に読んでおきたい本

マハーバーラタは古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩でヒンドゥー教の聖典のうちでも重視さ

記事を読む

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

フィジーに行く前にぜひとも読んで欲しい本『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常

記事を読む

ランキング形式で紹介する最近見た映画ベスト20(2017年9月)

ランキング形式で紹介する最近見た映画ベスト20(2017年9月)

8月に続き、9月もなるべく一日一本の映画を見るように心がけている。 なんせ、この2年間ずっ

記事を読む

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

戦場のピアニストのあらすじ 舞台は1930年代後半、ポーランドの首都ワルシャワ。ピアニ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑