フロンティア時代のアラスカの話『ノーザンライツ』星野 道夫 (著)

公開日: 読書&映画

ノーザンライツ

今年の四月にカナダへオーロラを観に行き、カナダの雄大な自然に触れアラスカやカナダにまた行きたいと言う気持ちが強くなった。星野道夫さんの本は読んだ事が無かったけれどもタイトルの『ノーザンライツ』(オーロラ)と言う言葉に惹かれこの本を買う事にした。

ノーザンライツとはオーロラ、すなわちアラスカの空に輝く北極光のことである。この本には、運命的にアラスカに引き寄せられ、原野や野生生物と共に生きようとした人たちの、半ば伝説化した羨ましいばかりに自主的な生涯が充ち満ちている。圧倒的なアラスカの自然を愛し、悠然と流れるアラスカの時間を愛し続けて逝った著者の渾身の遺作。カラー写真多数収録。

アラスカと言う土地がどのような歴史を歩んできたのかが書かれている本

『ノーザンライツ』と言うタイトルからオーロラの話を期待していたのだがこの本はアラスカと言う土地がどのような歴史を歩んできたのかが書かれている本で、開拓時代の話や冒険に満ちあふれたエピソードと共にアラスカが核実験の実験場にされかけたのを女性パイロットのシリア・ハンターとジニー・ウッドが生物学者ビル・プルーイットなどと共に阻止した話や北極圏に根を張り、黙々と生きているエスキモーやインディアンなどの生活が生き生きと書かれている。オーロラの本では無かったが読み始めたらすぐに本の中の世界観に引き込まれてしまった。

物語の登場人物である女性パイロットのシリア・ハンターとジニー・ウッドの話が特に好きで飛行機でアラスカ上空を自由に飛び回れたらどんなにいいだろうかと想像した。俺もアラスカに行った際にはセスナ機に乗って上空から写真を撮ってみたい。

特に惹かれたのは開拓時代のアラスカの土地は誰の物でもなくただ雄大に広がる大地があり、気に入った場所に勝手に家を建てて住めるようなところだったそうだ。まさに開拓者、本物のフロンティアスピリッツがそこにあった。オーロラの話ではなかったけれども本物の冒険物語に心が揺さぶられた。

映画『イントゥ・ザ・ワイルド』で主人公のクリス・マッカンドレスが目指した世界はまさにこの本の中にあった。おそらくクリス・マッカンドレスもこの開拓時代のアラスカに憧れてアラスカを目指す事にしたのだと思う。

俺が買ったのは
ノーザンライツ (新潮文庫) [文庫] 星野 道夫 (著)

アラスカの大自然で暮らす人たちの伝統やスピリット、現代への生活スタイルの変化などアラスカに住む事にした日本人の視点から書かれていてとても面白かった。また、写真家、星野道夫の沢山のカラー写真等もあってとてもお買い得な本だった。

アラスカでは無いがゴールドラッシュ時代の開拓者の様子が描かれた壁画がカナダのホワイトホースの町に沢山あった。開拓者時代、冒険の時代、憧れるぜ!

公開日: : 読書&映画

関連記事

フォニックス

英単語のスペルには俺たちの知らないルールがある【フォニックス】だから日本人は英語のスペルの法則がわからない

俺たちの世代は、英語を習う前にローマ字を教えられた。 今、思うとあれは嫌がらせじゃねーかっ

記事を読む

俺がマジで楽しみにしている連載中のマンガランキング

連載中のマンガランキング ベスト10 + スペシャル4選

長期旅行者の俺が、帰国後に、まっ先にチェックする現在、連載中の超おすすめマンガランキング ベ

記事を読む

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

人生最後のゴージャスな旅の映画『最高の人生の見つけ方』

この映画は、見た後に『死ぬ前にやりたい事リスト』を作りたくなる映画で、英題は『THE BUC

記事を読む

映画ハンター

ランキング形式で紹介する最近見た映画ベスト22(2017年11月、12月)

今年中に100本の映画を見ようと思っていたけれどもそんなにいっぱい見れなかったわ・・・

記事を読む

マハーバーラタ

『マハーバーラタ』インドに行く前に読んでおきたい本

マハーバーラタは古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩でヒンドゥー教の聖典のうちでも重視さ

記事を読む

文章の書き方を学べる本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』が凄い!

文章の書き方を学べる本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』が凄い!

「アドラー心理学」をわかりやすく解説した書籍『嫌われる勇気』を岸見一郎さんと共著した古賀史健

記事を読む

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

戦場のピアニストのあらすじ 舞台は1930年代後半、ポーランドの首都ワルシャワ。ピアニ

記事を読む

カフェ・ビエンチャン大作戦

カフェ・ビエンチャン大作戦 黒田 信一 (著)

著者の黒田信一さんが50歳を目前に心機一転、ラオスのビエンチャンにカフェを作っちゃおうと言う

記事を読む

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

2017年1月23日 南米、ペルーにある聖なる谷ピサックにて 日本で精神世界だの

記事を読む

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHEL

実写版「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」の感想

今更ながら実写版の攻殻機動隊を見てきた。後で見に行こうと思っていたら上映している映画館がみる

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑