ビートルズも修行したヨガの聖地リシュケシュ、ガンジス川上流の旅 | インド旅行記08

聖地リシュケシュのガンジス川

今回、インドに来た目的の一つにヨガの修行をしてみたい!と言う事もあり、どうせヨガの修行をするのであればビートルズも修行をしたと言われるリシュケシュへ行く事にした。

リシュケシュは、まさに聖地と言うのに相応しい風景でエメラルドグリーンの透き通ったガンジス川にサラサラでビーチのような砂浜が神々しく光っていた。ほんとうに幻想的で素晴らしい雰囲気の場所だった。

リシュケシュ(リシケシ)の行き方

ハルドワールからリシュケシュ(リシケシ)までタクシーで約1時間、料金は800Rs(1300円くらい)。バスで行けばかなり安いはずなのだけれども体調も悪かったしぎゅうぎゅうづめのバスになど乗りたく無かったので宿からタクシーで行く事にした。(バス停からタクシーに乗れば610Rsで行けるらしい。)

ラーム・ジュラー橋

ラーム・ジュラー橋(Ram Jhula)

このラーム・ジュラー橋をわたった先にヨガのアシュラム(修行する場所)が密集している。この橋からの景色は絶景でキラキラと輝く遠浅のガンジス川で沐浴したり戯れている人々を見ると俺は聖地に来たんだ!と言う気分にさせてくれる。(このページのトップの写真)

ちなみにこの橋は普通にバイクも通っている。流石はインド。

リシケシ

ラーム・ジュラー橋をわたると聖地巡礼の人々で賑わっている。ちなみにリシュケシュは道ばたに牛の糞が沢山あり、物凄い数のハエが飛んでいるハエの聖地でもある。

リシケシにいた牛

かなり貧相な野良牛が沢山いる。あまりにも痩せこけているのでかわいそうになってしまう。デリーで食中毒やられ食事もほぼ出来ず毎日、体重が1キロ位減っていく俺は自分の体を見ているようで他人事(牛?)とは思えなかった。

リシュケシュ

リシュケシュのアシュラム(ヨガを修行する場所)

リシュケシュはアシュラムの雰囲気も流石、聖地と言う感じで凄く良い。

リシケシのアシュラム

遊んでいる子供達の風景にほのぼのとしてしまう。

リシュケシュには沢山のアシュラムがあってどこに行けば良いのか迷ってしまう。俺も一通り迷ったのだけれどもどうせ初心者だし結局、何処でもいいやと開き直って適当に選んだアシュラムで修行をする事にした。

リシュケシュのアシュラム

ヨガの修行は厳しい。(普通の人はそうでもないかも)
何が厳しいかと言うと俺は体が硬くてヨガのポーズがマジで出来ない。先生も英語なのでほとんど聞き取る事が出来ないのだけれども、どうせ『息吸ってー』とか『息はいてー』や『リラックス』とかそんなような事を言っているだけなので見よう見まねで何とか一日がんばった。

アシュラムから見た夕日

ヨガの修行の後、アシュラムから眺める夕日がなんとも美しい。

インドに行ったらヨガの修行をするぜ!と息巻いてはるばるリシュケシュまで来たのだが結局、俺は2日くらい修行をして、取りあえずインドでヨガの修行をしたと言う既成事実だけ作って満足してしまった。一応、目的は達成した。

リシュケシュは今回のインド旅行の中でもっとも素晴らしい場所だった。だが、山なのでとにかく朝と夜が寒い。デリーで食中毒にやられ衰弱して弱り切っていた俺には少しキツかった。そんな訳でヨガの修行もちょろっと体験だけして下山する事にした。

インド旅行記シリーズ一覧

公開日: : 最終更新日:2016/08/13 インド

関連記事

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

バラナシのガンジス川

死体がぷかぷかと浮いていると噂されるバラナシのガンジス川 | インド旅行記12

聖地バラナシ、地球の歩き方に寄るとバナーラス(ヴァーラーナスィー)、英語表記はBanaras

記事を読む

リシュケシュのガンジス川の河原

インドの巡礼者たちが目指す聖地、リシュケシュの美しい風景 | インド旅行記09

デリーで食中毒にあっていらい、体重は毎日減っていき食事もほとんど取る事は出来ずにほぼ断食状態

記事を読む

チェンナイの町

初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼 | インド旅行記01

インドと言えば俺が若い頃に読んで、強烈に影響を受けた、沢木耕太郎氏の首都デリーからロンドンま

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

チェンナイの子供

チェンナイからマハーバリプラムへの行き方、ジョジョの奇妙な冒険から学ぶ旅行術 | インド旅行記02

初インド、チェンナイにて様々なインドの洗礼を受け、インドに少し馴染んできた俺は、世界遺産の町

記事を読む

バラナシの治安と安宿

バラナシの安宿と治安 | インド旅行記17

バラナシ(バラーナスまたはベナレス)の裏路地は迷路のように入り組んでいる。初めてバラナシに来

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

ハルドワールのシヴァ像

ハルドワール、マンサー・デーヴィー寺院 | インド旅行記10

ヨガの聖地リシュケシュですっかり衰弱してしまった俺はハルドワールに戻ってきた。 ヒンド

記事を読む

ラクシュミーナーラーヤン寺院

微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラー

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑